「全ファミ。」ブログ編

ボードゲーム「もっとチェッカーズ」と28人ニムト

新宿NAKED LOFTにて、ゲームバー90主催なアナログゲーム祭に、ゲストで参加してきました。

まずはレトロボードゲームコレクター氏からお借りした、貴重なボードゲームの紹介から入りました。
パーティージョイシリーズの「グラディウス」や「スケバン刑事」などなど、現在では入手困難なものを次々と紹介していきましたが、中でもチェッカーズとデートができるという触れ込みの「もっとチェッカーズ」があまりにも素薔薇しい出来でした。
なにしろチェッカーズにファンレターを出すところからスタートするんですよ。そしてデート、他のファンとのチェッカーズ争奪戦など、ステップアップの概念が盛り込まれており、恋愛シミュレーションの萌芽と言って過言ではなかったですねえ。

実際にプレイした人達の「俺のフミヤが」とか「タカモクは俺に情夫(イロ)」とか、アブない台詞が傑作でした。

んで、私がゲストに出た以上は普通のゲームをしてるだけではいかんということで、28人ニムトをやってみました。
ちなみに、ニムトは7人くらいが上限です。4倍プレイに耐えられるか、耐久テストをしたわけですな。
実際のプレイでは28人が一斉にカードを出すので、場を仕切るのがとにかく大変でした。ニムトのルールに沿って、一番小さい数字を出した人をピックアップしないといけませんからね。マイクがあってよかったですよ。

で、やってみてわかったんですが、人数の多いニムトは、運勝負というか、ほとんどビンゴの世界でした。むしろカードを集めるほうが難しいですからねえ。
最終的に、牛マークを21匹も集めてしまったかたが最下位になり、ナインティから500円分のお食事券が送られました。
おめでとうrimさん、立派な伝説になりましたよw


遊びにきてくれたみなさん、ありがとうございました。次は28人たほいやや28人薔薇と髑髏でお会いしましょう!

全ファミ版パニックハイスクールへの道・その1

20年前にはじめて遊んだ時から、史上最高のバトル系カードゲームとずっと信じている『パニックハイスクール』。
先日、その『パニハイ』作者さんとコンタクトすることができました。
私自身の願いだった復刻や権利の譲渡は、すでに天下布武がなくなっているためにむずかしいとのことでした。
しかし、「グラフィックを差し替える」ことを条件に、同人ゲーム化の許可をもらうことができたのです。
さらに、ゲームの説明書にも原作者からの一言ももらえることに!

許可をもらえましたので、今年の秋完成を目指して全ファミ版パニックハイスクールを制作していきますよー。

制作過程などもアップしていきますので、コンゴトモヨロシクなのです!

FC2Ad