「全ファミ。」ブログ編

「どきどきすいこでん」を遊んでみた

 どきどきすいこでんは、アイレム恒例のエイプリルフールネタでアップされたフィクション企画。攻略可能なヒロインが108人という前代未聞の恋愛SLGという触れ込みで、よくもまあ108人分も設定を考えたものだ……と、笑いながらも感心した覚えがある。
 それを本当に作ってしまうのが、アイレムのすごいところ。まあ、もう1つのエイプリルフールネタだったみんなでスペランカーが配信される時点で、もしかしたらという思いはあったけれども。セガが何となく落ち着いてしまった印象のある昨今、おバカな方向でのゲームを期待できるのはアイレムだけなのかもしれない。
 肝心のゲーム内容に入ろう。何しろ攻略対象は108人。1人あたりのクリアまでに要する時間はせいぜい30分程度だ。しかし、すごいことに、各ヒロインごとに3つのエンディングを用意しているのだ。 どれだけ遊ばせてくれるんだアイレム! しかし、ここでアイレムは面白い仕掛けを用意していた。3つのエンディングのうち、グッドエンディングとバッドエンディングはわかる。が、もう1つのエンディングも「バッド」。ノーマルエンディングが存在しないのだ。2大ゲームシステムとうたわれている“愛の大波動”と“ラブドース”の2システムに失敗すると、別のバッドエンディングになってしまうのである。しかも、そのバッドさは並大抵ではない。ネタバレを防ぐため詳細は書かないが、恋愛SLGとは思えない、人の生き死にに踏み込んだものさえ出てくるのだ。気軽に遊び始めた人は衝撃さえ受けるだろう。
 しかし、それは不思議と悲しいものにならない。生き死にが軽いのではない。そこには、「人は如何に生き、如何に死ぬか」という力強いメッセージさえもが感じられる。おそらくは、北方水滸伝の影響だろう。「どきどきすいこでん」は、ただの人数あわせで108人になったのではない。恋愛SLGでありながら、水滸伝の精神までもを組み込んだのだ。これはアイレムだからこそ許される荒技である。仮にコナミが『幻想水滸伝』シリーズでこれをやってしまったら、大批判の嵐が巻き起こることだろう。
 本作は、いうなれば「ウソから出たマコト」だ。しかし、だからこそ、強い意志を持って“水滸伝”を組み込んだのだろう。108人もヒロインがいれば、「ステレオタイプばっかり」、「どっかで見たようなストーリー」という批判が巻き起こっても不思議はない。だが、そこに北方水滸伝の精神を組み込むことで、そういった批判を封じ込めつつ、ここにしかない「どきどき」を作り出すことに成功したのである。
 そう、タイトルの「どきどき」は、単なる「ときめき」の亜流ではない。恋愛SLGには味わえない、ほんもののドキドキがここにあるのだ。もちろん、“愛の大波動”と“ラブドース”システムが成功したときの、マシンガンのような告白トークも爆笑モノである。そして、サブタイトルの「ふりむいて1わたしがいるよ……」の意味が分かった時、あなたは涙を流すことだろう。
 ウソから出たマコトの素晴らしさ、ぜひみなさんにも味わってほしいものだ。

---------
ゲーム歴史if

もし『バンゲリングベイ』の操作方法が十字キーと合致していたら
もし光の勇者が竹やりでゾーマを倒してしまったとしたら
もしソニーが任天堂と一緒にプレイステーションを作っていたら
ファイナルファンタジーが文字通り“ファイナル”だったとしたら

コメント

恋愛SLGが円熟期に入って
「攻略キャラの人数をしぼる事で、キャラ一人々のストーリーを深く描く」
ADVorノベルタイプが主流になった頃、逆に
「攻略キャラの人数を増やし、プレイヤーキャラと攻略キャラの間だけでなく、
ノンプレイヤーキャラ同士の人間関係もシミュレートする事で、
定められたシナリオをなぞるのではない、まさしく恋愛をシミュレートする恋愛SLG」が
あっても良いのにって思ってました。
登場キャラ数三桁の恋愛SLGは、作るのが大変だから なかなか作られないのだと
分かってはいるんですが。 似た様なシステムのゲームばかりになるのが どうにも嫌なもので。
それにしても、アイレムって会社はスゴイですね!

  • 2008/10/06(月) 19:51:40 |
  • URL |
  • せんじゅ #TiimW1cM
  • [ 編集]

さすが、システム萌えのせんじゅさん。面白いこと考えますねえ。
私は悲劇的な未来を知っているプレイヤーが、それを防ぐべく行動を起こすのを考えていたんですが、
もういっぱい出てるんでよね。
キャラクターとプレイヤーをどう一つにするか、というのも研究が進んでいますよね。

まあ、それにしても108人はすごいですよ。私も一人一人のシナリオを解説しようかな。

  • 2008/10/06(月) 19:59:34 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/312-9fc8ee58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad