「全ファミ。」ブログ編

大好きだったけど、あんなにつまらなくなるなんて

連載に向けて朝も昼も夜も移動中もトイレの中でも『キングオブキングス』をやりまくって、
(ファミコン版とモバイル版をやってたんですよ)
「見えた! 水のひとしずく!」みたいな具合になったんです。
で、ちょっと気分を変えて『スーパーロボット大戦64』でもやろうと思い立ちまして。
シリーズの中でも1,2に入るくらいに好きなんですよ。
単純明快で破壊力があって敵がわらわら出てくるのが。
あと好きな作品も多いし。嵐の中でも輝けるし。

ただ、『64』をやってみたらまるっきり面白くなくなってたんですよ。
ユニットの武器を強化しすぎてたこともあって、ほとんど一撃必殺。
さらにリアルロボットをメインにしていたセーブデータだったので、
敵の攻撃も当たりゃしない。
戦術で敵を倒す、倒されないようにするという戦略シミュレーションゲームの
面白さがまるっきり感じられなかったんですよね。
たくさんのユニットで敵の大勢力と戦略を駆使して戦うのが『キングオブキングス』の醍醐味だとしたら、
『スーパーロボット大戦』の面白さは、ヒーローたちがヒーローらしく勝利するのがさだめ。
もうまるでゲーム性が違うんです。

かつて私の知人が「俺、スパロボとかダメだから」と言っていたことがあって、
彼はがっちがちのウォーシミュレーションマニアでした。
英雄も悪役も英雄譚さえもいらなくて、自分の戦術で勝ちたいって人なんですよ。
今なら彼の言わんとしていたこともよくわかります。

というわけで、息抜きにはシステムソフト・アルファーの『ファンタジーナイトII』をプレイします。
2006年発売のウォーシミュレーションで、90年代前半のPCゲーのフェロモンだしまくり。
かつて『大戦略』シリーズを作っていたシステムソフトが、ファンタジー世界をテーマに
作ったシミュレーションの一作目が『ファンタジーナイト』。それの続編ですからね、
戦略なきものは去れ! そう言わんばかりの豪華絢爛でありながらもストイックな仕様がたまりません。
やっぱ戦略シミュレーションは歯ごたえがなきゃいかんわね。俺に敗北をくれって感じですよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/895-38153559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad