「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、竜王が勇者に勝つことができたなら

 今回は、これまでの考察に基づいて竜王が勇者に勝った後の世界を考えてみよう(言うまでもなく、どうやって勝ったのかが最大の問題であるが。ただ、勇者がパープリンすぎて城からかぎを使って出られなかったという設定だと手っ取り早いかもしれない。実際、そういうプレイヤーが身近にいたのだ。もちろん私ではない。私は竜王の城の隠し入り口の位置がわからなかっただけだ。……と、書きながらふと思う。竜王の玉座の後ろの床をきっちり閉めておけば、玉座を調べた勇者は風の流れを感じられず、竜王の元にたどりつけなかったのではないだろうか)。
 仇敵である勇者を破った竜王は、ラダトーム王へさらなる要求をした。ラダトーム城にある「太陽の石」の引き渡しである。竜王の島に渡るための虹の橋をかけさせないためには、太陽の石が必要不可欠なためだ。
 とはいうものの、その要求の程度はさほど強くなかったと考えられる。理由は二つ。そもそも、その時点で仇敵の勇者を破っており、竜王の島に渡られる心配がなかったこと。もう一つは、ゾーマ時代にオルテガが竜王の島(当時はゾーマの島だが)へ泳いで渡ったことを、竜王は知っていたのではないか、ということである。だからこそ、勇者が健在だった頃、虹の橋をかけるための"あまぐものつえ"を奪うことなく、半ば放置に近い状態にしていたのではないだろうか。
 また、竜王は、ドムドーラ以外の街を攻略すべく兵力を送り込んでいった。まず最初に狙ったのは温泉街のマイラである(……普通ならば、竜王の居城近くにある街から狙うと考えるだろう。が、やはり竜王はファンタジー世界の住人であり、人外の存在である。ゆえに、人間の理にかなわない行動を取ってほしいという気持ちが強い)。狙いはもちろん、ようせいのふえ。要塞都市メルキドを守るゴーレムをどうしても倒したかったのだろう。「自分に倒せないモンスターがいる」という事実は、魔王と呼ばれた竜王のプライドが許さなかったに違いない。
 竜王自身は光の玉の影響で居城から出られないものの、竜王の意を受けた竜王軍は街を次々と陥落させていった。竜王をあれほど苦しめた勇者のゲリラ戦法がなければ、戦力の集中はたやすかったことだろう。むしろ、勇者を破ったことで、はじめて竜王の配下が「軍」と呼ぶにふさわしい動きをすることができるようになったと言えるかもしれない。ゲリラ戦の巧者(と、おそらくはラダトーム軍の目に見えないバックアップ)と競り合う中で、竜王の用兵術、組織運営力は格段に向上したはずだからである。
 数年後、ついに竜王はラダトーム城を陥落させる。時間がかかったのは、ラダトーム城が地形的にもっとも竜王の城から遠く、戦力を整えられなかったことと、ローラ姫を人質として使わなかった(使えなかった)からだと思われる。
(以下は余談である。なぜ竜王はローラ姫を居城から離れた洞窟に置いたり、人質として交渉の材料に使わなかったのだろうか。その理由は「おうじょのあい」にありそうだ。おうじょのあいは、レベルアップまでの経験値を教えてくれたり、ラダトーム城までの距離を教えてくれる。"愛"だけでその威力である。ローラ本人の能力たるや、絶対可憐チルドレン並みの超能力であったかもしれない。通常の能力をはるかに超えたローラの能力を、竜王は危険視したのではないだろうか。あるいはローラ姫の"愛"に感化されるのを恐れたのかもしれない。そう考えると、竜王は意外とロマンチストである。「こんなに苦しいならば、愛などいらぬ!」という心境だろうか)
 竜王は、光の玉とともにラダトーム城へと移動した。それにより、ラダトーム城の近辺に強力なモンスターを配置すると共に、アレフガルド全域を完全に支配下におくことができたのである。
 その後、竜王が取りうる道は2つある。ゾーマ時代の再現を目指し、アレフガルドに闇の世界を取り戻すか。あるいはシドーのように、光と共存しながら自らの力をつけていくか。しかし、母の形見である光の玉を持ち続けたままでは、いずれの道も厳しいだろう。竜王が大きな力をつければつけるほど、光の玉の「大きな力を抑えようとする」力もまた強く働くのだから。
 私は、シドーの先駆けとなるべく海を越えていく竜王も見てみたいが、闇の力の復興を目指す竜王により強い魅力を感じる。ギアガの大穴が閉じられることで光の世界が訪れたように、中空のギアガの大穴を再びこじ開け、逆説的に闇の世界を目指そうとする、その姿に。

---------
世界観について
モンスターが集団で勇者を襲わない理由
ラダトーム城近辺の敵が弱い理由
竜王は、まほうのかぎを使いこなせば勝てていた
モンスターたちが一定の地域に留まっている理由
竜王とモンスターたちの関係を維持するモノ
ドムドーラが滅んだわけ
竜王時代のモンスターがゾーマ時代のモンスターよりも弱い理由
ゾーマ時代から竜王時代になって、使える呪文の数が減った理由
竜王が竜王の城から出られない理由
もし、竜王が勇者に勝つことができたなら
アレフガルドの戦いは、コップの中の争いだった

システム面について
『ドラゴンクエスト』で発想の転換をしてみる
RPGというシステムでは、竜王は勇者に勝ち目がない
続・RPGというシステムでは、竜王は勇者に勝ち目がない

おまけ・ドラゴンクエストの遊びかたについて
ドラゴンクエスト100の世界の遊びかた

コメント

う~ん、竜王が勇者に勝った後の世界ですか。
そもそも竜王って 何の為に世界征服しようとしていたんでしょうか?
人間が現れる前の世界では 竜族が世界を支配していたから、
かつての栄光と繁栄を取り戻そうとした…とかなんでしょうか。
そうだとしたら、竜族を頂点としたモンスターの社会を
全世界に構築しようとするかもしれませんね。(竜族にとっては ただの良い王様?)
家臣?のモンスターに与える報奨とかは大丈夫なんでしょうか。
充分な報奨が用意できなくて反乱が起きたりする事もあるかもしれません。

  • 2008/09/17(水) 20:04:26 |
  • URL |
  • せんじゅ #TiimW1cM
  • [ 編集]

>何をのために征服しようとしていたか
これ、今後のオタノシミということでw
そうなんですよ、世界を征服するには資金力や組織力がすごく重要になってきますよね。

  • 2008/09/17(水) 22:50:14 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

「世界の半分をやろう」でもらえるのが闇の世界(FC版)なので、竜王は闇の世界を手に入れたいとは思ってなさそう。

>ギアガの大穴が閉じられることで光の世界が訪れた
これが逆で、「光の世界が訪れたからギアガの大穴が閉じた」だとしたら。
実はギアガの大穴を開けるためにアレフガルドを闇の世界にしようとしたとか。そして自分は実家に帰る(笑)

  • 2008/09/18(木) 13:17:06 |
  • URL |
  • 道端 #czOdxWI2
  • [ 編集]

>充分な報奨が用意できなくて反乱が起きたりする事もあるかもしれません。
モンスターを倒せば金を持ってる事を考えればその心配はまずない。

  • 2008/09/18(木) 17:00:20 |
  • URL |
  • ファミっ子さん #-
  • [ 編集]

>>充分な報奨が用意できなくて反乱が起きたりする事もあるかもしれません。
>モンスターを倒せば金を持ってる事を考えればその心配はまずない。
モンスターにとって、人間の使っているゴールドに
〈人間にとっての貨幣〉と同じ様な価値があるんでしょうか?
わたしはずっと、ドラゴンが金貨でお買い物 みたいな事をしているとは思えなかったので、
モンスターがゴールドを持っているのは
「綺麗だから集めている」という程度の理由だと考えていたんです。
小さい子が ビー玉や王冠(例えが古すぎですね)を集める様なもので、
別にモンスターの社会で役に立つから持っているわけじゃないのだと。
だから、モンスターにとって 戦争に勝ってもらえる報奨としての価値の有る物は
一体何なのだろう?と思うんです。 土地とか地位くらいしか思い付かないですが。

  • 2008/09/18(木) 21:40:00 |
  • URL |
  • せんじゅ #TiimW1cM
  • [ 編集]

>そもそも竜王って 何の為に世界征服しようとしていたんでしょうか?
シドーに唆されたって設定じゃなかったっけ?

  • 2008/09/18(木) 23:11:46 |
  • URL |
  • いくす #EBUSheBA
  • [ 編集]

>道端さん
おいしいネタを披露してもらい、ありがとうございます(笑) それは考えもしなかったですねえ。

>せんじゅさん
うん、今度のテーマは「竜王軍」について書こうと思っていたんですよ。
お金のことはあんまり考えてなかったので、これから知恵をしぼりまする。

  • 2008/09/18(木) 23:12:21 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

>いくすさん
まあそれはこれから考えていきますよー。

  • 2008/09/18(木) 23:15:38 |
  • URL |
  • 支部長 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/256-4c80aacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。