「全ファミ。」ブログ編

パニハイのやると楽しい戦法いろいろ

これまではゲームの面白さについて語ることが多かったのですが、せっかくなので「どう遊んだら楽しいのか」を書いてしまいます。勝ちかたではないのでワクテカした人は申し訳ない! 
 
【自分のターンは何回まわってくるのか】
パニハイは5人用または6人用のゲームです。100枚のカードから7枚ずつ配り、スタートします。
5人プレイであれば山札の残り枚数は65枚で、自分のターンは65/5で13ターンです。6人プレイであれば山札の残り枚数は58枚で、自分には58/5で10または11ターンが回ってきます。つまり、カードを引く回数が13回または10回あるということですね。けっこうカードを引く回数が多く、自分のターンももちろん多いので、やれることがけっこう多いんです。

今を去ること20年前、パニハイにおける最高だと思っていた勝ちかたは、最初にリードして最後まで逃げ切ることでした。でもねー、10回も自分のターンが来るということは、他人もそれだけ順番が回ってくる。つまりは集中砲火を浴びるということなんですよ。だからリードなんて守りきれるわけがないわけで、20年以上遊んできてそういう勝ちかたができたのなんて3回くらいしかないです。だからこそやりたい! そういう見果てぬ夢を持てるゲームでもあります。

【やると楽しい戦法いろいろ】
勝てばもちろん楽しいパニハイですが、楽しみながら勝つことができるのもまた魅力。ということで、場が盛り上がる戦法いろいろ。

◆2枚で攻める
わりとスタンダードな攻めかたですが、いくつかの楽しげなパターンがあります。

・わいろ+弱い戦力
負けた時にカードを回収できる保健委員があるとき前提の攻撃。
場所を失いたくないとき、相手は強いカードで迎え撃ってきますが、その強いカードを引きぬくことだけを考えています。つまりは負けること前提で、勝負に負けた後、保健委員で相手から引き抜いた強いカードを回収します。負けても相手の戦力が削れますし、勝てばなお最高。
 
・弱い戦力+弱い戦力
わいろで引き抜かれたくないプレイヤーは、攻められたときにパスしてきます。基本的にパニハイはリスクを減らしながら戦っていくゲームなので、わいろで引き抜かれるのはいやなんですね。そこで戦闘力1のカード2枚で攻める。相手がパスしたら、ドヤ顔でカードをオープンしましょう。場が大いに盛り上がります。

・多大なる戦力を持ったプレイヤーに2枚で攻める
私がもっとも愛する攻撃方法です。「強いのをわかっていて攻めます」と宣言して攻めましょう。相手に与える心理的ダメージは実に大きく、とても楽しいです。もちろん、これは「わいろが入っているかもしれない」と考えてくれる相手にしか効きません。そういうことを知らないお初のかたにやっても全力で迎え撃たれ、あっさり全滅します。でも、実はそれがよいときもあります。いつがいいかって? うっへっへ。

・わいろ2枚で攻める
だいたい相手にパスされてわいろ2枚が無駄打ちになっちゃうんですけど、決まれば超楽しいし大いに場が盛り上がる。エンターテナーが一生に何度も決めたい攻めかたです。

◆4~5枚で攻める
パニハイのカードは、戦力が1~2のカードが多数を占めています。つまりそういったカードを引きやすいんですよ。なので、いきなり初手から戦闘力1のカードが2枚、2のカードが2枚なんてことがあります。そういう時は初手から思い切って4枚で攻めましょう。「俺の全戦力で攻める!」などと青い焔が揺らめく感じで宣言すると場が超盛り上がります。そしてオープンしたらドヤ顔で合計点をアピールしましょう。めっちゃ笑われてハッピーになれるちう寸法です。
でもこれけっこう有効なんですね。弱いカードしかないとわかっているので、策謀カードで手札を減らされることが少ないですし、毎回4枚で攻めるとたいてい相手はパスしてくれるので連戦連勝できるんですよ。その隙に戦力を整えていく作戦なんです。
今回の「パニハイ!」は、全100枚の中に9枚も存在ある保健委員に戦闘力が(0.3ですが)つきます。そのため、4~5枚で攻められるチャンスが増えてくるでしょうね。より笑える展開も増えるはず。5枚で2.9しかないとかね! 

ただ、この4~5枚攻めの意味をわかっている相手にやると、きっちりと計算されて1点くらい上回る戦力で迎撃されるので、それはそれで場が盛り上がります。4~5枚一気に捨てられると戦力回復するのに5ターンくらいかかってしまうので、たいてい負けますけどね! 上級者は初心者相手に4~5枚雑魚攻めを見せてきっちり反撃されて全滅し、「これがやってはいけない見本だよ☆」などとさわやかに白い歯を見せてにっこりするのがいいでしょう。これで20年は楽しめます。

酒を飲みながら楽しむパニハイもいいけれど、20年遊ぶならトーナメントだ!
パニハイよくある手札パターンとその対策

ゲームマーケット2014秋頒布作品「パニハイ!」制作状況など

パニハイ!」本予約本数が70件を突破しました。数量限定で郵送対応もしますので、予約先取り大歓迎でっす。 

---
オリジナルのパニックハイスクールには、コンバットカードとして女子高生たちが所属する愛好会や部活など全49部活(個人含む)が登場していました。今回のリメイクでは、18の部活を21世紀の女子高生っぽい部活(マカンコウサッポウ愛好会や放課後ダイス倶楽部など)に変更しています。何故か(というか必然的に)ファミコン愛好会も入ってるんですけど、そこはまあご愛嬌で。

で、イラストは戦闘力の高い部活や個人から仕上げていってもらっています。戦闘力の高いキャラのうち、マシンガンの辰、緋牡丹お龍、前田貴美の三人はとにかくオリジナルの雰囲気に近づけようということで、イラスト担当の矢部さんにはめっちゃがんばって描いてもらってます。(マシンガンの辰は獲物が変わりましたけどね)「愛ですねぇ」と矢部さんは言ってくれているんですけど、内心は「やたらと細かい指示を! 何度も何度もリテイクさせてこの赤バンダナめが!」などと思っているに違いありませぬ。いやぁ褒められてうれしいっすな!  
  
カードやルールの英訳は革新的! ゲーム翻訳者のブログの羽無エラーさんに依頼しています。過去にはボードゲーム「Welcome!」と「たねまき」の英訳をされており、実績もあるおかた。みなさんもボードゲームの英訳はぜひ羽無エラーさんへ依頼しましょう! 英訳をつけるとやみくもに夢が広がって楽しいですよ。

早くも「パニハイ!」の仮予約を開始します。

仮予約が60本を突破したので、本予約に切り替えます。
予約方法は変わらず。

----
ゲームマーケット2014秋にて発売予定のカードゲーム「パニハイ!」仮予約のお知らせです。
「パニハイ!」のリメイク元になる「パニックハイスクール」については、リンク先をご覧ください。
また、実際にパニハイを遊んでみたいというかたは、全ファミゲーム会へ遊びに来てみてください。

まだカードイラストが完成していないのですけど、それゆえに

                /゚    。
                / .  ゚
           , '    。  ・
` ー  _   -  '   ゜
。       .      。  ゚
    :     。
゚             .
  ヾ冖フ  ヾス
   [ ,]   [ ]     、_ノ、_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
   |. i /l,ィ .!     ノ
.   !  }.r`'j7 !    _)  みんな、オラにプレッシャーをかけてくれ!!
   ! `、亠 {     ヽ
    } _l _,l_,j      '^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
    ヽシ_,-i {
     /`´~バ}
.   /   j !
    ∧ '"/`,イ
   ! ヽ'/l_  j
  / \,/ }\,!
  .ァ、ヽィ  <`-イ
.  |. `iT.   ヽ j
  \ll'    `'

---
てなわけで、価格2000円として仮予約を開始します。いくつ作ればいいのか参考にさせてもらいます。
仮予約が50を超えたor完成した時点で本予約に変更いたしますー。

仮予約の方法は3つです。
私のツイッターアカウントに@で投げてもらう
mixiアカウントに直接コメントをつけてもらう
私のメールアドレスに件名「パニハイ!」メールを投げてもらう

お名前と個数をお書きくださいね。

それでは、Let's アジテーション!


おまけ:スナイパー辰美ラフ
ぱにはいB5スナイパー辰美

「パニハイ」!」の制作個数とか値段とかもろもろ

ぱにはいB5サイボーグ新カード:サイボーグ研究会(戦闘力5)のラフ。科学者にはスカウター必須だよね! サイボーグには手のひらにオーラ必須だよね! とお願いしてこのようなデザインに。元々は右翼愛好会だったんだからこのくらい強そうじゃないとバランス取れないとおもた。












ゲームマーケット2014秋で販売予定のパニックハイスクールリメイク版「パニハイ!」は、100個制作します。値段は2000円。パニハイって全100枚のカードのうち、80枚くらいのカードが重複なしの1枚刷りなんでけっこう印刷代が高いんですよ。なので、消費税はいただかない形で2000円ぽっきり。
2000円というのはもう一つの意味があって、オリジナルが2060円なんですわ。まだ消費税3%の時代やでぇ。そこにあわせてみました。

予約も50個くらい受け付けてみますかねぇ。

パニハイの何が面白いのか

日曜日に書いたエントリで火がついてしまったので、パニハイの何が面白いのかを書いておく。もちろん2014年秋発売のリメイク版の宣伝という面はあるのだけれど、なによりもこの面白いゲームをみんなに知ってほしいし、遊んでほしいし、何よりもこの面白さの核の部分を味わってほしいという思いのほうが強かったりする。

パニハイは、キャラクターカードに書かれた数値を足して、その合計値の高いほうが勝つ。基本的にそれだけのゲームだ。戦闘中に数値が倍になるキャラクターがいたり、戦闘中に相手のキャラクターカードを奪うカードも存在するけれど、それらはすべて相手よりも高い合計値を出すために存在する。基本からずれていない。だから、相手の合計値を上回るためだけに思考を集中させることになる。

相手が持っているカードは何か。合計で何点か。前回使ったカードは何か。場にさらしていない(つまり情報が見えていない)手札は何枚か。(相手のカードを引きぬく)わいろは何枚場に出たのか。何枚のわいろを持っており、何枚使ってくる可能性があるのか。(戦闘に出したすべてのカードを全滅させる)婦警さんは何枚残っているのか。自分に対して使ってくる可能性はあるのか。
自分は何枚これまでに手の内のカード(と点数)をオープンしたか。場にさらしていない(相手が情報を見えていない)手札は何枚持っているのか。相手は自分の合計値を何点だと思っているのか。

単純に合計値を比べるだけでも、それだけのことを把握する必要がある。なぜか。パニハイで勝負に勝つには、相手よりも多くの合計値を出せばよい。けれども、勝った瞬間に、「合計値がいくつなのか」を把握されてしまう。強い戦力を持つプレイヤーは、みなに警戒される。策謀カードで手札を削られ、わいろで奪われ、時には婦警さんでカードを捨てさせられることもある。だから、できるだけ情報を見せず、最低限の戦力で勝つ必要があるのだ。

もちろんそれは、自分の戦力を温存しておくという意味でもある。相手の情報をを把握し、自分の情報を隠しておけば、相手よりも合計値が低くても勝つ見込みが出てくるのだ。狙い目は、相手が勝負を決するために全力で勝負を挑んで勝利した、その後。相手の戦力がほぼわかっている状態で、こちらからそっと少ない枚数のカードを伏せ、戦闘を挑むのだ。
そして、一言こう言い添える。「強い戦力だとわかっていて、攻めてます」

相手は、「自分の強さを分かっているのに攻めてくるとはどういうことだ?」といぶかしむ。こちらのまだ見ぬ戦力を警戒し、ワイロで自らの強力な戦力が奪われることをおそれる。
そして、相手は悩んだ挙句に無条件降伏し、場所カードをこちらに明け渡すのだ。そして、こちらの(たいていは最低点の)戦力をオープンした時、自分の興奮はMAXまで跳ね上がる。まさに「小よく大を制する」という言い回しそのもの。虚々実々の駆け引きにこそ、面白さの神髄があるのだ。


追記:
少し話はそれるけれども、パニハイの登場人物はみな戦国武将の苗字がつけられている。前のエントリでも作者はウォーシミュレーションが好みだと書いたけれど、パニハイの戦いというのは、実は戦国時代の合戦に近いのではないだろうか。偵察部隊での軽い一当たりは基本中の基本で、一騎討ちや総力戦も当然できる。引き抜き、籠絡、素波(すっぱ)までなんでもござれ。没落した大名から土地をかすめ取るのは戦の世の常である。戦国時代を愛する人なら、なるほどこのゲームは戦国時代だな…とわかってくれるはず。

【ゆるぼ】白百合の会の特殊能力

7yFH9.jpg
パニハイに登場する(ある意味で)人気キャラ、白百合の会。リメイク版でもほぼ同名で登場予定ですが、現在、彼女たちの特殊能力を募集しています。このブログへのコメントやツイッターなどで希望をうけたまわり中!










以下、いただいたツイート。















【2014年ゲームマーケット秋発売】リメイク版「パニハイ!」の進行状況について



パニックハイスクールのゲーム内容はほとんど変更するところがないのですが、唯一、保健委員の使えなさだけが問題でした。「戦闘に負けた時にしか使えない」ので、手札に残しておいて手札破壊(とらばーゆ、脱落者、アジ演説)対策にするくらいなんですよね。

ただ、やはりそれはさびしいので、非戦闘員である彼女たちに戦闘力をつけることにしました。もう少しだけ使い勝手を用意ちようと。実際に0.1でプレイしたところ、手札5枚で攻めて、合計値が4.2とか、戦闘力1.1で勝利とか、実に面白い状況が続出したんですね。なので、今度は戦闘力0.3にしてみます。彼女たちを4枚揃えれば何と戦闘力1超え! 

--
ツイッターでもつぶやいたのですが、パニックハイスクールの作者である中澤氏はウォーシミュレーションが趣味なんですね。私はウォーシミュレーションにはうといのですが、「戦車やら歩兵やら戦闘機やらが戦闘しつつ占領をしていく」ものだと思ってるんです。で、それらを大胆に簡略化して数値での比べあいにしたのが「パニックハイスクール」じゃないかと。「土地の奪い合い」という要素だって、もろに地域の占領ですからね。

数値の比べあいがまさに戦闘で、土地の奪い合いが戦略、相手の手札を弱体化させるのが戦術…という感じですかね。その3つがからみあっているからこそ、パニックハイスクールは何度やっても違う結果になり、かつまた面白いんだと思います。

リメイク版もその根本の部分を変えてはいけないし、変えるつもりもないです。でも、白百合の会にはウォーシミュレーションでにあってもおかしくない”いかにもな”能力をつけたいなぁと思ってますけどね。

7yFH9.jpg

--
最新キャラクターラフ:水泳部の変遷

最初の絵
ぱにはいB5基本水泳部

ぱにはいB5基本水泳部改1枚目をもらった後、イラスト担当の矢部さんに「競泳用水着を着用させてほしい」「背中を見せてほしい」とお願いしたところ、このようなイラストがあがってきました。












今がこれ。
ぱにはいB5基本水泳部改2
競泳用水着のわりにやたらと背中が開いていたので、「恥ずかしがらせて」と依頼したところです。次のイラストで完成のはず。
水泳部のような戦闘力が低いキャラのイラストには、いろいろな遊びを入れていきまっせ。










パニハイ! キャラクターラフその1

まだラフではあるものの、「パニハイ!」登場キャラクターが出来上がってきています。
オリジナルにしたがって、キャラクターの苗字は戦国武将から採用。

緋牡丹のお龍
パニハイ最強キャラ。もちろんリメイク版でも最強の座は変わらない。ちなみに名前は龍造寺環(たまき)。
お竜さんのコピー

番グループ 
校舎裏で2倍。とあるスケ番キャラをモチーフにして描いてもらった。名前は上杉竜子で、番グループらしく数名のモブキャラが背後につく。
ぱにはいB5基本番グループ

弓道部 
弓矢の持ち方がおかしいキャラクターが多いということで、かまえ方から両足の踏みしめまできっちり描いてもらった。名前は毛利晶。
ぱにはいB5基本弓道ラフ

女子プロレス愛好会 
名前は岡田和美ですが、特にありません。
ぱにはいB5基本プロレス愛好会

パニックハイスクールリメイクへの道 その4

リメイク版「パニックハイスクール」のタイトルを決めました。

「パニハイ!」

です。愛称として定着していたこともあり、わかりやすく行こうってなわけです。

今はグラフィック担当の矢部さんと登場キャラクター達の選定中です。ごく一部に私や彼の趣味が入ったキャラクターがいますが(SOS団とか電脳部とか)、オリジナルのイメージを損ねないように選定してます。

それと、「パニハイ!」は印刷所へ出すことにしました。さすがにハンドメイドで5000部つくるとか無理ゲーですよねー。


最後に、カードやルールに英訳もいれてほしいという要望があります。ボリュームがあるので分業制になると思うのですが、私の心が定まったら募集をはじめます。

全ファミ版パニックハイスクールへの道・その2

http://zenfami.blog91.fc2.com/blog-entry-988.html

愛してやまない「パニックハイスクール」の全ファミ版ですが、現在はカードの選定を進めています。

基本的にはそのままでいく予定なのですが、カード100枚のうち、9枚を占める「保健委員」は差し替えたいと考えています。戦闘に負けたカードを復活させるという役割しかないため、「わいろと雑魚カードで攻めて、敵の強いカードを引き抜いた後に保健委員で復活」くらいの役割しかなかったのですね。私はけっこう好きな攻め方なんですが、最近はほとんど使われない戦法なんです。

ひるがえって、パニハイをはじめてプレイする人の感想で、「ドローの枚数を増やすカードがない」という声がありました。ただ、パニハイは手札がなくなった後からの復活が楽しめるんですよね。また、自ら手札を減らして相手の攻撃から身を守る戦略が成り立つので、ドローは1枚でいいかなーと思っていたんです。
でも、とりあえず1種類くらいはドローを増やす方法があってもいいかな、と。パニハイには起死回生の手段がアジ演説くらいしかありませんからね。ただ、パニハイらしくジレンマを残す形で、ドロー枚数を増やせるカードにしようと考えてます。
カード名はことわざから取りたいんですけどね、なかなかいいのが見当たらないんですよねー。

あと、パニックハイスクールの何が面白いかって、他人への妨害であり嫌がらせじゃないですか。他人の秘密をコントロールすることじゃないですか。なので、そういうカードも増やします。題して、「敵に塩を送る」。こちらは名前どおりの働きをするカードです。使った本人が「送りたくねー」と言えますし、使われた側が「送られたくねー」と言えるカードだと思います。


さて、パニックハイスクールの対戦動画を用意しました。ファミプロのいやらしさが存分に出ている動画になっています。
前のページ 次のページ

FC2Ad