「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハード別マリオ出演状況

タイトルにマリオとつくゲームが何本出ているのか、ハード別に見てみます。
※ゲーム内に彼が登場している(と思われる)タイトルは省いています。ファミコンのゴルフとかテニスとかパンチアウトとかピンボールとかドンキーコングとかJrとかね。つーか出すぎ。

ファミコン              10
ゲームボーイ            8
スーパーファミコン        9
ニンテンドー64           14
ゲームボーイアドバンス  16
ゲームキューブ         14
ニンテンドーDS          8
Wii                    7
セガサターン            1
プレイステーション       1

最後のほうにやや気になるハードが2つありますけれども、順番に見ていきましょう。
ファミコンでは、配管工だった彼が兄弟喧嘩をしたり、クッパと戦ったり、帰ってきて兄弟喧嘩をしたり、医者になったり、大根を抜いたりと大忙し。
セーターの編みかたを教えてくれる『アイアムアティーチャー スーパーマリオのセーター』にも、モデルとしてちゃっかり登場しています。これはロイヤル工業の販売。つまり、マリオとつくタイトルは任天堂だけが発売しているわけじゃないのです。
ゲームボーイでは『ジャガーミシン刺しゅう専用ソフト MARIO FAMILY』、ニンテンドー64では『マリオのふぉとぴー』、ゲームキューブでは『NBAストリートV3 マリオでダンク』、『SSX On Tour with マリオ』などなど、それぞれが任天堂以外のメーカーから発売されています。

64でいっきに増えるのは、『マリオアーティスト ペイントスタジオ』シリーズが4本も出ているためです。
また、マリオパーティもシリーズ化されていますね。

アドバンスでは、過去に出ていたマリオシリーズが“アドバンス化”されます(って書くとちょっとかっこいいですよね)。また、ファミコンミニでも3タイトルに登場。過去の資産を使おうという意志が見られます。売れっ子ならではですな。

ゲームキューブでもその流れは変わらず、シリーズモノや続編でない完全新作と呼べるのはかなり少なくなっています。任天堂製では『ペーパーマリオRPG』や『スーパーマリオストライカーズ』くらいでしょうか。

さて、問題のセガサターンです。『サクラ大戦』がGBに出たので、そのお礼か? じゃあプレイステーションはなんだ!? などと素早く連想されるでしょうが、実は違います。

『マリオ武者野の超将棋塾』

将棋のプロ棋士である武者野勝巳氏が制作した将棋ソフトなのでした。
しかし、本人がマリオを意識してその名前を自称しているので(商標も持っています)、マリオがSSやPSに出たと言ってもあながち間違っていないのかもしれませんね。

---------
ゲームの平均販売価格と最も多い販売価格(ファミコン編)
ゲームのタイトルに多い単語ベスト10(ファミコン編)
ゲームのタイトルに多い単語ベスト10(SFC・PCE・MD編)
ゲームのタイトルに多い単語ベスト10(セガサターン編)
ゲームのタイトルに多い単語ベスト10(プレイステーション編)
ゲームのタイトルに多い単語ベスト10(ゲームボーイ編)
ラスボス100人並べてみました。
アニメやマンガの主人公/前作の主人公が敵側になるゲーム
RPGとくっつけてみたゲームやジャンル一覧
逆転の発想で作られたゲーム一覧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/534-2e9dd924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。