「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫禁城

 倉庫番系のパズルゲーム。キャラクターを操作して画面上の麻雀牌を動かしつつ、ゴールまでたどり着かせることが目的。全150面でパスワードを採用している。
 押すことしかできない麻雀牌を動かし、同種の牌にくっつけると消えることがゲームシステムの基本。また、動かすことが出来ない牌に牌をくっつけてしまうと、その牌も動かない牌になる。これらのルールを元にして、牌の移動・消去に頭を使わせるゲーム性になっている。
 基本システムに加えて、ゲーム中のいつでも使用できる、”1手~5手前まで戻す”、”面の最初からやり直す”という機能が用意されている。そのため、気軽に色々な動かし方を試すことができ、気持ちよくプレイすることができる。なかには、何回かやり直させることを前提に作成したと思われる面もあるが、やり直しに苦痛を伴わない分、サポート機能さえもゲームに組み込んでしまう貪欲さを評価したい。
 ゲーム序盤は、出口に向かって進みながら牌を消していけば自然に解ける面が多いが、後半に”このタイプは簡単に解けていた”というプレイヤーの記憶を逆手に取った面が登場し、制作者の思惑通りにハメられてしまうこともある。また、”急がば回れ”を地で行く面があるかと思えば、その直後に”善は急げ”の面が設置されていたり、画面いっぱいに牌が置かれている面とほとんどない面が交互に登場するなど、制作者が150種類の面が持つ意味を把握した上でゲームデザインしているため、プレイヤーが飽きたり疲れたり、ということが少ないように思われる。
 この作品には、基本ルールと関連性がない独特の特殊ルールが数多く付け加えられている。それらの特殊ルールは、前触れもなくいきなりゲームに登場し、面をクリアするための最後の鍵となる部分に組み込まれていることもある。とはいえ、基本システムがしっかりしていることと、いつでもやり直し機能があることのおかげで嫌みな感じは受けず、「なるほどそう来たか」と思わず微苦笑させられてしまう。
 完成されたシステムをきちんと把握して使いこなされており、また、新しいアイデアと素晴らしいサポート機能が加味された良作といえる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/221-8dacd82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。