「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/9(木)、東京ゲームショーに出陣します/脳トレ以外で脳トレする話

この間、ゲームサイド編集部に打ち合わせへ行ってきた時の出来事。

「支部長がほしがっていたので、これ(参加許可証)渡しておきますね。

「ほしがってませんよ!」

ゲームサイド編集部が忙しいので、支部長が代わりに取材をしておいてください、という風に頼まれた。ならば、代わりに取材記事を書いてみよう。とかそんな感じで、ブログに書いておいてくださいよ」

と言われたので、やりとりをそのまま書いてみた。

山本編集長(通称:恐ろしい子)は、このように口先でライターや漫画家をコントロールする技術に長けている。先日、編集部でNES(Nintendo Entertainment System)の『Back to the future』をプレイしていたときも、「これはひどい。うん、ひどい。やっぱり当時、アメリカのゲームが日本のゲームに勝てないと言われていた理由がわかりますね」などと、まず事実をさらりと言って、その後に、「でもデロリアンだけは、どうなっているかみたいですよね!」などと興味があるかのように言い(実際にもあるんだろうが)、それを聞いたライターが「しょうがねぇなあ、いっちょやってやるか!」と思わざるを得ないように話を持っていくのだ。さすがは通称恐ろしい子。人心を手玉に取る技術がすばらしい。

とりあえず取材つうか販促物のうちわをもらいに行きますが、アイレムブースくらいしか行く用事がないような。
何か見たい情報とか知りたいがあれば、コメント欄に記載よろしくです。

---------
ところで、ウィキペディアにある川島隆太教授の項を読んでいると、こんなことが書いてある。

「学習療法」。毎日あるいは最低でも週3日以上、10分から20分ほど継続的に読み・書き・計算を反復学習することによって、非薬物療法として、認知症患者の脳の再活性化を促し、脳機能の改善、回復を促すという理論である。著書の中で音読・単純計算が脳を鍛えるなどと述べられている。
(中略)
2005年には、タッチペンを使って楽しく脳の活性化や脳年齢の測定ができるニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が任天堂より発売

この本作のヒットを受けて、二番煎じ三番煎じ……二十番煎じくらいが出てきたわけじゃないですか。
「こういうシリアスゲームばかりでは、日本のゲーム作りの技術が低下する」と桜井氏が述べたことに対して、シリアスゲームをシリアスじゃない方向で遊ぶことを前に書いてみたんですよね。

だいたい、ヒット作の後釜を狙って二番~二十番煎じを作ろうというのはなんだか寂しい話じゃないですか? ありがちな作戦ではあるけれども、エポックメイキングなゲームに対して、それの後追いで似たようにヒットしたゲームはそうそうない。柳の下にドジョウは二匹いないんです。(でも作られてしまうのは、エポックメイキングの一本を買った人狙いなんですよね。)
だから、考えかたを変えてみてはどうでしょう。「通常のゲームっぽく見えるんだけど、その実、川島教授の学習療法的効果が得られてしまうゲーム」という感じに。良質の謎解き要素のあるアクションなんかが該当しそうな気がするんですよね。ほら、謎が解けたとき、「わかった!」というあれ。茂木健一郎博士が言うところのアハ体験ですよ。
これは私の持論なんですけど、ゲームの謎解きで発生するひらめきというのは、脳のシナプスを活性化させる働きがあると思うんですよ。シナプス同士が結びつき、そこに電流が流れ、そして、『ロマサガ2』のごとく頭に電球が灯る。『ロマサガ2』でひらめきはなぜ気持ちいいのか? というのはいつか触れるとして、謎解きアクションといえば、我らがファミコンでは『ドラゴンズレア』、新しいところでは『GOWII』こと『ゴッドオブウォーII』でしょうか。
ただ、そういった良質の謎解きアクションは作るのがもの凄く難しい。年に数本あればいいほうなんじゃないでしょうか。
だから、我々ゲーマーが考えればいいんです。
つなり、「普通のゲームで、“ひらめき”を得るにはどうすればいいのか?」ということですね。
それを考えること自体がすでに脳トレですし、実際のプレイでシナプスを活性化させることができれば、それはもう立派な脳のトレーニングになると思うんですよね。
一番手っ取り早いのは、コントローラーは逆さ持ちかな。もしくは、右手で十字キー、左手でボタンを押す。慣れてきたら元の握りと交互にやることで、ますます脳が混乱し、それを乗り越えれば、かなりの脳トレになるはずですよ。決定ボタンとキャンセルボタンが逆になっているゲームや、Aボタンが攻撃、Bボタンがジャンプというゲームと、通常の操作体系のゲームを交互に遊ぶ、なんてのも脳がパニックになりそうでいいですよ。
全てを乗り越えて軽やかに操作できるようになった時、シナプスは間違いなく活性化してるんじゃないでしょうか。

---------
ゲームについて考える。

『ロマサガ2』のひらめきはなぜ電球なのか。
シリアスゲームをシリアスじゃない方向で遊ぶ
なぜ『ドラゴンクエスト』の勇者は常に前向きなのか?
音楽のない音ゲーは可能か?
ゲームを初めて遊ぶときしか出来ない三つの遊びかた
シューティングゲームとは何か? その2 ~シューティングゲーム因数分解~
脳トレ以外で脳トレする話

コメント

トラバは我がごった煮が制圧した!
ごめんなさい、調子乗ってすみません。

一部の変態シューターがやってる一人で2人プレイとかもアリなのかな?
プレイを見ただけで、自分は絶対無理と言えるレベルだったけど……

  • 2008/10/04(土) 17:41:18 |
  • URL |
  • 恭介 #-
  • [ 編集]

いやいや、どんどん調子に乗ってくださいなw

ありだと思いますよ。
ようは、「制作者が想定していない遊びかた」を行うことでゲーム性が深まり、そこに新たな刺激が加わるという話ですからね。
出来る出来ないというのはあんまり関係ないんです。

  • 2008/10/05(日) 19:13:58 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/308-2661a20a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。