「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームレビューって何だろう。その2

ゲームレビューのエントリを書いた時、「媒体によってゲームレビューの内容を変えなければならない」というコメントが印象に残っています。
どんな風に変えなければならないのか、箇条書きにしてみますと、

・新作紹介雑誌…新しい情報を書き、読者の購買意欲を書きたてる
・マニア層ご用達雑誌…過剰なまでな愛情と、ゲームに対する新たなる見方を示す
・レビューを集めた単行本…作者のセンスを読者に楽しんでもらう

あくまでも一例ですけど、かなり違いますよね。私自身はファミプロなので、「文章で楽しんでもらう」というのがまず来ますね。ファミプロってなんだよ? って話もありますが、本来はゲームトーナメントの腕前を見せるんですよ。ただ、プロが集うトーナメントは現在ありませんので、雑誌で「真似できないプロのバカ発想を見せる」職業つうことになりますかね。

話かわって、私が個人的にゲーム記事の執筆でやらないようにしているのが、「操作説明で終始する」「楽しいのはわかったが、何が楽しいかわからない」「”なんとも言えない楽しさがある”という表現を使わない」の三点ですね。特に三つ目。いやもう、それを説明するのが仕事やん?! って思いますよね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/668-2981ccdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。