「全ファミ。」ブログ編

桃太郎電鉄マニアックス

桃太郎電鉄マニアックス
「ゲームサイド」で編集長と打ち合わせをしたとき、 何度か『桃太郎電鉄』のネタを出したことがある。しかし、『桃電』自身が特殊ルールをゲームに盛り込んでくるため、記事として採用された試しがない。

そこで、「ユーゲー」に掲載されず、なおかつ、『桃電』でも 採用されていないであろう遊びかたを提案してみたいと思う。
それは「名もなき駅めぐり」である。
ルールは簡単、「名のある駅に止まらず、途中の駅に止まる」、ただそれだけだ。

物件が買えない? 
クリアできない?
女湯をのぞけない?

そんなことは忘れてください。
そもそも『桃電』は、電車でゆっくり旅をすることがテーマ。 買占めだの一番だの目押しだのと一喜一憂することなく、 たまには目的もなく(ありますが)ゆっくり回りましょうか。

ちなみに、初代『桃電』には東京駅近辺に駅が集中しており、 そこだけは注意しないと「駅に止まってしまう」かもね。

コメント

>そもそも『桃電』は、電車でゆっくり旅をすることがテーマ
そう考えた事が無かったので、これを読んでちょっとしたショックを受けました。 良い意味で。
そうですよね。 せめて一人プレイの時くらいは のんびり旅気分を味わいたいですよね。
最近の『桃電』は マップがポリゴンを使って立体になっているので、一人プレイの時は
自分が移動する時だけ『A列車』みたいに「車窓モード」にできたら良いですね。
物件に増資するとマップ上にも変化が出る様になっていれば、なお楽しそうです。

  • 2008/10/01(水) 19:28:36 |
  • URL |
  • せんじゅ #TiimW1cM
  • [ 編集]

いいですね、一人旅モード。世界の車窓からばりに映像を出してほしいですねえ。

  • 2008/10/02(木) 08:23:44 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/67-1651b2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桃太郎電鉄桃太郎電鉄(ももたろうでんてつ)は、1987年12月2日にハドソンから発売された鉄道会社の運営をモチーフにしたボードゲーム形式のコンピューターゲーム|コンピュータゲームであり、またそのシリーズ作のことである。監督はさくまあきら、イラストは土居孝幸。様々

  • 2007/07/28(土) 14:13:55 |
  • ゲーム情報局

FC2Ad