「全ファミ。」ブログ編

「パニハイ!」、各所で遊んでいただいているようです。

ツイッターやブログなどを検索していると、いろいろな感想があがってきています。ほとんど好評でとてもありがたい限り。
本来はオリジナルを遊んでもらいたいのですが、オリジナルが非常に入手しにくい昨今、リメイク版を作成した甲斐があったと感じています。
これまでずっとパニハイは全ファミ名物と呼ばれてきました。よーするとほかのゲーム会ではあまり遊ばれてこなかったのですね。でも、今後は「全ファミ協会のパニハイ!」として末永く楽しんでもらえたらうれしいです。や、「全ファミ協会の」もいらないかもしれませんけれども!

パニハイ!の感想については、Togetterにてまとめていますので、ごらんくださいませ。

印象に残ったのは、「古いゲームなのに思った以上によくできている」という感想が多かったことでした。ゲームマーケットでの試遊卓でも同様の言葉を何回か伝えられています。何度も繰り返してすげぇゲームなんですよ! と伝えてきたのですが、やはり百聞は一見にしかずと言いますか、遊んでもらって初めてわかる感じなのでしょうね。

制作した個数は350個なのですが、当日に210個売れまして、キウイゲームズさんに委託したり、イエローサブマリンさんに委託を依頼することもあり、手元にはもう予備がありません。2015年のゲームマーケット大阪やエッセンにパニハイ!を持っていくつもりだったので、なんとかします。

緋牡丹お龍_2
今回のイチオシ、緋牡丹お龍。リテイクがめっちゃ多かった人の一人です。

ゲームマーケット2014秋頒布「パニハイ!」全ファミ手渡し&郵送受付用エントリ

パニハイパッケージ_2

ゲームマーケット頒布価格2000円/プレイ時間20~30分/プレイ人数5~6人/カード枚数100枚

「パニハイ!」のリメイク元になる「パニックハイスクール」については、史上最高のバトル系カードゲーム「パニックハイスクール」についてを、詳細なルールやカードイラストについてはこちら、ゲームの魅力や面白さについてはこちらをご覧ください。
なお、史上最高のバトル系カードゲーム「パニックハイスクール」についてにはパニハイを遊んだかたの感想も追加しています。

リジナルの「パニックハイスクール」が発売されてから20年以上の時を超え、ついに「パニハイ!」としてリメイクすることができました。ボードゲーム歴20年以上の中で、「パニックハイスクール」は私が最も愛し、今もずっとプレイし続けている至高のカードゲームです。2014年のボードゲーム・カードゲームにはないシステムや面白さがつまっています。
オリジナル版は再版や新版のリリースが不可能のため、オリジナル版制作者の一人である中澤孝継氏から、同人での制作許可を受けてリメイクしています。オリジナルのゲームバランスや世界観はほとんどそのままに、ゲームをより面白く、アートワークにより磨きをかけた一品です。

作は英語/日本語のバイリンガル仕様になっており、英語圏のかたともプレイができます。20年以上遊んできて今もなお楽しいカードゲームなので、ぜひぜひ遊んでみてくださいね。。

【委託について】
キウイゲームズさんで委託中です。
また、全国のイエローサブマリンさんに委託予定となっています。

FC2Ad