「全ファミ。」ブログ編

秋葉原駅電気街口に「21世紀ファミコン」の電子ポスターが登場します!

4月1日~4月30日、「21世紀ファミコン」の電子ポスターが、電気街口に登場します!

時間帯の予定は以下になっています(変更される場合もあります)。

月~金:17時~24時
土~日:10時~17時

図案は3パターンで、3分に一度、15秒間表示されますよ。
秋葉原に行く際は、ぜひ見てくださいねー。
ついでにさりげない宣伝もお願いします!

「全ファミ。」単行本がAmazonで予約可能ですよ

ここで早くも予約可能です。

まだ表紙もできてないよハタノさん!
あまり本屋さんに出回らないかもしれませんので、ぽちっとよろしくです。
内容の解禁は4月になってからかな。

ちと高いかもですが、ファミコンに捧げた私の10年を買ってくださいませー。

単行本タイトルは「21世紀ファミコン」! 4月発売! マニアックプレイに特化で160ページ!

締切は今日!

「全ファミ。」単行本進行状況

順調に修正が進んでいます。雑誌掲載から単行本になるにあたり、必要な部分のリライトをしている感じですね。

写真は増えません! 締め切りまで3週間ないから!
と言いたいところなんですが、いくつか増えるところもありますし、
それどころか書き下ろしネタも入ってたりします。

4月発売のゲームサイドで発売日も告知するはずなので、いろいろともう少々お待ちくださいませ。

「全ファミ。」単行本制作、再始動しましたよー。

書き下ろしもあるといいなー。
詳細は4月3日発売のゲームサイドにて!

ファミプロの2009年はまだ終わらない!

みなさん、あけましておめでとうございます。
私にはまだ2009年ですが、2010年はいろいろと仕掛けて行きますよー。
なにやら矛盾しているコメントですが、そこは気のせいドリアードで。

仕掛けといえば、チョイコンですよチョイコン! 
本日に発売されたゲームサイド最新号には、『ノってけ!バス太郎』の完成披露とともに、私の名人デビューチラシが掲載されてます。
(このチラシは1/9のゲームイベントで配ってしまいますよー)

クリックで大きい画像になります。
100104_2324271.jpg


『バス太郎』はどこからどうみてもファミコンのゲームっぽくって、実にいい感じなんです。
ファミコンっぽいゲームは色々なハードで出ていますが、とことんまでファミコンソフトを再現したゲームはチョイコンシリーズだけと言い切ってしまいます。
どこまでもファミコンらしい『バス太郎』、みなさんも遊んでみてくださいね。

『バス太郎』のケータイサイトURLはこちら!
QR(httpwww).png
http://www.bestgames.jp/

----------------
「全ファミ。」は愛してやまない『ドキ! ドキ! 遊園地』を紹介しています。ゲーム制作者の意図を読み取りながら遊ぶと、実に楽しい。絶対に攻略してやる! などという具合に心が高ぶる逸品ですよー。

やる気まんまんマイクロマガジン、そしてどうなる「ノッてけ! バス太郎」PV





コミック試し読み版も作ってますし、やる気出してますなー。
「全ファミ。」の単行本もこのくらいやってくれるのかしらん。声の出演俺で。
もちろん、「そして船は行く完全版」は買いますよー。

---------
動画に関連して、チョイスゴ名人たるもの、ワンナップゲームズのカコイイ動画をリンクしないわけにはいかない!
http://www.bestwest.jp/pc/jp/choicon_html/index.html

この中の動画で「オルフェリア戦記II 秘蔵ビデオクリップ」があります。これ自体もよくできているのですが、実はこのメイキングビデオも作られているんですよ。ハリウッド映画のメイキングあるじゃないですか、あのまんま、出演者日本人なのに英語しゃべるし字幕出るしw また、その動画の中で、スライム(の人形)と戦闘するシーンがあるのですけど、あれは実はあの有名なスライムなんですね。ただ、その部分を見せてはいけないので、「何度も何度も投げて、そのものでないかのように見せる」というのをメイキングで見せてくれてました。メイキングつっても、ごくわずかな関係者しかみないシロモノだっつーのに(サイトからリンクされていない)、力入れすぎなんですよw そこがすごいバカで最高な会社なので、『ノッてけ! バス太郎』もきっとすごいPVを撮りますよ! 今から出演が待ち遠しい限りですわ。

エスパークス公式サイトでゲームボーイ特集が紹介されましたー。

メディア掲載情報なんて言われてしまったものの、原作をこれっぽっちも知らなくてすみません。
でも、本当に面白いゲームなんですよ、GBの『エスパークス』。草の根分けてでも捜し求める価値はありますよ!

エスパークススタッフブログ
http://esparks.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/gameside12-3c01.html

ゲームサイドの感想の感想

ゲームサイド最新号ですが、ダライアス特集への感想が多い中、ゲームボーイ特集への感想もちらほらと見受けられるようになってきました。ありがとうございます。
ゲームボーイ特集の扉ページにも書いたのですが、「マニアック編」は私がつけたサブタイトルではないんですね。ここでもちらほらと書いてきましたが、当初は「マニアック編」とは違うコンセプトでの企画として考えていたんですよ。そのため、ゲームボーイマニアさんからは厳しめの感想が。マニア的な視点からみてタイトルがありきたりになったのは、私の財力不足でした。ファミプロでは食うのが精いっぱいでして、なかなかゲームボーイ発掘やそれに伴う費用を捻出できなかったんですよね。
ただ、ゲームボーイのライトなファンからは、好意的な感想をいただきました。「記事を読んでほしくなった」という感想が、ゲーム紹介記事を書いていて最も嬉しいコメントですね。生活費を削ってw買い集めて、睡眠時間を削りまくってHP1の状態で書いたという、まさに私の全てを注いだ甲斐がありました。
(ちなみに、睡眠時間を削りまくってみた叫びは、げーまー的ダッシュのゲームレジェンド/ゲームボーイベントレポートにサイン入りゲームサイドという形で残されています)
ちなみに、「GBよくある話」は、前号のゲームサイドとのあわせ技なんです。誰もが納得する話を書いてもらって、その後に「あるあ……ねえよ!」というツッコミを入れてもらうという作戦でした。そこらへんも拾ってくれる読者さんがいることを祈りつつ、またいつかゲームボーイ特集が書きたいなあなどと思う次第であります。

年末進行ちょっといい話

「今回はいわゆる年末進行というやつでして、締め切りが早まります」

「いい話ですねえ」

「全然よくないです。で、○○さんの締め切りがこの日、□□さんの締め切りが×日です。で、支部長は?」

「企画も決まっていないのに言えと。じゃあ、ゲーム紹介2ページの、新機軸コラム1ページで!」

「……年末進行だって言ってるのにページ数増やしますか!」

「しかも山本さんが1人で作るのにねー。うはは。ついでにカプコンのファミコン特集も書こうかしらん」

---------

数年ぶりに担当になった山本さんとの打ち合わせは、全く変わりがありませんでした。

ともあれ、私の友人いわく「寒かったら一枚脱げ」ですからね、ピンチの時こそ強気で行きますよ。
それが「全ファミ。」イズムなり。
前のページ 次のページ

FC2Ad