「全ファミ。」ブログ編

ボードゲームの遊びかたもひとつじゃない!

そういえば「ペンギンパーティ」も全ファミオリジナルルールでやったら面白かったなー。「次の人を置けなくしたらチップもらう」「1色をつぶしたらチップもらう」とか、邪魔した者が正義だ! ルール。てわけで、ちょっとルール改変について考えてみました。

「6ニムト」を27人対戦したり(1人3枚ずつ)とか、「シークレットガーデン」人間8人対戦のときにうそつき兵士を姫サイドにするとか、ルールを変えてよく遊んでます。「髑髏と薔薇」でめくり勝ちを一切狙わないのも、どちらかといえばルール改変に違いノリかな。いまだと「0(ゼロ」をコールするのも認めようか、みたいな話になってるくらいですし。

ファミコン時代からずっと実践してきてるんですけど、「ゲームの遊びかたはひとつじゃない」んですね。遊ぶ側が面白い、あるいは見ている側がこれは面白そう! と思った遊びかたなら、どういう遊びかたでもいいと思うんです(ゲームを痛めつけたりするのは論外ですが)。ボードゲーム研究家の草葉先生んとこで遊べる「8人麻雀」とか最高じゃないですか。

たとえばこれ。『スーパーマリオ』で対戦動画。


「6ニムト」で牛をたくさん集めた人が優勝でもいいですし、「パンデミック」でどれだけ早い時間で感染を限界まで広げられるかでもいい。二人用ゲームを四人用に拡張するのもいいし、「ノイ」で100までルールとか熱いですよ。大量にある切り札の”101”カードがすべて死に札になりますからね。

かつて、中を一切見せないパッケージになっていて、買って中身をみてみたら100円トランプだったという、ある意味で熱い同人ボードゲームがありました。要するにトランプのルールを売ってるわけじゃないですか。逆に堂々と「ルールを売ります」という売り方にすれば面白かったと思うんですね。

ただ、トランプの遊びかたやそれらの本はたくさんあるので、新ルール+トランプで500円は高いと思いましたが! でもま、変形ルール集ならいかにも同人らしくていいじゃないですか。そのルールが公式に採用されて、続編や拡張や再販で採用されるとか、夢があっていいと思います。ゲームの新しい遊びかた本、どなたか書いてくださいまし!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/1047-c4f0f35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad