「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YOMI初心者向け】キャラ別解説/ヴァレリー編

対戦格闘ゲームをカードゲームで再現! 「YOMI」の魅力を語る

YOMIの未経験者や初心者によくあるのが、「何をしたらいいのかわからない」ということ。実際にカードがきた時、どのようにゲームを組み立てていくのかさっぱりわからないと思います。
そこで、キャラクターごとに、その特性や狙いどころを説明していこうと思います。

マニックペインター・ヴァレリー
基本方針:相手の技を華麗にブロックしよう
ヴァレリーは、全キャラクターの中でもっともコンボ性能に優れたキャラクターです。コンボ上限が多く、また、カードの数字が連続していなくとも、コンボを決めることができます。そのため、何も考えずにコンボを決めていくと、あっという間に手札がつきます。そこで、ヴァレリーは積極的にブロックを狙うことになります。
序盤はもちろん、中盤や終盤もブロックを使い、山札からカードをどんどん引きましょう。手札が常に6~7枚前後あると安心です。ただし、手札が少なくなってからブロックを使うのは避けます。手札を増やしたいのがばればれなので、投げを狙われてしまうからです。

ブロックを多用していると、当然、相手は投げを狙ってきます。そこで、その投げに対して攻撃を当てるようにします。攻撃はただの通常技(数字カード)でオーケー。手札が多くあれば後述するコンボを狙いますが、手札が少ない時やコンボを決めたくない時は、単発で攻撃を当てるだけでよいです。これを繰り返していくと、相手は投げをしにくくなり、ヴァレリーがさらにブロックしやすくなるわけですね。

手札がたまったら
手札がいい具合にたまったら、いよいよヴァレリーのお楽しみ時間です。狙いどころは以下の2つ。

1.通常技からのコンボを狙う
前述したように、ヴァレリーのブロックに対して相手は投げを狙ってくるので、それに対して通常技を当てたらコンボにつないでいきます。コンボを決める時は、かならず3枚以上つなげ、また超必殺技(A)もコンボに含めます。3コンボを決めると山札もしくは捨て札から超必殺技を拾ってくることができ、また、超必殺技を当てると、山札からカードを1枚ドローすることができるためです。手札を3枚使って2枚が戻ってくるわけですから、脅威のリサイクル能力です。これが決まり始めると完全にヴァレリーのペースになります。
ちなみに、なぜ通常技から決めるかといえば、ヴァレリーは通常技の出が早く、通常技同士がぶつかっても打ち勝つことが多いのです。また、攻撃を読まれてよけられたりブロックされた時、必殺技(絵札)が捨て札になるのを防ぐ狙いもあります。
なお、ヴァレリーには攻撃技の出の速さを上げる特殊技を持っているので、コンボを確実に決めたい時は活用しましょう。

2.投げからのコンボを狙う
通常技をコツコツ当てたりコンボを当てまくったりすると、相手はブロックや避けを狙ってきます。そこで、ヴァレリーはそれに対して投げを狙いましょう。投げからももちろんコンボをつなげます。もちろん、3コンボに超必殺技も含めていきます。

まとめ
ブロックで手札を増やしつつ、超必殺技入りのコンボを狙う。これがヴァレリーです。ただし、あくまでも私の戦略であり、もっと有効な戦法がきっとあります。また、投げの強いミドリやルークに対してはブロックが決めにくく、苦戦することでしょう。
てなわけで、格闘もアートだ! アートオブファイティングだ! と体を張って自己主張するヴァレリーさんで、対戦相手といい作品を描きあげてくださいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zenfami.blog91.fc2.com/tb.php/1029-69f2b2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。