「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ゲームショー2008まとめ

・カプコン
図抜けてすごかったです。ゲームに対する「わくわく感」、これをちゃんと遊べる形にまとめてくれる能力は、今回の参加メーカーの中ではトップであると感じましたね。タツノコvsCAPCOMは、Wiiのコンセプトの1つである「今のゲームから離れてしまった元ゲーム好きを取り込む」という部分を完璧に満たしてますし、見た目もハデで言うことがない。しかも、ゲームは安心して楽しめるカプコン作。たまらんですよ。逆転検事も、懐かしい顔ぶれとともに一緒に時間を過ごせるわくわく感がありました。あと、おばちゃんの延々と続く一人語りね。モンハン3はどこのブースよりも順番待ちが長くて、体験している人たちの笑顔がまたいいんだ。楽しいんでしょうね。

・アイレム
「みんなでスペランカー」。これ、最高にいいですよ。よく死ぬし、またそれが、「だってスペランカーだしな」という理由で納得できてしまうんです。死んで頬が緩むゲームなんてそうそうないですよ。たまりませんなー。ついでにいうと、ファミコンモード(クラシック)も4人同時プレイができるんですよね。かなり遊べそうな匂いがします。

・スクウェアエニックス
いろいろと出展していましたが、やはりドラクエIXの映像がものすごい求心力を放っていました。映画の予告編的な楽しさなのではなくて、これぞドラクエ! という。ドラクエVIIIでも、やっぱりドラクエだよな! と思わせる雰囲気があったじゃないですか。あんな感じで、ドラクエIXも安心して遊べそうな感じです。あと、酒場のルイーダ姉さんに萌えた。

・コナミ
私が観にいった時はドラキュラの発表会でしたが、映画、Wiiでの対戦格闘アクション(キャラデザ・小畑健)、フィギュア情報、アーケード版、パチスロとなんでもござれでしたね。コナミスタイルつうかあらゆるところに切り込んでいく意気込みを感じましたよ。でも格闘はちと操作になれなかったなぁ。

・セガ
名越さんがまた金ぴか豹ガラ模様でした。
あ、それはお約束ですよね。レッツタップ(Let's Tap)はかなりいいですね。強弱をつけてたたくというのが面白いんです。これは普通にゲームとして遊ぶよりも、何にも考えずにインスピレーションでたたいてたほうが楽しいんじゃないですかね。ゲーム作りの過程でよくあるじゃないですか、ただ操作しか出来なくて何にもゲーム性のない状態が一番楽しいという。私も、たたいて花火を打ち上げた時はすごく楽しかったですよ。あの楽しさを出してくれたのは、セガらしくない良さが感じられます(もちろん、褒め言葉)。Wiiが出てきたことで、ゲーム性というものが格段に広がったなあという感じをすごく持っています。
これがあれば、わたしの長年の夢だった「ピアノの鍵盤でギャラクシアンの敵を操作する」アレを再現できるような気がするんです。これは面白いんで、ぜひ売れてほしいなぁ。そして続編も出してほしいなり。

・レベル5
いつもゲームショーに行って思うんですが、私が持っている「ショー」というイメージに、ここがいちばん近い雰囲気を出してくれていると思ってます。今回も「クローズドシアター」なんて銘打って、本当に児自動でカーテンを閉めて外から見えない状態にしてから、二ノ国を紹介しちゃったりして。レイトン教授の有名人使いもよりハデになってますしね。話題をショーアップしているって感じですよねー。
ああ、二ノ国なんですけれども、あらゆるテイストが紛れもなくジブリ作品です。あのトンでもゲーム「忘れじのナウシカゲーム」の悪夢が、ついに潰える時がきたんですねえ。感慨深いです。
あ、多湖先生の著作全てを丸ごとゲーム化するんですって。レイトン教授でつかんだ客層をがっちりキープ! 地味ながらおいしく、かなりの販売本数が見込めそうな……って、ここの総括だけなんだか長いな。

・KDDI
ゲストに西川史子先生が来ててびっくり。しかし、突然のアクシデントで通信対戦が異常終了したのに二度びっくり。パワプロ未経験者に話題づくりだけでやらせてしまうKDDIの強引さにもびっくり。お金持ってるなあ。

・タイトー
南海キャンディーズの山ちゃんがゲストできて、これでもかとタイトーをアゲまくり、新作ゲームで笑いを取り、トークで笑いの渦を作り、最後の超簡単なぞなぞでも大いに盛り上げてくれました。すげー好感度があがってしまいました。山ちゃんサイコー! 

・バンダイナムコ
風のクロノアはいいですね、やってて楽しかったっすよ。それは多分、私が始めてWiiのコントローラーでゲームをやったから、という理由もあるのかもしれません。よく俺はこんな状態でプレスパスもらって参加できたなあ。

ところで、パンフを眺めていたら、Wiiの「ハッピーダンスコレクション」というタイトルが目に留まりました。Wiiリモコンを振りながら、曲に合わせてダンスをするというゲームなんですけれども、これね、私がかつて大ハマリした(ボーリング場で一晩踊り明かした)、『恋のパラパラ大作戦』とほとんど一緒のコンセプトなんですよ! 恋のパラパラ大作戦はパラパラのゲームでしてね、私のペンネームである「恋パラ支部長」の恋パラはそこから取ったくらいなんですよ。こういうゲームを待っていた! これはもうWiiを本体ごと買いますよ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/326-63227189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。