「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトラーメンと終わりのないゲーム

わりと早い時期に書いたトマトラーメン賛美があるんですが、まあとにかくトマトラーメンの美味しさはみなさんに何度でも伝えたいんですよ。
ぶっちゃけ、ラーメン紹介雑誌にはまず紹介されない店&ラーメンだと思います。何しろ味が一定じゃない。麺の固さもまちまちだし、肝心要のからさも毎度違ってたりするんですからねえ。そのいい加減さも含めて、おしゃれさなんて微塵もないお店の感じとかも大好きなわけなんですけれども。
と思いきや、最近、2回ほど行ったところ、何と、トマトラーメンの味が一定じゃないですか! これはやっぱアレかな、「粉杏仁(注1)」をなくしたことによって、お店側の手間が減ったに違いない。
(注1:なぜか尋常でなく粉っぽい杏仁豆腐。たまにダマが入ってたりしていたのだが、妙にトマトラーメンと合うので常に食べていた)
まあそんなわけで、トマトラーメンは100杯くらい食べても飽きないし、これから先も食べ続けますよ。ただ、ふと、「トマトラーメンに匹敵するゲームって、自分にとってはなんだろう」なんてことを考えちまいました。
トマトラーメンは「食」ですよね。一方、ゲームは「嗜好品」です。食は毎日欠かせないものですが、嗜好品はそうでもない。……と思っているんですが、最近のMMORPGを見ているとそうでもないですよね。寝ても醒めてもそれしかしない。これはひとえに「終わらない世界で延々と遊び続けられる」からですよね。
私もかつて大作RPGに夢中だった頃、「終わらないゲーム」「いつまでも遊んでいられるゲーム」を夢見ていました。しかし、それが出来たら、そればっかりしか遊ばなくなる人が出てきてしまった。それどころか、日常生活にも多大なる影響を与えているような状況ですよ。まだ「家庭の問題」「個人の問題」だと思われてますけど、将来的に深刻な社会問題になるんじゃないですかね。
話が逸れましたけど、だから今の状況の中で私がすべきことは、「終わりのあるゲームで終わらない遊び方、新しい遊び方を提案する」、これかな。極めるという方向ではなくて、オリジナリティ重視で。けっこう難しいんですけど、「過去の資産でどれだけゲーム制作者や最新ゲームと張り合えるか」という点がモチベーションにつながってますねー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/738-50a0d439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。