「全ファミ。」ブログ編

ゲームサイド季刊化について

「終わるための季刊じゃない。生き残りをかけて闘うための季刊なんだ」

打ち合わせの帰り、定食屋でメシを食いつつ、山本さんはそう言いました。
(珍しくトマトじゃなかったんです)

ホント、そうなんですよ。
「不況の波がついに……」とか「人員削減が……」とか、読者のみなさんはいろいろと想像してくれてますよね。
以前に部数のグラフを見せてもらったことがあるんですけど、売上は確かに落ちてませんよ。それどころか。
だからこそ、攻めの季刊化。編集長は(多分、元編集部のみなさんも)、とにかく前向きにとらえています。

季刊化とは関係なく、「全ファミ。」も少し方向性が変わります。これは時代の流れに応じてなんですけど、編集長の「時代を読む力」はけっこう正しいんですよ。季刊化も、相応の意味を持たせてくるはずです。

私もやりますよ。ゲームボーイ特集の余勢をかってですけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/754-7bcf9288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad