「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味わい深いファミコンのストーリーは?

何のストーリーか、わかります?

---------
1980年代後半、ナチスの極秘文書が発見され“アルバトロス計画”という実現に至らなかった計画があることを人々は知った。
その“アルバトロス計画”の全貌を記した極秘文書が帝国軍総統ワイズマンの手に渡ったことを知った連邦軍は、文書を奪い返そうと英雄スーパー・ジョーを帝国へ潜入させたが連絡がとだえてしまう。
国民的英雄の危機に連邦軍はジョー救出部隊を編成し、ふたたび帝国への潜入作戦を実行に移した。
その舞台(部隊名はFF(ダブルフォース)――ワイヤーを使う部隊の名称)の1人、ラッド・スペンサーが本編の主人公である。
---------
黄金の谷にようこそ!
君はこの町でただ一人の掟(LAW)なのだ。
日暮まで生き抜き、町の人々を守り、シェリフ(保安官)として恥かしくない行動を常に心がけなくてはならない。
君の前に立はだかるのは、善良な町の人々だけではない。悪党や銀行強盗などの手ごわいガンマン達もいる。だが過去のすぐれたシェリフ(保安官)たちは、君に忠告した、「腰の拳銃だけでは、正義は守れない」と。シェリフとしての権威を守るためには、相手に対する脅しやすかし、時には自分の弱気をさらけ出すこともたまには必要なのだ。さあ、いま君は西部の町のただ一人のシェリフとして立っている。君の権力と命をおびやかす敵に立ち向かうのだ!
---------
ドッジボールのようでドッジボールでなく、ピンポンのようでピンポンでない。とにかく10個のボールを全部相手のコートに入れてしまえば勝ちというゲームなんだ。制限時間内に勝負がつかない場合は、タイムアウトのときに持っているボールの数が少ない方が勝ちになる。敵をねらってボールをおもいきりぶつけると、敵は倒れてジタバタしてしまう。この瞬間が痛快だぞ。動物達もひたすら投げまくるやつ、じっくりとねらってくるやつと性格はいろいろ。とにかくこれは、今ひそかに動物たちの間で流行しはじめているという、うわさのボールゲームなんだ。
---------
聖書の時代に、ひとつの戦いがあった。天空の神と、魔導士レビュアの戦いである。
この戦いは、256日続いた。
魔導士の力は強大で、神でさえも倒されそうであった。
神はドラゴンを造り、その中に自らの命を封じ込めて戦った。
魔導士は戦いに敗れ、魂はつるぎに封じ込まれた。
月日が流れ、これが、神話になったという。そして、数千年の時が流れた。
ある日、不気味な雷鳴とともに、封印が解かれた。
古代最後の魔導士レビュアと5匹の部下が復活したのだ。
その部下のうちの1匹、羽の生えた怪物がお姫様をさらった。
噂によると、お姫様はゲルブの塔に閉じ込められているという。
カシス王は姫を救出するために、兵を繰り出した。
しかし、姫を助け出した者はおろか、無事に帰ってきたものすら、一人もいなかった。
途方にくれた王は、旅の戦士達に助力を乞うことにした。
王は、町中に布礼を出した。「姫を救い出した者を姫の婿とする」
そのとき、偶然にもエドの街にいた女戦士は、
姫を愛する村人達の願いにより、救出を決意した。

---------
ファミコンのせつめいしょ、味わい深くていいですねえ。4番目のストーリーはどういう展開になるのか、プレイせざるを得ませんな。

なお、上記のストーリーはげーむのせつめいしょ(仮)さんから転載いたしました。深謝。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/489-0f91915b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。