「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミスタにまつわるエトセトラ

リクエストがあったので書きますよ。リクエストがあればコメント欄にどぞー。


もっともファミスタが熱かった時期は、今から七~八年前、私がまだゲーム制作会社に勤めてた頃。対戦相手は当時の同僚、通称べきやん。やつとは小銭をかけて勝負してたんですよ。一回500円。
これが実に熱かった。お互い金なんか払いたくないから、負けたほうがほぼ確実に再戦を申し込むんすよ。結果的に、昼休み、昼休み過ぎの勤務時間突入後、残業時、勤務終了時、徹夜作業時などなど、あらゆるタイミングでファミスタ対戦ですよ。でまあ、たいていは勝ち負けイコールでチャラになる(までやり続ける)か、せいぜい二連敗して1000円払うくらいだったんですね。
ある時、私が連勝して、べきやんが「1000円賭けよう」と言い出したんですね。そんな感じで倍賭けってのはお互い結構あったんですよ。ところが、その勝負でも私が勝っちゃった。収まりつかないべきやんは「2000円賭けてやるべ。当然勝ち逃げしないよな?」。彼と私の実力はほぼ同じだったから、今度は負けるだろと思って提案に乗ったんですよ。
ところがこれまた勝利。私は4000円勝ちになっちまいました。こうなるとやつは引けないってんで、4000円賭け勝負をしようっていいはじめたんですな。
私はべつに痛くも痒くもないから勝負に応じたんですな。とはいえ、これで勝てば私は8000円手に入る、やつは金を払うってんで、いつも騒ぎながら対戦してるのにお互い無言ですよ。安月給の二人は超超超絶スーパーウルトラ真剣勝負ですよ。

…そして、私が勝っちゃった。彼はなかったことにしたがったり、同情を誘う作戦に出たり、逆切れするテクを披露したりしましたが、結局最後は払わせましたw
「しょうがねえなあべきやん、この金で寿司おごってやるよ」
「ばかやろ、俺の金じゃねえか!」
「うはは、俺の器量に感謝しつつ食えよ、うはは」
とまあ、ファミスタといえばこの思い出が最初に思い出されるわけでした。

(続く)

コメント

いや~、ええ話ですね~!
ファミスタと言えば、よく兄弟でケンカしながらやりました!
だって、3人全員が阪神ファンですから(笑)

  • 2007/04/26(木) 01:19:26 |
  • URL |
  • ささやん♪ #-
  • [ 編集]

それもいい話ですなw

  • 2007/04/26(木) 23:53:38 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/76-b78351ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。