「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNAKE RATTLE'N ROLL

 NES(Nintendo Entertaiment System)専用の斜め見下ろし型アクションゲーム。体が伸びていくヘビを操作し、ゴールを目指していく。全11ステージで二人同時プレイも可能。
 2匹のヘビのRATTLEとROLLは、長く伸びる舌で、ステージの一定のポイントに登場して動き回る、様々な色をしたボールを食べることができる。移動するスピードが色ごとに違うボールは、RATTLE達に食べられると彼らのしっぽ側にくっつき、彼らのしっぽを長くする役割を果たす。ある程度しっぽが長い状態で、ゴール付近にある体重計(ゴール付近にない場合もあるが)に乗る。すると、無事ゴールの扉が開いてゴールインできるようになる仕掛けだ。また、このしっぽは、敵にぶつかるとしっぽが一つずつ取れていくという、一種のライフ代わりにもなっている。なお、ファミコン及びNESでは、キャラクターが一列に多く並ぶと一度に表示できないので、しっぽが長くなっていくRATTLE達を表現するために、画面はランドストーカー(MD/セガ)やソルスティス(EPICソニー)のような疑似3D画面になっている。
 RATTLE達のしっぽを長くするボールは、面ごとに様々な演出が加えられている。最初は床の上を転がるだけのボールである。だが、先に進むごとに足が生えて走り回ったり、液状化して解けたりはね回ったり、羽やヘリコプター状の翼が生えて飛び回りはじめる。、さらにあるステージでは、魚の尾ひれがつき、水で満たされた画面内を泳ぎ回ったりもしてしまうのだ。これら七変化するボールを追いかけたり待ち伏せたりして食べていくのが、このゲームのもっとも面白い要素なのだ。同時に、これらの突飛なアイデアを思いつき、実際にゲームにしてしまう力は、今現在もゲーム制作に定評のあるRARE社ならではといえるだろう。
 ゲーム本編は、ボール達の動きを活かすため、敵キャラクターはそれほど登場しない。その分、面ごとに様々な仕掛けが用意されている。これらの仕掛けは、違うステージで使い回されることがほとんどないため、ステージごとに異なるテクニックやタイミングを楽しむことができる。また、ステージのいたるところが危険に満ちているのではなく、ここぞ、というポイントで仕掛けが用意されている。そのため、同じことの繰り返しで飽きてしまったり、緊張しっぱなしで疲れてしまったり、ということが少ないのだ。メリハリのあるプレイが楽しめる良作であり、ファミコンでの未発売が本当に惜しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/480-58baeb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。