「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジーのメンバー配分からその人を考察する

戦士 モンク 白魔術士 黒魔術師
→戦士は装備代がかかるけれど、モンクは安いのでバランスよし。白で回復、黒で攻撃。
 バランス重視という面以上に「ゲームを隙なく苦労はなるたけ少なく進めたい」という意思が見られます。
 たまにはバランスを崩してみましょう。苦労は買ってでもしろというじゃないですか。

戦士 赤魔術師 白魔術師 シーフ
→黒の代わりに赤、モンクではなくシーフなところに深い熟慮あるいは戦闘バランスの見極めが垣間見えます。戦闘の長引きを赤・白の回復魔法でカバーしつつ、シーフがジョブチェンジした忍者に期待という感じ。

シーフ モンク モンク 戦士
→パーティの1人目にまずシーフを選ぶ、というところで2回目以降のプレイであることが考察できます。そしてモンク2名。モンクの素早さと力強さに開眼しつつも、ちょっとお金が余るから戦士を1人いれとこ。そんな損得計算もありそうです。

シーフ 黒魔術師 赤魔術師 白魔術師
→プレイ3回目くらいのパーティでしょうか。戦士やモンクの強さにちょっと飽きましたね?
 人生の酸いも甘いもかみ分けた熟年のゲーマーたるもの、このパーティを「初回のプレイ」で選びたいものです。
 
黒魔術師 黒魔術師 黒魔術師 黒魔術師
→こんなパーティで大丈夫か? 大丈夫だ、意外と問題ない。

モンク モンク モンク モンク
→モンクだらけなのに文句なし。最終的にはもっとも攻撃力が高くなるパーティですからね。
 一部アイテムの利用価値に気づき、戦闘では「全員の体力がMAXに回復するまで戦闘をやめない」、そんなマニアさんとみました。

赤魔術師 赤魔術師 赤魔術師 赤魔術師
→FF11における某事件の後にFFをやりましたね? その憤り、わかります。
 
白魔術師 白魔術師 白魔術師 黒魔術師
→最初は白魔術師4人でプレイしたものの、最初の海を越えた街でウルフやギガースあたりにボコられてしまい、やはり攻撃力を1人を入れなければ無理! と悟ってしまったような人。まあ私のことですが。しかしこれ、長いダンジョンだとMPの使用回数が0になってしまうんですよねー。そこを何とかするのが楽しいパーティ。

シーフ(1人)
→ファイナルファンタジーマニアですね。経験値が4倍ですが、敵の攻撃も4倍、いやそれ以上になって、でもそれが面白い! と鼻息を荒くしているような人。


---------------------------------------------
ファイナルファンタジーが文字通り“ファイナル”だったとしたら
省略するとFFになるゲームたち
ドラクエIIIのメンバー配分からその人を考察する
スポンサーサイト

ツイッター・ウェブカメラを使ってのオンラインで対戦できるファミコンタイトル

ツイッターやウェブカメラなどを駆使すれば、かなりのタイトルで対戦・協力プレイが可能ですな。
誰かがホスト役になって画像を準備し、その他のプレイヤーはその画像や状況をホストに見せてもらって(教えてもらって)プレイをすることになります。

◎向いているゲーム
※ホスト役が代理で操作しても影響がないもの

・百の世界の物語
→対戦型RPGの傑作。プレミアもののためなかなか手出しできないので、オンラインプレイをする価値はかなり高い。

・キングオブキングス
→ナムコ黄金期の初心者にもやさしいファンタジーシミュレーションの傑作。
 リメイク版やモバイル版もありますが、まだオンライン対応されていないため、
 バランスが素晴らしいファミコン版で対戦する価値がありますぜ。

・SPOT
→機会があるたびに私はその名前を出す、史上最高のテーブルゲーム。もちろん今回のエントリでも当然出す罠。
 ウェブカメラなどで映像を出しながらプレイすることで、将棋のテレビ観戦のような面白みが出てくるかもしれないなあ。

△向かないゲーム
※ホスト役が代理で操作すると影響が出てくるもの

・いただきストリート
→昨今のタイトルではwifi対戦できるのですが、やっぱり「逆転の目が少なく、強いやつが勝ち、勝ったやつが強い」ファミコン版で対戦したいじゃないですか。
 でもサイコロを振るゲームなので、ホスト役はゲームに参加しないほうがいいのかもしれない。

・鉄道王
→「全財産交換」という恐ろしいルーレットの出目があるのだけれども、だからこそ「全交換しても勝てるくらいの財産を保つ」繊細なプレイが求められるのです。その繊細なプレイが最高にたまらんのですが、出目操作が少しできてしまうので、ホスト役は画面を見ないでプレイするか、本当にホストとしてしかしないかのどちらかでしょう。

・レーサーミニ四駆
→ゲームサイド最後の編集である山本さんが一押しのボードゲーム。
 これ、目押しできないといい具合のゲームにならないんですよ。
 しかしそれを逆手にとって目押しのできるホストが目押し担当になれば、4駆のチューンナップのみに特化できるというわけです。

バルーンファイト25通りの遊びかた

一人用
・1人で2人プレイ
・常に風船を1つでプレイ
・敵は常に水没or魚に食わせる
・いわゆるヌンチャク持ちプレイ(左手は1コンの十字キーを操作、右手は外付けコントローラのABボタンを操作。あるいは逆持ち)
・画面から消えない
・敵を画面から消させずにプレイ

バルーントリップ専用
・十字キーの右押しっぱなしでプレイ
・十字キーの左押しっぱなしでプレイ
・十字キーを押さずにプレイ
・ファミコンロッキーモード(ABボタンを連打したままプレイ)
・ファイナルファンタジーモード(画面の右端で、小刻みに前後の移動のみを繰り返す)
・コナミコマンド入力プレイ(上上下下左右左右~を繰り返し入力しながらプレイ)

対戦相手あり
・コントローラー1つで対戦(十字キーが相手を倒す側、ABボタンが生き残る側)
・十字キーの左右いずれからを押しっぱなしにして対戦or協力
・ABボタンだけで対戦or協力
・天井に触れたら負け
・着地したら負け
・画面から消えたら負け
・魚に食べられたほうが勝ち
・画面を1部分隠し、その隠された部分で対戦
・画面を1部分隠し、その隠された部分に突入したほうが負け
・5秒以上、相手よりも高い位置にいたら負け
・1面クリア時、低得点のほうが勝ち
・対戦相手に自分の風船を割らせたほうが勝ち

2011年11月、ファミコン同人誌を作成・販売しますー

ゲームボーイ同人誌は7割が寄稿でしたので、今度はけっこうなページを一人で書きます。
2011年11月、同時期のゲームレジェンドおよび冬コミで販売を予定してます。
ページ数は116ページを予定していまして、ゲームを熱く深く掘り下げる記事がメインですね。
中古ゲームやVCを盛り上げる内容にしていきますよー。

なお、同人誌で扱うタイトルですが、

・任天堂
・ハドソン
・ナムコ
・ジャレコ
・タイトー
・カプコン
・スクウェア
・エニックス
・コナミ
・テクモ
・サン電子

上記以外のゲームメーカーになります。
じゃあそれらのタイトルはどこで扱うの? それは(以下略

-------------------
ちなみにGB同人誌「21世紀の今だからこそ、モノクロゲームボーイの本」はかなり売れていまして、
METEORさんしか在庫がない状況です。増刷は多分ありませんので、購入を見送っていたかた、買えなかったかたはお早めに。

ドコモマーケットのアプリストアでワンナップゲームズが!

ドコモが「ドコモマーケット」というサービスを始めているそうです。
これは企業のみならず個人のクリエーターも販売が可能という仕組みだそうで、かつ、アプリの値段を自由に決められる(上限はあり)仕様とのこと。

で、今日(10日)にワンナップゲームズへ取材に行ってきたのですが、その時に面白い話を聞くことができました。
ドコモマーケットのアプリストア、現時点ではワンナップゲームズのゲームばっかりなんですって。
他の会社が手を出さないとかまあいろいろとありそうなんですけど、
それはともかく、ワンナップゲームズがまた得意の「世界初」をやらかしてくれました。

今回の世界初は、「世界初! 中古携帯アプリ販売」!
メーカー自らが率先して中古を売りつけるというカッコイイ商売なんですよ。
実際には新品より安い(新品も同じアプリストアで売ってます)、
中古なのでセーブデータが残っている、アプリ内の説明書が折れ曲がっている、ゲームが起動しにくい、アプリ内の擬似ハードが汚れている、
という、すげえツッコミどころにあふれた中古アプリとなってます。
しかも3本パック(3in1)で売られており、目標はやっぱり99万9999in1とのこと。メーカー自らパチモノ商売! 最高ですな。

ちなみに、今年のゲームショウで展示していた『西ブー記2 パリ・ブタールラリー』もすでに発売されており、アプリストアでは中古も売られてました。自虐つうかアイデア勝負というか、いやーもう最高だわ!

そろそろファミコン新作が遊びてぇぇ!

ファミコン版の『忍者カイ』や『ノってけ!バス太郎』や『電子艦隊ナック』を散々遊んでおいて言うせりふじゃないんですけどねー。そういえば先日のレトロゲーム300人飲み会では、『ノってけ!バス太郎』や『電子艦隊ナック』が大人気でした。とくに『ナック』のタイムアタックは、2分間でどれだけ得点を稼げるか? というコンセプトから「2分間生き残れた人の優勝」みたいなノリになってました。スピードが倍速モードのシューティングなので、とにかく死にまくるんですよ。それがたまらなく面白かったわけですが。

話が逸れました。前述したタイトルは携帯アプリゲーの移植版なので、やっぱり新作を遊びたいわけですよ。今年発売されたNESの『Battle Kid』もロックマンの影響受けすぎゲームでしたしね。そろそろ、最新ハードで磨きぬかれ積み上げられた技術をもって、最新のファミコンソフトを作ってほしい時期じゃないですか? 

そんなわけで、完全オリジナルな新作の期待を込めて、明日ワンナップゲームズさんへインタビューに行ってきます。近いうちに『リバーシ』のウェブCMも公開されるそうなので、それの公開も期待してるっす。

ナムコ黄金期の栄光はここにあるよ! 『ワルキューレの栄光』

携帯アプリの横スクロールアクションRPG『ワルキューレの栄光』を今朝クリアした。

本作は2008年発売だそうで、でもまったくのノーチェック。しかし、『ワルキューレの冒険』や『伝説』の新作であるからして、その楽しかった思い出を思い出しつつも、携帯アプリだから正直どうだろう? という相半ばする気持ちでプレイしてみた。

面白いじゃないか! 2段ジャンプ3段ジャンプ、極め付きは4段ジャンプ! 手軽にぽんぽんと操作でき、これで敵を華麗にかわす楽しさよ! 携帯のアクションゲームは正直言って操作しづらいと思っていたし、実際にも操作しづらいものはたくさんあった。けれど、携帯なのに気持ち良い! いや、おそらくは携帯だからこそ気持ちよい操作感を目指したゲームなのだろう。古参ゲーマーもライトゲーマーも大納得の出来だ。

ゲーム性の部分に目を向けると、とても懐かしい感覚がよみがえってきた。ゲーム&ウォッチの『オクトパス』で、オクトパスの脚をよけつつ、画面右端にある宝箱を熱狂的なボタン連打で取るあの感覚だ。というのも、基本的に携帯のアクションゲームは「片手で操作する」のが前提なのだ。『栄光』もやはり片手で操作する。つまり、ファミコンのように十字ボタンで移動しながらAボタンで攻撃ということはできないから、必然的に「敵のところまで移動し、一時停止してから攻撃。その後に逃げるか攻撃をし続けるかを選ぶ」ということになる。その部分の調整はうまくできていて、「ああああ、もう敵が動いちゃう! でももう少し連打して攻撃だ!」という具合についついよくばって攻撃をしてしまうのだ。そのよくばり連打がとても懐かしく、そしてやっぱり楽しいのだ。ちなみに、携帯のセンターキー押しっぱなしでワルキューレは剣をばりばり振りまくってくれる。けれども、やっぱり連打してしまうのは古参ゲーマーというかファミプロのサガなのかもしれない。

難易度は控えめで、小さいマップごとにステージが区切られているから、非常にテンポよくゲームが進む。効果音には『伝説』のものが使われており、経験者は懐かしさがこみあげるだろう。敵キャラクターもおなじみのキャラが登場し、味方にはサンドラまで登場(しかも操作できる!)というオマケつきだ。うれしいことこの上ない。でももっともうれしいのは、クリア後のエキストラステージ。強い装備とクリアレベルを残したまま、敵のダメージが3倍、5倍、9倍、そして17倍というドラゴンボールもかくやという4種類の難易度から選んで再挑戦できるのだ。4段ジャンプとダッシュ移動はそのままだから、華麗に走りぬけて敵を倒しつつ、17倍の攻撃を3発くらって昇天するワルキューレなどを見ることもできてしまう。このゲームバランスにサービス精神にあふれたオマケモード。これはまさしく黄金期のナムコ作品そのものだ。ナムコの栄光がここにあるよ! そう高らかに宣言してしまおう。

ファミコンサウンドとファミコン音ゲーの代表作はこれだ!

WEB版21世紀ファミコン第4回は『バナナ』

苦手なジャンルのゲームこそやるべき

とか思うんですけどね。そこに自分の知らない世界があるかもしれないわけで。
なんて思いつつも、ゲームのジャンルがものすごく確立されてしまって、
そのゲームがそのジャンルのゲームとしか遊べなくなっていると思うのです。
遊ぶ対象に商品の特性をはっきりと示すのが、今の時代には必要なのはわかるんですよ。
でも、「苦手なジャンルなので遊ばない」と思ってしまう人もいるのは、やっぱりもったいないなーと。

その点、ファミコンはジャンルが未確定・未分類なものが多くていいんですよね。
ジャンルがどうこうというよりもゲームとして遊べて楽しければいい、
そんな気構えのゲームが私にはうれしいです。

それで、今の時点で興味があるのは「語れるゲーム」ですかね。
面白いとかつまらないとか有名だとか無名だとかそれほど関係なくて、
そのゲームが持つ特性や特色を深く語れる、そういうゲームが今すごくいいんです。
……語る相手がいませんけどね。まあWEB版21世紀ファミコンで語るとしますかね。

ちなみに、来週の予告はビクター音産の『バナナ』です。
誰もやらない切り口で魅力を書き上げました。

ファミプロ名刺とファミコン同人誌

10人前のトン汁を作っていたら2時間もかかってしまった……。

それはさておき、ファミプロ名刺をリニューアルしちまいました。
名刺の裏がファミプロの心得バージョンになってるやつをこれに差し替え。
レトロゲーム飲み会で配るのです。
png01.png

---------------
同人誌が俄然作りたくなってきちまいましたよ。
今作りたいなーと思ってるのがファミコン本で、
ゲームをやっていて感じたことを事細かに書いた文章と、
「21世紀ファミコン」に掲載できなかった(できない)のと、
無理やりにジャンルわけするなら「ゲーム論」が掲載されている本ね。
出すなら来年の11月くらいに。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。