「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3泊4日でSPOT合宿に出かけてきます。

SPOTはとてつもなく面白いので、合宿先で特訓してきます。
パスポートも取りましたよ。

初代プロ野球ファミリースタジアムに登場している、最後の現役選手

ライオネルズのきよはらが昨年に引退し、あきやまがレールウェイズの流れを汲む球団の監督をするなか、ホイールズから古巣ライオネルズへ移籍したくどう。初代プロ野球ファミリースタジアム、最後の現役選手です(ナムコスターズのぞく)。
同じくライオネルズでエースとして活躍したわたなへ監督の下で、まだまだ現役を続けてほしいと思います。



ちなみに私は、初代だとホイールズ使いです。スーパーカートリオ、えんどとさいとう、最高だぜ!

ファミコンカセットを手作りしてきましたー。

六本木にあるワンナップゲームズさんへ、ファミコンカセットを作りに行ってきました。カセットの中身は『忍者カイ』。docomoとSBMで遊べる携帯アプリのゲームでして、それのファミコンで遊べるようにしたバージョンというわけです。それとは別に、サントラカセットも作ります。これは、チョイスゴアプリ10個の音楽集なんですね。前に実際に聞かせてもらったんですけれど、音も音楽の曲調もファミコンそのものでかっこよく、これもかなりの楽しみでした。

まず、『忍者カイ』のカセット作りを行います。
一ヶ月間、中性洗剤に漬けておいたファミコンカセットから、シールをはがしていくわけですね。
091114_1455011.jpg

091114_1501401.jpg
このシールをはがすにもコツがあり、割りばしでそぎ落とすとよいとのこと。割りばしの柄の部分でごりごりとそぎ落としたら、次にティッシュでシールのベタベタした部分を落とします。かわいたティッシュでこすると、ティッシュがべたべたした部分にからみつくので、それごとふき取ってしまうというわけです。
はがし残しがあると、そこに『カイ』やサントラのシールを貼った時にでこぼこになってしまいますから、みなさん真剣にこすりまくり。中でも編集長のはがしはもはや磨きになっており、カセットがぴっかぴかになっていました。私ですか? もちろん適当でした。こういう時って性格が出ますよね。

『忍者カイ』のカセットをゴールドカートリッジにするため、編集長と私は色塗り作業に入ります。
シールをはがしたカセットに、先ほど使った割り箸をガムテープでとめ、さらに、シールをはる部分にセロテープを貼ります。スプレーを塗ってしまうとシールがはがれやすくなってしまうため、それを防ぐための処理ですね。
091114_1539581.jpg

その2へ続く

ファミコンカセットを手作りしてきましたー。その2

実践する前に、適当なカセットに色を塗る練習をします。スプレーがカセットに近すぎたり、一箇所に吹き付けすぎたりすると、ダマになってしまい、スプレーが乾いた時に色ムラができてしまうからです。
いざ実践! スプレーを左右に動かしながら、うすーくうすーくカセットに吹き付けていきます。編集長はカセットのほうを動かしての色塗り。これはうまいやりかただなと思ったのですが、後にこれが悲劇を招きます。私ですか? 手に直接スプレーを噴霧してしまい、支部長百式になってました。
カセットの塗りそこねを関社長がチェック。カセットの隅っこが塗りにくく、ちゃんと色がついていなかったりするんですね。指摘をしてもらいながら、さらに色塗りをしていきます。しかし、編集長は少し噴霧が長すぎたらしく色ムラが! 編集長は「これも思い出ですよ」などと、早くも思い出にしてしまいました。

091114_1625531.jpg
カセットが乾くまで待ちます。ちなみに、割りばしを指してある発泡スチロールも関社長が購入してきたもの。

次に、カセットを入れる箱作りに入ります。組み立てられていない箱を、自分で組み立てていくわけですね。また、私と編集長のものはゴールドカートリッジですので、「限定版シール」も貼らなければなりません。091114_1641311.jpg091114_1654031.jpg
限定版シールと箱完成品。手が金色なのは仕様です。

091114_1706191.jpg091114_1717571.jpg
まず、限定版シールをハサミで切り抜きます。これがまた難しいんだ。手先が器用な編集長はさくっと切り抜いてしまいましたが、私はダメダメ。時間がかかった上に、切抜きを失敗してしまいました。「仕上がりが甘くてコレクターに怒られたりする品物」みたいな具合ですわな。

次に、基板へROMをくっつける作業に移行します。

まずはサントラから。サントラはVOL1、VOL2の2枚組。あらかじめサントラ用のプログラムを焼きこんであるROMを、基板にハンダづけしていきます。

091114_1719411.jpg
音楽とキャラ、ふたつのROMを挿すんですね。

まさに手作り、家内制手工業。ハンダごてを使うのなんて、中学生か高校生ン時ぶりじゃないですかね。松ヤニの匂いがだんだん気持ちよくなってきます。慣れてくると、徐々にハンダをつける作業もスピーディになってきました。
091114_173355~001


ROMの足をすべてハンダづけし終わったら、起動確認。一発で成功したようでした。(ただ、後ほど改めて確認したところ、残念ながらキャラ化けが! ハンダ付けを失敗していた個所があったようです。ムネン アトヲタノム)


今度は、サントラカセットに貼り付けるシールの準備。複数の種類が印刷されているシールの中から、好みのものをチョイスします。なぜ複数のシールがあるかって、ほら、ファミコンカセットの裏に、ゲームショップのシールがなぜか貼られているのってあったじゃないですか。あのシールをわざわざ作ってるんですよ。ファミコン好きで実際にコレクションもしている関社長だからこその芸当ですね。私はもちろんリサイクルショップのシールを選びました。というのも、サントラ用のカセットが一部欠けていたり、留めの部分が割れてカセットのハマリが甘かったりするからなんです。新品なのに中古という扱いなわけですな。ハタノさんが大好きな新品ジャンクですね。

091114_1639201.jpg091114_1638281.jpg
シール色々。このシールをカッターで切り取り、カセットに貼っていきます。

その3へ続く

ファミコンカセットを手作りしてきましたー。その3

カセットは薄緑と白のマルチカラー仕様にしました。マルチカラーはファミコンでもそれほどなく、この組み合わせはなかなかきれいなんですよね。
091115_1401261.jpg091118_0950151.jpg

これにてサントラカセットの作成終了。サントラカセットのパッケージは出来合いのものがあるので、こちらに入れ込みます。
091115_1256441.jpg


サントラをちょっぴり。


次はいよいよ『カイ』の仕上げに入ります。マスクしてあったセロテープをはがし、そこに『カイ』のシールを貼ります。
091114_1827321.jpg

カイのシールもいくつかあるのですが、パールを選びました。ちなみに、ゴールドカートリッジにゴールド地のシールはあんまり目立たないとのこと。
091115_1332111.jpg
手作りのゴールドカートリッジ。

『カイ』のプログラムは、あらかじめ「全ファミ。」バージョンにしてもらうのと、スタッフロールに名前をいれてもらう注文をしておきました。
そこで、プログラマーさんのところに行き、目の前でプログラムを変更したり、タイトルの文字を追加してもらいます。
ちなみに、編集長はスクロールの速さが2倍になった特別バージョンを作ってもらっていました。編集部に通常スクロールのバージョンがありますから、それとのバージョン違いというやつですね。

プログラムを変更してもらった『カイ』は、ROMライターで新品のROMに焼いてもらいます。私もかつてゲーム制作会社にいたときによく焼いてましたよ。
焼きあがったROMは、サントラと同じく基板へハンダ付け。ハンダ付けが成功しているかどうか、実際に起動して試してみます。と、見事に成功! 「全ファミ。」VER.の文字が輝いてみえます。

cap004.jpg
「全ファミ。」バージョンタイトルロゴ。


スタートから貝柱まで


1人プレイで9999mまで登る

オリジナルバージョンの『カイ』動画はこちらから再生できます。
http://www.youtube.com/user/zenfami

『カイ』のパッケージや説明書
http://zenfami.blog91.fc2.com/blog-entry-596.html

 携帯版『忍者カイ』はこちらで買えますよー。
 iモードでの買い方
 メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→ちょいスゴ→1本ウリ!!

 Yahoo!での買い方
 メニューリスト→ケータイゲーム→ゲームパック→世界名作ゲーム

あとはゴールドカートリッジに基板を収めて、カセットを閉じます。これがかなり堅い! 任天堂がすごいのは、子どもでは絶対にあけられないように、ネジも使わずにこういう仕組みをつくってしまうことでしょうね。
こうしてカセット作りは無事に終了しました。かかった時間はなんと6時間! 下手なゲームを遊ぶよりもよほどゲーム的でしたし、面白い体験ができました。

なお、この「全ファミ。」版『忍者カイ』とサントラVOL1&2は、1月9日のNESトークイベントに持っていきます。『カイ』で対戦したり、サントラを聞きにきてくださいね!

円高万歳!

20091024132813
うれしいねえ。アメリカのオークションでNESを買いまくっていた頃を思い出すよ。これで$6500なり。
以前ブログのコメントで奨められたZENも買えたし、これはゲームサイドで書きたいなー。

ファミコンを遊びたい。カイの冒険がいいなあと知人が言うので、

ジャンプつながりでエスパ冒険隊を推しておいた。

ファミコンオールタイトル掲示板(途中)

ファミコンオールタイトル掲示板、いまだに途中ですが書き込みはできます。
名前ナシでも書けますので、適宜にどーぞ。
http://jbbs.livedoor.jp/game/43601/

いたスト派? 桃電派?

私は百の世界の物語派です。

ロードランナーとロードファイターとダークロードは

全部ロード違いです。

Lode Runner……坑道
Road Fighter……道路
Dark Lord……支配者

---------
その他のロード達。

スーパーロードランナー
スーパーロードランナーⅡ
チャンピオンシップロードランナー

ザ・ロード・オブ・キング

からくり剣豪伝ムサシロード
虹のシルクロード
ファイティングロード
ロードマン



ゲーム言葉のトリビア、ご存知ですか?
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。