「全ファミ。」ブログ編

チョイスゴコンピュータ開発者インタビュー ~ファミコンソフトを手作りしたツワモノ~ その5

■10倍速くしてください■

――以前におはなしを伺った時、容量不足でラスボスが入らないとか言っていませんでしたっけ?
7:プログラム容量が足りなかったんですが、入れましたよ。マップの数も減らして、曲も1つ1ついらないのを減らして。
関:タイムアタックとか、曲のデータがすごいんですよ。
7:曲のデータだけで8kくらいあるんですよ。プログラムデータが32kのうちの。
―――(爆笑)そりゃすごい! めっちゃ食ってるじゃないですか! どんだけ豪華なんだ! 
7:曲がすごいですから。
―――(大爆笑)面白い! すごいすごい、4分の1が曲って! 
関:消せば減るんじゃないですかと。消したら入るっていうから、じゃあ消してくださいって。
―――(笑いが止まらず)いやあ面白い。で、『ナック』って完全移植に近いんですか?
関:いや違いますね。
7:自分の感覚でやったのをいれているので。
―――(敵を早く倒せば倒すほど敵が出やすくなる)敵の早回しはあるんですか? 
7:なってますよ。
関:だから象がずっと居るんです。
―――象しつこいですよね。あいつね、本当にしつこい。バルカンをとったりすると、硬くて倒せないとか。

電子艦隊ナック要塞
うわさの象。あわてて逃げると素早く追ってくる。ゆっくり逃げていってね!

7:バルカン取ったらひどいですよね。
関:連射じゃないバルカンとかありましたからね。
―――タイムアタックで取ると地獄なんですよね。めっちゃ楽しいんです。
7:(『ナック』のカセットを差し替えてプレイ)新しいバージョンではバルカンの威力をあげた記憶がありますね。
関:連射にしてもらったんですよ。最後の最後でバルカンを強くしてくださいとかお願いして。
7:レーザーも最初なかったので追加しましたね。
―――この間のゲームイベントで『ナック』のタイムアタックをやってたんですが、2分生き残った人が1人しかいなかったんですよ(笑い)。
7:でしょうねえ。
―――あれ、厳しいですよ。私も1分36秒まで頑張って。
7:敵のパターンを覚えれば簡単ですよ。
関:ワープのパターンが違うのかな。
(この後、チョイコン版とファミコン版のワープについての話が続く)
7:オーパーツを取れば、自動的にワープしてくれますよ。
関:そうでしたっけ。そこは……はっきり言って、ちゃんと指定していませんからね。
一同:(笑い)ひどいわー。
7:だから、日本で一番これをプレイしていますね。つくるために。
関:関:自分的には最後は……、あれ? というか指定の仕様が違ってますね。最後は自動で行くなんて、自分は言っていないので。(一同爆笑)
―――(笑い)それはひどい。
関:あの時は3本同時にチョイコンを作っていたから、『ナック』は最初に決めてあとは任せてたんですよ。

―――『ナック』ってコンセプトがク○ゲーって本当ですか。
関:それは本当ですね。(一同苦笑)5秒以内に死ぬようにしてくださいというのが一番言っていたことで。
―――(笑い)たしかに、2秒とかでやられる人もいましたからね。他人が見ていると楽しいんですけど、独りでやっているときついんですよ。
関:ちゃんと(プログラマーが)ゲームを作ろうとしたら、戻してもらいましたからね。(一同爆笑)簡単にしちゃうから、それじゃあちょっと……って話で。
―――難しくしてくださいっていいですね。面白いですねえ。
関:中途半端にしちゃうとダメですからね。『オルフェリア戦記』のセーブ消えるのもすごいみんなに反対されましたよ。でも絶対消すっつって。消えないと駄目じゃないですか、消えないとわからないでしょうと。
―――(ゲーム画面を見つつ)おお、ラスボスまで来ましたね。
関:ラスボスは最初っからあの宇宙生命体てのは決まってましたね。
―――(爆笑)
関:メトロイドを仮においてましたよ。
―――仮においてたって最高じゃないですか(笑い)
関:ク○ゲーって言えば『頭脳戦艦ガル』っての言うのがあって。当時つまんなさそうだったし、抱き合わせで売ってたじゃないですか。あれに関わらなくてよかったなって。
―――(爆笑)ひどい、私は買いましたよ!

電子艦隊ナックエジプト
『頭脳戦艦ガル』で見たことのあるようなないような敵がいないでもない。

横の作業場で仕事をしていた黒柳さん:当時の本でも『ガル』だけは面白くなさそうに感じましたね。最低でも3周はしないといけないとか。
関:で、電子艦隊は『ガル』っぽくしようかと。『ガル』のことを知らなかったので調べたんですけど、調べれば調べるほどやっぱりひどいという。ゴミ箱に捨ててる人とかもいて、そりゃそうだよと。
黒:まだ『ナック』のほうが親切だよなと(笑い)
関:それで、半端な難しさだったので、敵を10倍速くしてくれ、と。速くしてくれって言っても2倍にしかならないので、いいから10倍にしてくださいと。
―――(笑い)不自然に速いですもんね。
関:敵が見えなくてもいいからと。
―――面白い! このくらい突き抜けたほうがかえって面白いというバランスになってますよね。
関:本当につまらないものをやりたかったので。でも、いいバランスのつまんなさになって。人を引きつける何かを持つ。で、怒られたら困るから配信するケータイサイト購入画面の前に「本当にク○ゲーなんて買わないでください」的なことを書いたんですけど。
―――2分間モードのチャレンジダイブもすぐやられますからね。覚えない限りやられるという。これこれ、横から突っこんでくるコイツ、ほぼ対応不可能ですからね。

関:覚えるとけっこう行けますね。
―――ただ、これみんなでやるとすんごい盛り上がるんですよ。誰が生き残れるか、という感じでめっちゃ盛り上がりましたね。ああ、バルカン取っちゃった! というような面白さがありましたね。ひどいほうが楽しめるってのがありますよ。
関:ただ単にひどいってわけじゃないですからね。
―――そうなんですよ、覚えれば何とかなるという、絶妙なところぎりぎりなんですよ。
関:天然のダメさ加減のテイストが入ってるんですよね。
―――かゆいところに手が届かないんだけど、でも面白い。
関:純粋なク○ゲーの要素もあって。
―――絶妙なすごさがありますよ。絶妙なダメゲーなんですよね。
関:いつも言ってるんですけど、自分が悪い気がしちゃうんですよね。まるで自分がゲームヘタみたいな。このまま終わってしまったらただヘタなやつに思われてしまうみたいな、なので、もう一度やろうと思っちゃうそういう何かがありますね。
―――(79さんが隠しパネルを出したのをみて)おお、隠しパネルだ! あれは3000点ですか?
7:あれは4万3点ですね。携帯アプリ版は相当にやりましたからね。
関:なんでそうしたかは忘れました。
7:アプリで計算するとそうなるんですよ。仕様書にも書いてないんで。
関:だとすれば、バグでそうなっているのかもしれないですね。
関:黒柳さんも相当『ナック』をやってますよね。
黒:俺はソフトバンク版でやってるんですけど、ワープを取るとハングすることが多いんですよ。だからなるべくワープを取らずに。
―――(大爆笑)書けねー。
関:いや書いていいですよ。
―――(笑い)書くんですか、ここ!
関:ハングしないように遊ぶという、ちょっと洋ゲー的なもので。

その6へ続く

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/927-373179f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad