「全ファミ。」ブログ編

わき道で遊んだり、制作者の裏をかいたりしてるだけなんです。

みなさんから「100の世界の遊びかた」へリンクしていただくコメントを見ていますと、「制限プレイ」「縛り」「やりこみ」などのコメントが多いんですよね。でも、私自身はそういう感覚はないですし、できるだけそこから離れたいんですね。
「ムダ、ムラ、ムチャ」を追求したりとか、制作者が考えもしなかったことをしたりだとか、流行の逆をいったりとか、「全米を泣かし」たりとか、ファミプロの掟を忘れずに、これからもネタ方面に特化していきたいと思ってます。
それを最も実現できているのが、「ディグダグ全掘り」ですかねー。「魔飼村」や「ギャラクシアン居合い撃ち」は大道芸という位置づけがいいのかもしれません。

───
ファミプロの掟はこんな感じです。

●どんなゲームでも楽しむ
自分の不得手なジャンルを作らない。食わず嫌いをしない。ゲームに冷ややかな接し方をしない。どんなゲームでも、にっこり笑って認めることが大切だ。

●どんなゲームでも「つまらない」といわない
いったんゲームが売られた以上、それは「完成品」である。バランスが悪かろうが作りこみが甘かろうが、「面白さ」を引き出すような遊び方を考え、実践すること。
ゲームが面白くないと感じたら、ファミプロとしての技量が足りないということである。

●バグを活用する
完成品に組み込まれている以上、バグもゲーム性の一つである。制作者の意図していない要素であることが多くから、ゲームにひねりを加えるときに使うこと。

●ゲームは最低でも一日一時間
高橋名人の教えは子供に対するものである。ファミプロは、どんなに忙しくともゲームを怠ってはならない。

●モニターの奥にいる制作者を意識する
堀井雄二氏は「モニターの向こう側にいる遊び手を意識してゲームを作る」ことをモットーにしている。ファミプロは、制作者を意識し、彼らの意図を見抜かなければならない。もちろん、それによってゲームがつまらなくなってはならない。全てはゲームを楽しむためである。

●観客を常に意識する
自らのプレイを観客に見せる商売である以上、自分が楽しんでいるだけではプロと言えない。常に新しいゲームの遊びかたを考え、観客に驚きを提供すること。

●中だるみ、倦怠期を活用すべし
どんな面白いゲームでも飽きがくる。が、それこそチャンスである。従来の遊びかたと違う遊びかたを考え出し、実行する絶好の機会なのだ。
 
●ゲームを遊ばず、ゲームで遊ぶ
ゲームだけにのめりこむと、見えるものも見えなくなってしまう。ゲームとゲームを取り巻くもの全てを使いこなして遊ぶこと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/197-7f6bf610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad