「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームライターにありがちなこと

・『アイアムアティーチャー手あみのきそ』を記事に書くことになり、実際にセーターを編み上げなければ記事にならないし素材もそろわないので、正月返上で編み続けてしまう
・セーターを編んだのはいいものの、「支部長、セーターの写真はそちらで撮影してもらっていいですか?」「いいですよ」とあっさりと答えたのはいいものの、実際にデジカメで写真を撮っておくったところ、「ちょっと暗いので、もう少し明るくしてもらっていいですか?」と言われ、泣く泣く撮影用のライトを購入したものの、毛糸代とライト代をあわせると原稿料を超えてしまい、発狂してしまう
・名刺に「ファミプロ」と印刷したのはいいが、「ファミプロって何ですか?」と聞かれたときに毎回毎回「ファミコンロッキーっていう漫画にファミコンで年収一億円稼ぐファミプロっていう職業がありまして、それに憧れてファミプロになったんですよ。というわけで、ファミコンをマニアックに遊んで記事を書く仕事なんですよ~」と説明するのがだんだんと面倒になってきたので、「ファミプロ・ゲームライター」と並べて印刷するようにしてしまう
・毎回毎回、打ち合わせでやりたいアイデアをボツにされるので一計を案じ、「やりたいネタを最初に言わず、時間切れぎりぎりまで2番目、3番目のアイデアで時間をつぶし、最後の最後にイチオシのネタを出すことで、自分のアイデアを通すようにしてしまう
・しかしそれをブログに書いてしまい、編集部も見ていることからネタバレし、そのテクニックが使えなくなってしまい、「新たなテクニック発掘が望まれる……」などと自分自身にナレーションをつけてしまう
・「ところで支部長、“ガロ”に支部長っていう人がいるんですね。で、支部長も支部長じゃないですか。何か区別できるような名前にしませんか?」「いいですよ」と安請け合いし、「この間24時間ボーリング場で男2人で遊んだ『恋のパラパラ大作戦』が面白かったんだよなー。よし、略して恋パラをくっつけて恋パラ支部長にしてしまおう!」とその場のノリで決断してしまう
・「今回の夏祭りで無料の特別編を配布するんですけどページが埋まらないんですよ。なんか書いてくれません?」「えー、時間ないっすよ」「じゃあ、あの“ドラゴンクエスト”ネタを貸してもらうってことで」「原稿料は出るんですか?」「……無料の特別編なのでトマトラーメン一杯で」「ぎゃふん!」というようなやりとりをしてしまう
・「今回ここの記事が埋まらないんで、電話インタビューという形で記事をあげてもいいですか?」「いいっすよ。でもプロフィールは私が書いたんですから、その分の原稿料はもらいますよ?」「じゃあベビースター3袋で」「ファイナルぎゃふーん!」というようなやりとりをしてしまう
・でもベビースター3袋の件を今の今まで忘れてしまう
・「今後ネットで動画を配信するんですよ。んで、例の『ディグダグ』全堀り動画をあげたいんですけどいいですか?」「構わないっすよ」というような安請け合いをしてしまい、「支部長、また動画のネタないですか?」「じゃあ『ギャラクシアン』居合い撃ちでいきますか。でも記事と連動がいいなあ」「ネット連動だとあんまりよくないんですよ」と言われ、例によってトマトラーメン一杯で原稿料が支払われてしまう
・ライターさんとのやりとりで「あの動画とかってお金もらってるんですか?」「いいえ、トマトラーメン一杯ですよ」「またまた、冗談を」「いや、マジっすよ。ただのサービスなんです。うはは」と答え、絶句されてしまう
・自分が企画、監修する“Wiiで「遊べない」ファミコン特集”をすることになり、マニアックなタイトルをピックアップして編集部に送ったところ、案の定、半分以上のタイトルが差し替えられてしまう
・「このゲームを誰も記事を書いてくれないんですよ」「んー、じゃあいいですよ、書きましょう」「ありがとうございます! この記事は1/3ページですんで」と言われて始めたが、面白いのでついつい最後まで遊んでしまう
・「まあ最後まで遊んでから書くのがポリシーだしなぁ……。ただ、時給換算すると横島君の時給を下回るな……あまりの安さに全米が泣いたッ」などと痛感してしまう
・「だがそれがいい。全米が泣いた、それを俺のキャッチフレーズにしてやろうじゃないか!」ということで、記事の紹介文に「全米が泣いた」と入るのがデフォルトになってしまう
・もちろんただのキャッチフレーズではなく、『ドラゴンズレア』で50時間ほどプレイしてみたり、『魔界村』でレッドアリーマーを1面ボスまで連れて行くプレイに27時間ほどかけたりしてしまう
・編集部主催の飲み会やイベントなどの後にライター同士が集まると、なぜかその後に必ず企画会議が始まってしまう
・「今度、秋葉原でゲームイベントが行われるんですよ。ゲストで出てくれません?」「いっすよー」「ギャラはココイチのカレーで」「構いませんよw」などというやりとりをしてイベントに出たら、それがヤフーの記事になってしまう
・「11月3日はゲームレジェンドに編集部が初参加なんですね」「もちろん支部長は出てくれるんですよね?」「いっすよ、目印代わりにw」というようなやりとりをしてしまう
・「単行本が出るまでッ! 俺はッ! ブログの更新をやめないッ!!」などと決意をしてしまう


---------
 ゲームバカ学生にありがちなこと
 ゲームデバッガーにありがちなこと
 ゲーム開発現場にありがちなこと
 ゲームコレクターにありがちなこと
 ゲームサイト運営者にありがちなこと
 ゲームマニアにありがちなこと 
 ゲームマニアにありがちなこと その2 
 ファミコンで稼ぐ仕事にありがちなこと
 ゲームライターにありがちなこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/246-416c3605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。