「全ファミ。」ブログ編

キャデラック

 テトリスの流れを汲む落ちものパズル系ポーカー。全10ラウンドで、対戦モードも用意されている。画面上部から一枚ずつ落ちてくるカードを使い、5×5のスペースのなかへ上下または左右にカードを並べてポーカーの役をつくり、カードを消していく。AからKまでの13枚×4種類の全52枚を消すとラウンドクリアとなる。
 ポーカーの役として、フラッシュ(3枚~5枚)、ストレート(3枚~5枚)、ストレートフラッシュ(3枚~5枚)、スリーカード、フォーカード、ロイヤルストレートフラッシュが用意されており、この順で得点が高くなっていく。役を作ることがメインなため、ぷよぷよ(コンパイル、ファミコン版の発売は徳間書店)以降の落ちものパズルに採用されることが多い連鎖消し(画面上のブロックなどを組み合わせ、連続して消し去ることで点数が上がるシステム)は採用されていない。
 この作品は、カジノで金を賭けて勝負をする、というイメージでルールが作られている。その
ため、各ラウンド開始時にアンティ(賭け金)として持ち点を支払ったり、ラウンド終了時にカードが消えないで残っているとペナルティーとして持ち点が減らされるなど、持ち点=持ち金がなくなればゲームオーバーになってしまう。
 ラウンドのクリア条件となるカード全消しを実現するには、落ちてくるカードに応じて役をつくるだけではなく、消したカードを覚えておき、全てのカードを使い切れる役を臨機応変につくっていかなかればならない。
 しかし、その方法はあまりにも難しいため、とある法則を使って全消しを狙うことになる。ただ、その法則は、高得点をとれる役と相性がとても悪く、またちょっとしたミスや落ちてくるカードの順番の不都合で失敗してしまうくらいに弾力性がないため、ペナルティーやアンティで持ち点がどんどん減っていくという、かなり厳しいゲーム性になっている。
 結果として、序盤で高い役をつくってオールクリアまでゲームを継続できるくらいの持ち点を稼いでから、全消しの法則を実行していくだけという、バランス調整ができていないRPGのようなゲームになってしまっている。
 二人プレイモードは、ワンペアでも役とみなされるようになり、また、カードが5×5からあふれてしまっても一番下のラインが消えるシステムが採用されたため、「自分だけが役をつくり、相手に役を作らせない」という部分に集中することができ、楽しめる仕上がりになっている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/219-9edb6671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad