「全ファミ。」ブログ編

やりこみ要素?

コンビニで売られてたゲーム雑誌をチラ見したんです。するとですな、ゲーム紹介のところに「ゲーム終了まで、やりこみ要素を含めて○○時間」みたいなことが書いてあったんですよ。

やりこみ要素って何ですか? 

ゲーム業界の端くれにいる人間ですから、言わんとすることはわかりますよ。でも、やりこみ要素なんて、そんなものは本来メーカーがセールスポイントとして謳うものじゃないし、ゲーム雑誌がゲームに対して言う言葉でもないでしょ。ゲームを遊んだプレイヤーが、そのゲームを好きだから、面白く思うから、遊びまくって遊びこんで、その行為を称して「やりこみ」って言うんじゃないんですか? 

でも、「やりこみ要素」って言葉が普通になったのは、遊ぶ側の意識の変化もあると思うんですよね。たとえば低レベルクリアとか、全てのアイテムを入手するだとか、ゲームの中の遊びかた一つ一つを追求したり極めることを、「やりこむ」っていう言葉で表現しちゃっているわけですからね。

言葉は動いていて、時代とともに移り変わるものです。ただ、私は「やりこみ」という言葉を昔の意味でしか使わないようにします。やっぱりファミプロですからね、時代錯誤上等ッスw

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/126-76cecd70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad