「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よーしパパ同人誌出しちゃうぞー。

決めました。同人誌出します。

きっかけはですなー、どうも私を「ファミコンをマニアックに遊ぶ人」」という認識でしか見ていない方がいるってことなんですよ。まあファミプロはファミコン芸人ですから、それはそれでありがたいんです。けど、元々はマニアックなファミコンソフトレビューを大量に書いていたんすよ。かつてのサイトに載せていたファミコンエンサイクロペディアですね。10年以上前の文章なのでちと青臭いですけど、かつてはそちらのほうがメインだったりしたのです(現在は一部のものしか出してませんけど)。
レビューっぽい文章も書けるっすよーというアピールも込めつつ、読者さんプレゼントに使ったりとか、名刺代わりに配ったりとか、単行本を買った人に差し上げるとか、色々と使おうという寸法っすね。
で、内容はといえば、ファミコンではなくてゲームボーイです。次号のゲームボーイ特集向けの記事を書いていて、「ゲームの面白さを端的に表現する」面白さに目覚めてしまったんですよ。ただ、ファミコンは単行本に載せたいじゃないですか。じゃあゲームボーイで32ページ、60タイトル、オフセット印刷のもちろん一色刷りでどうだ! てなわけですね。
もちろんマニアックなタイトルがメインです。自分が面白いと感じたタイトルと、世間的に評価の高くないゲームの楽しみ方を載せるという、「全ファミ。」とやっていることは一緒っすね。
で、ひとつやりたい企画がありましてね。昨日ライターのジストリアスさんと話していたんですが、ゲームボーイに魚群探知機「ポケットソナー」ってのがあるんですよ。それを使って実際に釣果をあげよう! というわけです。私は釣りの経験が過去一度しかなく、しかもガイドさんに連れられていっただけなので、釣りの知識も道具もありません。なので、『アイアムアティーチャー』だけでセーターを編むみたいな、体当たり体験ネタになるでしょうねー。

時期は来年の五月くらいが目標です。ゲームレジェンド12ですね、ここでさらっと出したいなー。

ポケモンと愉快な仲間たちとピンボール

全部遊んでいる人だと、それぞれの相違点がわかるんでしょうねー。そういうマニアなかた、いませんかね。
そういう意味で私が最近注目しているのは、ピンボールですよピンボール。特にゲームボーイのピンボールがよろしい。持ち歩けますからね。

・ジャレコワイワイワールド(正式タイトルは違います)
・66匹のワニ大行進
・カービィのピンボール
・ハリウッドピンボール(モノクロ/カラー共用)
・スーパーロボットピンボール(カラー専用)

カービィのピンボールは安定して楽しめますが、私が特にお気に入りなのはスーパーロボットピンボール。スパロボらしくスーパーロボットが登場します。いわゆるロボットの有名どころ……ゲッターだのエヴァだのダンクーガなどのロボットをほぼ任意に選ぶことができるんですね。んで、スパロボでおなじみの敵と1対1の戦いをしていくという流れになります。敵ロボにはもちろんHPがありますし、自分のロボットには精神コマンドがかかったりもします。で、敵との戦いには、もちろん各ロボットのテーマ曲が流れるんですよ。この辺は実にスパロボらしくてたまらないんですよねー。
普段はロボット達がこちらに背中を向けて敵ロボと戦うんです(ゲッターならゲッタートマホークを投げる)。しかし、ピンボールらしく、台の特定ポイントにボールを当てると、ロボットの必殺技がカットインアニメで表示されるんですよ! このカットインが大変にカッコイイので、全てのロボのを見るべく、ついつい遊んでしまうという寸法なのです。スパロボ好きにはぜひ進めたい1本ですねー。発売がバンプレやバンダイではなく、メディアファクトリーからというのも面白いところ。

最近、入手したゲームボーイカセット(白黒のみ)・その3

1本200円平均。

モンスタートラック
キッチンパニック
炎の闘球児 ドッジ弾平
しっぽでブン!
ドルアーガの塔
チョップリフターII
SPOT COOL ADVENTURE
昆虫博士
モグモグGOMBO
てけてけ!アスミッくんワールド
原人コッツ
レジェンド
サンダーバード
ロッドランド
宇宙の騎士テッカマンブレード
ポケットラブ
ころダイス
バックス・バニーコレクション
からくり剣豪伝ムサシロード
秘伝陰陽気功法華佗
ふしぎなブロビー
赤ずきんチャチャ
それゆけ!!キッド
ダンジョンランド
パズル忍たま乱太郎GB
みどりのマキバオー

---------
ちょっち高いの。
エイリアンVSプレデター
ウルトラマンボール
バットマン リターンオブザジョーカー

GB,ambitious!

 かつて私がゲーム業界の末席を汚していた頃(比喩にあらず)、プログラマーのTさんが言いました。
「何でも3Dアクションにしてよくないよね。2Dアクションが極まってもいないのに」
 当時、私はファミプロでもなく、ライティングの仕事もしていませんでしたが、Tさんの発言には大いにうなずいたものです。とはいえ、PSやSSが伸びていく時期で、2Dなんて時代遅れなんて雰囲気が作り手にも遊び手にも少なからずありました。そういう中で2Dのゲームを作るのは難しかったことでしょう。
 しかし、その時期でも2Dのゲームが数多く作られたハードがあります。それはゲームボーイ(カラー含む)。3Dに特化したハードが力をつけていく中で、ゲームボーイは、ファミコンを感じさせるゲームや、熟練制作者達の練りまくったアイデアがつまったゲームが発売されていったのです。しかし、2Dから3Dへと移り変わっていく時代の中で、それらのゲームの多くは注目されることなく埋もれていきました。
 てなわけで、今まさに私はゲームボーイを遊んでいます。先月はほとんどゲームを遊ぶ時間が取れませんでしたからね。今回の狙いは発掘。埋もれたおもしろいゲームをたくさん遊びたいってなわけです。特に2Dアクションがものすごくおもしろいんですよ。白黒の小さな画面に込められた、大きな大志が伝わってくるんですよねえ。

2D横スクロールアクションヒーロー(ヒロイン含む)

GAMESIDEで2D横アクションヒーローの記事を書くことになりましたー。
テーマはまだ内緒ですが、ファミコン以外のネタ多数で行きますよ。

私が個人的に好きなのは、萌え以前の女性アクションヒロイン。ルシアとかレイラとかね。
みなさんは誰が好きでした?

ゲームボーイは趣味ですよ? 今のところ。

何を遊んでもおもしろいし、安いのをちまちまと購入するのも楽しいんですよ。ゲーム名鑑でタイトルをチェックしたりとかね。仕事絡みじゃないからってのもあるんでしょうね。
こういう状態からコレクターになったりするんでしょうねえ。


と思っていたところ、オススメゲームボーイのタレコミが来てしまいました。ありがたいんですよ、これは遊びたい! と思いますもん。しかし、それがいっぱい来ると、これをまとめて記事にすればいいんじゃねウヒヒ、とか考えてしまうんですなあ。ファミプロのサガですなー。

てなわけで、オススメとか好きなゲームボーイを存分にどうぞ。

やっぱり今ゲームボーイが熱い!

今回のゲームサイドは「全ファミ。」ではなく「全ゲボ。」だったのですが、そこで取り上げた『バーチャルウォーズ』を、絶対SIMPLE主義のDAIKAI-6さんやげーまー的ダッシュのせいばさんに拾ってもらって嬉しかったですねえ。『バーチャルウォーズ』はなんつっても技術の無駄遣いが最高にいいんですよ。ゲームボーイなのに3Dおよび拡大縮小! そのすごさを行間から感じ取ってもらったのか、「全ゲボ。」の記事を見て『バーチャルウォーズ』を買ってくれた人もいる模様。こういうとき、記事を書いてよかったと思いますねえ。

そんなわけで、やっぱり今は白黒ゲームボーイですよ。何しろほとんどの人がスルーしてるし、雑誌でもあんまり特集されない。時期としてもファミコンとスーファミの合間で、ポケモン以前はいまいちぱっとしない(ように見える)。そこに魅力を感じるわけです。埋もれてるゲームが山ほどあるってことですからね。

実際、ゲームボーイの魅力を列挙すると、かなりすごいんですよ。

・定番のRPGがかなり充実
 ポケモン、ウィズ、サガ、ウルティマ。久しぶりに遊んでもやっぱり面白いはず。

・移植、リメイク、同時発売のソフトが多い
 ファミコンに限っても、ドラゴンズレア、キョロちゃんランドの二大高難易度ゲームや、マスターカラテカやふしぎなブロビー、妖精物語ロッドランドなどの佳作なんかも移植されてますね。また、アーケードからの移植もあったりするのです。私の愛してやまないSPOTもありますし、「据え置きハードのソフトをいつも持ち歩きたい」という欲求を満たしてくれるのですねえ。

・オリジナルタイトルが山ほどある
 どっかで見たことのあるタイトル(ゼルダ似とかウィズ似とか)も多いのですが、オリジナルタイトルもかなりの量があります。しかも、タイトルからでは、どんなゲームかすら分からないんですよ。それがまたバクチ的要素があっていいんですよね。
 ゲームボーイならではのアイデアがつまったゲームが多いのも、実にいい感じ。

・安い
 古本屋さんに行くと、ついでに売られている(ようにしか見えない)ゲームボーイのカセットがあります。たいてい100円か200円くらいなので、全部買っていいです。ゲームショップにもありますが、こちらは量が充実していていいですね。しかもだいたい500円前後ですから、これも勝って損はありませんな。
 また、100円なのにめっぽう面白いゲームがあったりなんかしちゃったりして、発掘しがいがあるというものです。

・アイデア勝負のゲームに出会える
 とにかく一発ネタが多いんですよ。オセロ要素の入ったアクションとか落ちゲー、落ちゲーっぽいアクションとか、四方に撃てるシューティングパズル風味とか。その一発ネタが個人の好みにあえば、かなり遊べるでしょうね。

・技術力の無駄遣いゲームが最高
 前述したバーチャルウォーズだけでなく、ゲームボーイでポリゴンのアレとか、ゲームボーイでハルマゲドンのソレとか。こういう強引な力技がシビれるんですよねぇ。
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。