「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miss.PeachWorld

 ディープなファミコンマニアの間では、”スーパーマリオワールドの続編”として名高い横スクロールアクションゲーム。「パッケージのグラフィックはピーチ姫に酷似しているが、ゲームオープニングのグラフィックはマリリンモンロー」という破綻した設定によって、マニアを引き付けることに成功している。ロサンゼルス警察に赴任したさらわれ好きなピーチが、スケボーを武器にとらわれの婦警を救出に向かうストーリー。
 ピーチの攻撃にはジャンプしてからのローリングスケボーアタック、地上でのパンチがあり、武器をひろって投げることもできる。ダイナマイトを投げると敵が木っ端微塵になってしまうグラフィックは一見の価値があり、かつまた爽快感に溢れている。しかし、投げそこなうとピーチもバラバラになってしまうところは、まさにハッカーインターナショナルらしい破天荒なゲームといえる。
 ステージの仕掛けとして、強力なバネが用意されているところがある。このバネは地面についているだけでなく、背景の壁にもついている。そのため、バネからバネへと吹き飛ばされながらステージを進まされていくピーチの姿は、ソニックアドベンチャー(DC)をも連想させる。操作性の向上に気を使わないメーカーだけに、物理法則をも無視した動きにプレイヤーは戸惑うだろう。が、操作に慣れてくると、その他のゲームにもこのようなハチャメチャなゲーム性が欲しいと思ってしまうような魅力が潜んでいる。
 この作品は、実はNES(Nintendo Entertainment System)ゲームの移植であり、ピーチをモノ扱いするような過激なステージ構成もやや納得できる。しかし、そのわりには、ステージの合間にとらわれの婦警がピーチに話し掛けてくるときのセリフが、よくよく読むとローマ字表記になっているのだ。この脱力具合もまたハッカーインターナショナルらしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/479-34a2de94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。