「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『F1レース』で基本的なバグ出しをしよう その2

『F1レース』で基本的なバグ出しをしようの続き。

 『F1レース』でデバッグを始めたあなたは、あることを思いつく。
「ファミコンロッキー」でロッキーが行った“オーバーマッハ(音速越え)”を、実際にやってみようというのだ。
 ロッキーはAボタン(=アクセル)を秒間50連打することで、オーバーマッハを実現していた。
 しかし、あなたはそれができないことを知っている。
 たとえ秒間60フレーム判定のゲームであっても、50連打をしたところで、せいぜいONとOFFの切り替えが25回できるだけなのだ。
 そこで、あなたは別の方法を考える。
 時速496Km以上にスピードがあがらないのは、496Kmがスピードの上限に設定されているからだ。
 ならば、その上限を何らかの方法で突破すればいい。

 時速495Km近辺になったところでリセット……普通にリセット。
 上ボタン連打……何も起きない。
 ABボタン同時押し……特に変化なし。
 スタートボタンをタイミングよく押下……単なるポーズ。
 495Km→496Km→495Kmと小刻みなスピードアップ&ダウン……問題なし。
 Aボタンと方向キー下同時押し……LOW(低速)になってしまった。
 496Kmに達したと同時にAボタン連打……ロッキー、何にも起きないよ!

 あなたは意気消沈し、つい、アクセルを緩めてしまう。
 見る見るうちに速度が下がるフォーミュラカー。
 と、それを見ていたあなたは、あることを思いつく。
 時速496Kmに達した後、そのまま何もしないでスピードを落とせば何がが起こりそう!

 ───そして、あなたはバグを見つけることに成功した。

「やっぱりな。せっかく496Kmになったのに、スピードをこんな風に落とすプレイヤーはいない、なんて風に思ってたんだろうなぁ」
 気をよくしたあなたは、明日、自分の外付けコントローラーを持ってきて、1コンと外付けコントローラーの同時入力を試してみようと思っている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/280-78e63bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。