「全ファミ。」ブログ編

変形ルール麻雀26選

追加してほしいルールがあればブログのコメントかツイッターへドゾー。すでにあるものも「既存枠」として記載していきます。

1.オープン配牌麻雀
牌が配られた時に牌をオープンしておく。新たにツモってきた牌は見せなくてもよい。さまざまなひっかけが使えて面白い。

2.壁牌オープン麻雀
壁牌の1段目がオープンされている麻雀。いつ何をツモってくるかすぐにわかる。

3.忍び麻雀
チー、ポン、カンしたとき、自分の牌は裏返しでよい。場に100点棒を支払うことで、牌を伏せて捨ててよい(アガった人が全回収)。12巡目終了時までに「抜け」を宣言したとき、その局で自分がアガれば親なら2000オール、子なら2000、1000点をさらにもらえる。ただし、あがられた場合は跳満分を上乗せして支払う。

4.投資麻雀
以下がリスト表示された投資ボードを全員に配る。

・すべての役
・ツモアガり
・ロンアガり
・流し満貫アガり

自分のツモ番時、1000点棒を投資ボードのいずれかの欄においてよい。1000点棒をかけている手でアガったとき、1000点棒1本につき1翻が上乗せされる。(流局で投資ボードから1000点棒を戻す)。なお、他家の投資ボードに1000点棒を1本まで投資できる。「○○アガり」に投資している場合はアガりの2割をもらえ、特定の役に投資しているとアガりの半分をその人から受け取ることができる。

5.特殊能力麻雀
対局前に特殊能力が書かれたカードが配られ、各人はその能力を使って麻雀ができる。

特殊能力の例
シャア専用:ツモやロンであがった時、あがり点が通常の3倍になる。他人に対して振り込むと6倍支払う。また、西の刻子が1翻つく。「当たらなければどうということはない!

怒り頂点也:他家がツモや自分が絡まないロンあがりすると1000点、自分が振り込むと3000点を場におく。4000点以上が場にあるとき怒りが頂点に達し、アガると点が4倍になる。怒り時間は2局分持続し、2局終了すると、怒り点はクリアされ、自分の得点に戻る。

牌交換:配牌直後、1牌につき500点を支払うことで、牌壁の牌と交換してよい。一度交換した牌は交換不可。

麻雀忍者カムイ:捨て牌時、100点棒を場に払う(捨てる)ことで、その捨て牌を伏せておいてよい。

6.役予想麻雀
共通の場として30000点を用意する。
また、以下それぞれに当たり時の払い戻し倍率を記したボードを掲示する。
配牌後、各人はボードに対して点棒を好きなだけ賭けてよい。終局時、通常の支払いとは別に、ボードの条件が成立したとき、その点数を共通の場からもらう。当たらなかった時は共通の場におさめる。

・すべての役
・役の組み合わせいくつか
・流局
・参加者の名前

7.コンビ打ち麻雀
8-1.対局前に2チームにわけ、チームの仲間同士が対面に座って対局する。ただし、チームの仲間に対して役や牌に関するヒントや助言をしてはならない。
8-2.2人打ち麻雀。対面同士を一人で受け持ち、麻雀する。

8.ツミコミ麻雀
配牌後、各人が壁牌から20牌を取り、それぞれで確認後、自分の好きな順番でツミコんだあと、自分の前に伏せておく。その20牌は自分専用の牌山となり、他人はそこからツモることはできない。ワンパイをのぞく残り牌は通常の壁山となり、自分専用の壁山か共通の壁山のいずれかからツモることができる。

9.ネゴ麻雀
牌をツモった後、捨て牌する前に他家と交渉して手牌1枚と誰かの手牌1枚を交換してもよい。自分の手番では交換は1回のみできる。交換時、点棒を追加して支払うなどの条件を自由につけてもよい。

10.オープン1翻麻雀
自分のツモ番において、手牌の中から刻子か順子をオープンしてよい。牌3つがオープンされている状態でアガった場合、1翻が上乗せされる。オープンしている牌を入れ替えすることはできない。
 
■ボードゲームファン向け
1.ダウト麻雀
大ヒット企画。ダウトが宣言できるタイミングを増やし中。

2.ステ振り麻雀
自分のツモ番時(牌をツモる前)、各自に配られたステータス表に100点棒を1本ずつ合計5本までおいてよい。
100点棒がおかれたステータスは、対局中に様々な能力を発揮する。なお、ステ振りは「ステータス割り振り」の略。

攻撃(2本まで):アガリ時に点棒の本数分の翻がつく
防御(2本まで):他人にアガられたとき、本数×500点分、支払い点を引き下げできる
フリーチー:誰からでもチーができるようになる
ドラ捨て(3本まで):点棒をおくたびに、表示されている王牌(ワンパイ)へ牌を捨ててもよい。交換したワンパイは自分の場に捨てる。
メンタンピン(2本まで):メンタンピンのいずれかであがると本数分の翻があがる。門前清、タンヤオ、ピンフが重なっていても効果は重複しない。
ヤオチュー牌(2本まで):ヤオチュー牌(一九字牌)が絡む役でアガった場合、本数分の翻をくわえる。字牌の絡む役が重複していても効果は重複しない。
鳴き無効:自分の捨て牌に対して、チー、ポン、カン、ロン宣言させなくなる。2本おいた時に効力を発揮する。
流局ボーナス(3本まで):流局したとき、テンパイ/ノーテンの支払いが終わった後、ボーナスにおいている点棒の本数×1000点を全員からもらえる
配牌オープン:1巡目、自分のツモ番で牌をツモる前に点棒をおき、手牌を全員に公開してそのまま打ち続ける。あなたがアガったとき、4翻が上乗せされる(鳴きを含むアガりは2翻上乗せ)。新たにツモってきた牌は見せなくてもよい。
真・おっかけリーチ:誰かがリーチをかけている状態で点棒をおくと、アガり時にさらに1翻つく。真・おっかけリーチの効力は累積するため、3番目の真・おっかけリーチでは2翻、4番目の真・おっかけリーチでは3翻がさらに追加される。

3.競り麻雀
壁牌から16牌をオープンして場におく。親からツモりたい牌に対して100点棒を支払い、仮ヅモする。1巡後、別の牌を仮ヅモするか仮ヅモした牌を横にして、ツモを確定させる。仮ヅモ状態の牌に対し、100点棒を1本上乗せして支払うことで、仮ヅモの牌を自分の仮ヅモにしてもよい。その牌をさらに別の人が仮ヅモしたい場合、さらに点棒を1本上乗せして支払うことで、仮ヅモにできる。
支払った点棒は共通場の点棒となり、誰のものでもなくなる。

4.マストフォロー麻雀
捨て牌持、親が捨てた牌の種類(萬子、索子、筒子、字牌)にあわせて牌を捨てなければならない(リーチ後の捨て牌はのぞく)。ない場合は別の牌を捨ててよい。フォローが1巡するまでは、途中で違う種類の牌が捨てられても親が捨てた牌をフォローしなければならない。チー、カン、ポンが発生した時、その人がマストフォローでの親となる。

5.大怪獣麻雀
1巡ごとに半径5センチの大怪獣ルーレットをまわし、大怪獣はルーレットの出た指示に従った行動を行う。大怪獣の効果を受けたくない場合、自分のツモ番に1000点棒を共有の場に払う。すると、その巡では効果の対象外になる。なお、その点棒は使い捨てになり、戻ってこない。

ドーム壊滅(15%):チー、カン、ポン、ドラ、捨て牌に見えている一筒がすべて廃棄され、この対局では存在しないものとして扱う。チーしている場合、チーに使っている二筒、三筒も廃棄扱いとなる。少牌でも罰符扱いにはならない。
タワー襲撃(15%):チー、カン、ポン、ドラ、捨て牌に見えている三索がすべて廃棄され、この対局では存在しないものとして扱う。三索をチーしている場合、チーに使っている牌も廃棄扱いとなる。少牌でも罰符扱いにはならない。
長城襲撃(8%):壁牌が6枚廃棄される。廃棄された牌は公開された後、誰も使えない牌となる。
夢の島襲撃(8%):全員の捨て牌が廃棄される。
地軸襲撃(5%):次の巡からツモ番が逆転する。
大富豪襲撃(4%):その時点でもっとも得点の高い人から、3000点を廃棄する。
さらなる大怪獣出現(3%):大怪獣の興味が新たなる大怪獣に向かい、それ以降は大怪獣ルーレットは回されない。
オキシジェンデストロイヤー開発(30%):大怪獣に対抗できるオキシジェンデストロイヤーが開発され、何もおきない。
人的被害(東):次の1巡では東家はツモや鳴きができなくなる。
人的被害(南):次の1巡では南家はツモや鳴きができなくなる。
人的被害(西):次の1巡では西家はツモや鳴きができなくなる。
人的被害(北):次の1巡では北家はツモや鳴きができなくなる。

なお、一索がチー、ポン、カン、捨て牌にある場合、ルーレットを回す代わりにその一索が廃棄される。一索が複数ある場合、上家側から1枚を捨てる。

大怪獣ルーレット

6.パニハイ麻雀
1.自分の手番で牌をツモった後、他家のチー、ポン、カンを構成する牌1つか捨て牌1つを指定して、自分の手牌から数牌1枚を伏せて出す(攻撃側と呼称する)。出された側(防御側と呼称する)は、パスするか数牌を伏せて出す。お互いの牌をオープンして数字の大きいほうが勝利する(イコールであれば防御側の勝ち)。ただし、9は1に負ける。
攻撃側が勝利した場合、指定した牌を手牌にくわえることができ、出した牌は手牌に戻る。防御側が負けた場合、勝負に用いた牌は手牌に戻り、チーやポンを構成していた牌も手牌に戻る。カンから牌を一つ奪われた場合は刻子(ポン)扱いになる。
攻撃側が負けた場合、手牌は捨て牌になり、少牌のままで麻雀を続けることになる。
なお、多牌状態になった場合は13牌になるまで牌を捨てなければならない。

2.自分の手番で牌をツモった前、河に捨ててある自分の字牌3つをこの対局から除外することで、特殊能力を発揮することができる。これらの特殊能力を発揮した後に多牌状態になった場合、13牌になるまで牌を捨てなければならない。

・東南西北から捨てはじめての3つ捨て:引き抜き
 誰かの手牌からランダムに牌1つを引き抜き、自分のものにしてよい。

・白から捨てはじめての3つ捨て:妨害工作
 誰かの手牌からランダムに牌2つを引き抜き、捨て牌としてよい。その捨て牌に対して他家はチー、ポン、カン、ロンなどが可能。 

・発を2枚捨ててからの計3つ捨て:諜報活動
 誰かの手牌を全て見て、牌1つを捨て牌としてよい。その捨て牌に対して他家はチー、ポン、カン、ロンなどが可能。 

・白発中と3つ捨てる:アジ
 他家全員の手牌から牌を1つずつ奪ってよい。

7.世界の七不思議麻雀
1.【検討中】配牌前、各自に文明ボードを配る。文明には刻子や順子などの形が記されたスペースが用意されており、対局中にその形を満たすことで、特殊な能力を得ることができる。
 
インダス文明 
 レベル1 ゼロの発見:手牌から数牌の1、2をオープンする。すると、0を発見したことになり、チャンタとして扱う。

2.親は3牌をツモり、その3牌と手牌の1つを交換してもよい。その後、手牌から牌をひとつ選び、あわせて4牌を伏せた状態で下家に回す。下家も同じことを繰り返す。こうして4牌が全員に回された後、下家にツモ番がうつる。これ以降は、4牌をツモって同じ処理を行う。
3.上家もしくは下家のチー、ポン、カンの牌1つに対して「借り」を宣言して、1000点棒を支払う。借りた牌は、その時に自分でチー、ポン、カンするための牌として扱ってよい。「借り」でのチーポンでは捨て牌はせず、下家に次のツモ番が移る。

8.リバーシ麻雀
自分の捨て牌もしくは他人の捨て牌に対し、「一筒」「二索」と並んでいる状態で「一筒」もしくは「三筒」など、ポンやチーが成立するように捨て牌すると、自分が「ポン」「チー」と鳴いたように扱ってよい。この場合、自分の手牌から牌を3つ切る。なお、カンが成立する場合にも有効となる。

■ちょい足しで楽しいルールいろいろ
フリテンくんルール
フリテンであがると本来の役に1翻がつく

タイムボカン麻雀
過去の捨て牌からチー、ポン、カンしてよい(それぞれ、ボチー、ボン、ボカンと発言する)。アガリ時は1翻低くなるが、タイムボカン状態で他家にアガられた場合、お仕置きとして19600点をアガった人に払う。

リサイクル麻雀
自分の捨てた牌から3つを使い、順子、刻子として役に組み込んでよい。ただし、食い扱いとして1翻低くなり、また、食いが無効の役は成り立たない。

過去リーチ
過去リーチを宣言すると、通常リーチのほかに、次の自分の手番にて、他家の過去の捨て牌でアガることができる(1翻低くなる)。なお、過去リーチを宣言されたとき、他家は捨て牌のうち6枚を伏せてよい。

インフレ麻雀
誰かがポン、チー、リーチしたとき、ドラが1枚めくられる

輪廻麻雀
数牌の9と1は順子として扱う。

ブラックザンク
ツモった時にそれが数牌であるとき、ブラックザンクを宣言してさらにツモってもよい。合計21になるまでツモれるが、途中でオーバーするか、字牌が出ると失敗。ツモった牌はすべて山に戻り、ツモ番が飛ばされる。

ドラ非表示/投稿
ドラ表示牌を明示せず、山に残ってある牌をどれでも開けてよい(アガったあとにのみ)

ドラ抜き取り/投稿
ドラは上がった人以外の手牌から抜き取ることができる(アガったあとにのみ)

王牌なし/投稿
ドラを開けず、王牌の位置までツモり倒せる。王牌の位置で和了したら一飜追加。

ドボンルール/投稿
ルール自体はノーマルだが1000点持ち。

■コンピュータ麻雀専用ルール
愛が足りない麻雀
「I」の位置にある牌に対し、「I」ボタンを直接操作してはならない

■既存の麻雀の読みあい部分を深めるためのルール
ツモ切り手牌切り明確化
捨て牌をするとき、ツモ切りであればまっすぐ置き、手牌から牌を切った場合にはリーチと同じように曲げて置く。

3枚オープンリーチ
リーチ時に任意の手牌3枚をオープンする。

■古典・既存の改変ルール
・ドラなし/投稿

・常時三家包(振り込んでも三人払い)/投稿

・和了者以外の途中点加味(出来メンツの分だけ支払い点控除があった)/投稿

・サラリーマン麻雀(投稿)(出典:ぎゅわんぶらあ自己中心派)/投稿
10000点持ちでスタートして、振り込んだりして持ち点マイナスになったら、他の3人から点数借りる。但し自分を含め四人の利息は違うし、『5000点は貸せないけど10000点なら貸せる』など、貸す額は自由。貸しすぎも借りすぎも危険なスリリングな試合に。

・減点法ルール/投稿
30000点スタートでいくら上がっても点棒は増えない。但し上がられると点棒は減る。減点法なルール。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/1078-817831e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad