「全ファミ。」ブログ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のゲームレジェンドでは、市販されていないファミコンソフトが!

ゲームサイドブースで見られるって寸法ですよ皆の衆。マニアック明日の13半以降にレジェンド会場ほ来てね~。
ただし、あまりにも人が殺到した場合には延期な中止もありますので、あらかじめご承知おきください。
ちなみに、そのゲームはこれだ!



なお、NEWファミコンは私の私物です。
スポンサーサイト

リサイクルショップでゲームを探している時に思うこと。

「これはマニア諸氏に発掘されてるな」

円高万歳!

20091024132813
うれしいねえ。アメリカのオークションでNESを買いまくっていた頃を思い出すよ。これで$6500なり。
以前ブログのコメントで奨められたZENも買えたし、これはゲームサイドで書きたいなー。

謎のリスト

Mario is missing!
Mario's time machine
Monster in the pocket
Zen Intergalactic Ninja
---------

Adventure of Dr.Franken
Archon
Barbie
Battle Chess
Beetle juice
Big foot
Break Thru
Caveman Games
Color a Dinosaur
Cybernoid The fighting machine
Darkman
Darkwing Duck
Day Dreamin' Davey
Days of Thunder
Defender of the Crown
Defender of Dynatron City
Dirty Harry
Dynowars:Destruction of Spondylus
Family feud
Felix the cat
Frankenstein
Fun House
G.I.JOe(2)
G.I.JOe
Galaxy 5000
Ghoul School
Gilligan's Island
Godzilla 2 War of the monsters
Heavy Shreddin
Infitretor
Iron Sword:Wizard and Warrior
James Bond Jr.
Joe & Mac
Jurassic Park
KIck master
King's quest
Kiwi Kraze
Last Action hero
Leathal weapon
M.U.L.U.
Mad Max
Mechanized Attack
Monster Party
Motor City Patrol
Muppet Adventure
Pictionary

著者校でフイた

カラーページのゲーム紹介に支部長の写真が二点も載ってるじゃまいかw
ゲームサイドのカラーページといえば新作ゲーム紹介なんだけどもさ、DSといえばDiskSystemの男でいいのかw

---------
最近はゲームボーイを購入してません。いや、いじってくれるのはありがたいですよw
最近あまり時間がとれないんですよね。埼玉遠征には近いうちにいきたいんだけどもね。

んで、ゲームボーイイベントはたくさん人が来てくれるといいですねえ。ポンコツタンクの四人対戦もしたいので、お持ちの方はイベントの時に持ってきてくださいねー。
一人用だとちとつらい『メルヘン倶楽部』も、対戦なら熱いのかもしれないし。
ちなみに、携帯アプリで偶然にバンナムの『チェスティクス』という同タイプのゲームを見つけたんですよ。『メルヘン倶楽部』も『チェスティクス』も、どちらも源流はファミコンのオーパーツこと『キャッスルクエスト』だと思うんですね。しかし、二つとも源流の興奮がないので、切ないんですよねえ。

しつこくドラゴンクエストIVの続編を考える・その3

モンバーバラの占い風雲録 ~ダンサーあばれ旅~の続き。

けっこう前、マジック・ザ・ギャザリングにハマっていた時期があります。もちろん熱くなって、お金と時間がいくらあっても足りない状態になって、当然のように卒業しました。
戦い方から運不運から自分の嗜好まですべてを、カードだけで表現する。よくできたゲームですよね。
さて、本題に入って『モンバーバラ姉妹』。敵の強弱やダンジョンの階数なと、ゲームを構成する要素の全てがミネアの占いで決まる。ただ、マーニャが占い結果を受け入れなければ、それによって展開が変わってくる。
展開が変わる様子は、ミネアとマーニャのお笑い会話でプレイヤーに見せる。

…てなところまで書いてました。
そこで久しぶりに考えたんですが、占いと言えばタロットカードですよね。つまりはカード。このカードを、ギャザリングのように「自分で事前に用意」できたら面白いんじゃないかと思うんですよ。そうすると、ゲームの要素のみならず、ミネアとマーニャの命運を自分で決めることができるわけです。
ただ、これだと、カードの出方こそランダムになるものの、プレイヤーに対するジレンマがない。何が起こるかわかってしまいますからね。
じゃ、ミネアとマーニャそれぞれがカードを持っているのはどうだろう。つまり、ミネアとマーニャがカードで戦うわけですよ。
ギャザリングのような直接の戦いではなく、言うなれば主導権争い。ミネアはマーニャに占いを受け入れさせたい。マーニャは自由奔放に動きたい。この意識をベースに、ドラクエIVの世界を巡り、お互いのカードを出し合って行動していく…みたいな。
ただ、プレイヤーの介入が少なくなってしまうとか、そもそも『ドラゴンクエスト』として成り立つのかとか、考えるところはいっぱいありますなー。

編集部では今日も担当の関戸さんが死にかけていて

編集部では今日も担当の関戸さんが死にかけていて、原因の1つが私というのも非常に申し訳ない!
というわけで、支部長がどれだけ編集部に負担をかけているかをアピールしてみます。宣伝とか言っちゃ駄目。

・ゲームボーイ特集マニアック編(14ページ)
 扉の原稿が仕上がってきました。これならいっぱいカセットが確認できますよ。
 一点、判別が異様に困難なものもあるのですが、あえて隠れキャラっぽく残してあります。
 ちなみに、例のボツったカセットの写真も扉にあります。適宜に想像してみてくださいねー。

・「全ファミ。」(4ページ)
 今回はハタノさんが全執筆! 私は漫画の元ネタづくりと、「ファミプロの心得」をさくっと。
 こちらも写真まわりでいろいろあってすまなんだ。

・「Mr.バス(仮)」読者応募キャラの優秀作発表
 こちらは選定に参加したのみ。「全ファミ。」とのコラボ企画なんですよ。これ。
 早く遊びたいっす。

・Wii版○○
 偶然にもアレがナニしたので、結果として我々の○○が!
 何のこっちゃい。

そういえば、ヤマモ編集長が「最後の四字熟語が思いつかない」とか言ってたらしいんだけども、その苦心の結果ももうすぐ確認できますよん。

トマトラーメンと終わりのないゲーム

わりと早い時期に書いたトマトラーメン賛美があるんですが、まあとにかくトマトラーメンの美味しさはみなさんに何度でも伝えたいんですよ。
ぶっちゃけ、ラーメン紹介雑誌にはまず紹介されない店&ラーメンだと思います。何しろ味が一定じゃない。麺の固さもまちまちだし、肝心要のからさも毎度違ってたりするんですからねえ。そのいい加減さも含めて、おしゃれさなんて微塵もないお店の感じとかも大好きなわけなんですけれども。
と思いきや、最近、2回ほど行ったところ、何と、トマトラーメンの味が一定じゃないですか! これはやっぱアレかな、「粉杏仁(注1)」をなくしたことによって、お店側の手間が減ったに違いない。
(注1:なぜか尋常でなく粉っぽい杏仁豆腐。たまにダマが入ってたりしていたのだが、妙にトマトラーメンと合うので常に食べていた)
まあそんなわけで、トマトラーメンは100杯くらい食べても飽きないし、これから先も食べ続けますよ。ただ、ふと、「トマトラーメンに匹敵するゲームって、自分にとってはなんだろう」なんてことを考えちまいました。
トマトラーメンは「食」ですよね。一方、ゲームは「嗜好品」です。食は毎日欠かせないものですが、嗜好品はそうでもない。……と思っているんですが、最近のMMORPGを見ているとそうでもないですよね。寝ても醒めてもそれしかしない。これはひとえに「終わらない世界で延々と遊び続けられる」からですよね。
私もかつて大作RPGに夢中だった頃、「終わらないゲーム」「いつまでも遊んでいられるゲーム」を夢見ていました。しかし、それが出来たら、そればっかりしか遊ばなくなる人が出てきてしまった。それどころか、日常生活にも多大なる影響を与えているような状況ですよ。まだ「家庭の問題」「個人の問題」だと思われてますけど、将来的に深刻な社会問題になるんじゃないですかね。
話が逸れましたけど、だから今の状況の中で私がすべきことは、「終わりのあるゲームで終わらない遊び方、新しい遊び方を提案する」、これかな。極めるという方向ではなくて、オリジナリティ重視で。けっこう難しいんですけど、「過去の資産でどれだけゲーム制作者や最新ゲームと張り合えるか」という点がモチベーションにつながってますねー。

ファミコンでも遊べる携帯新作アプリ「Mr.バス(仮)」、着々と進んでます。

んで、キャラデザやゲーム画面画面をいただいたので、さっそくアップアップ。
……って、この間の読者応募作品の受賞キャラや支部長チョイスの隠れキャラまで入ってるー!
これはアップできないですよ関社長! ゲームサイドを出し抜いて掲載したら、編集長に○されてしまいます。

とはいうものの、つくづくファミコンっぽいんですよ。まあファミコンなんですから当然ですわなー。
これがファミコンでも携帯でもできてしまう。素晴らしいじゃないですか。
そういえばハタノさん、これのパッケージイラスト描けてるん?
「全ファミ。」4コマがものすごいぎりっぎりに出来上がったみたいだけども。

ちなみに、この「Mr.バス(仮)」は、11月中にドコモとソフトバンクモバイルで配信予定ですよー。
乞うご期待なりなり。

---------
実を言えば、正式タイトルはすでに決まっているのですが、まだここでは公開しません。
来週くらいに打ち合わせへ行くので、そこで話を聞いてきます。

ロードランナーマニアックス ~あなたと合体したい~

ファミコン時代から今まで、タイトルに「ロードランナー」とつくコンシューマゲームは25本あります。

ロードランナー(ファミコン)
ロードランナー(SG-1000)
チャンピオンシップロードランナー(セガマイカード)
チャンピオンシップ・ロードランナー(ファミコン)
スーパーロードランナー(ファミコン・ディスク)
スーパーロードランナーII(ファミコン・ディスク)
ハイパーロードランナー(ゲームボーイ)
Lode Runner Lost Labyrinth(Huカード)
LOONY TUNES ロードランナーVSワイリーコヨーテ(スーパーファミコン)
バトルロードランナー(Huカード)
ロードランナーツイン ジャスティとリバティの大冒険(スーパーファミコン)
ロードランナー レジェンドリターンズ(プレイステーション)
ロードランナー レジェンドリターンズ(セガサターン)
ロードランナー・エクストラ(プレイステーション)
ロードランナー・エクストラ(セガサターン)
パワーロードランナー(スーパーファミコン)
ロードランナー 3-D(NINTENDO64)
ロードランナー2(プレイステーション)
ロードランナー For WonderSwan(ワンダースワン)
ロードランナー ドムドム団のやぼう(ゲームボーイカラー)
ロードランナー(ゲームボーイアドバンス)
キュービックロードランナー(ゲームキューブ)
キュービックロードランナー(プレイステーション2)
ハドソンベストコレクションVOL.2 ロードランナーコレクション(ゲームボーイアドバンス)
ロードランナー(ニンテンドーDS)

一本だけ違うのが入ってますけど、さてどれでしょうか(ヒント:ワイリー)
それはともかく、基本はファミコン版というか、元々のロードランナーとゲーム内容は一緒です。ブロックに穴をあけて金塊を取る。……んですが、たまに掘るものが違うものもあります。『ロードランナーツイン ジャスティとリバティの大冒険』、これはすごいですよ。魔法の杖で穴を掘り、お菓子のかけらを集めてしまうんです。『ロードランナー ドムドム団のやぼう』にいたっては、ツルハシで穴を掘り、拾うのは鍵。その鍵を使うことで動物を助けるという展開。で、その動物を育てるんですよ。つまり、「育成ゲー」と『ロードランナー』が合体しちまったというわけです。『倉庫番』がファンタジーになってしまった『倉庫番伝説』みたいなノリがあって、私はけっこう好きなんですけどねー。
『ロードランナー 3-D』や『キュービックロードランナー』は3Dと合体しています。が、ロードランナーファンには不評な模様。

そこで、『ロードランナー』と合体させたいゲームシステムを考えてみました。

ロードランナー+タイムパイロット
ロードランナー+FPS
ロードランナー+キャメルトライ
ロードランナー+ブリーダー
ロードランナー+テキストアドベンチャー
ロードランナー+テトリス
ロードランナー+ローグ
ロードランナー+RPG
ロードランナー+キャラクターソフト

『タイムパイロット』は「常に自機が真ん中にいる」システムです。そこで『ロードランナー』と合体させることで、……ん? なんだかあまり変わりありませんな。これはつまり『ロードランナー』のゲーム性が「主人公の表示位置によらない」ということなんでしょう。これはいわゆる「悪魔合体の失敗」で、ノームかスライムが出来た状態なんだと思います(ちなみにスライムにできるのは私の好きな『魔神転生II』ね)。

FPS。ファーストパーソン・シューティングゲーム、一人称のシューティングですよ。だいたい3Dを名乗るのであれば、FPSで穴を掘らないと駄目だ! とか言う人がいてもおかしくないですよ。よって合体させるしかない。
FPSだと金塊がどこにあるのかわかりません。そこで、「レーダー」で調査。金塊が取りにくいことから、「ロボットが金塊を持ち去らないルール」になった。まあそれは遊びやすいと思うんだけど、時間差掘りとかどうやるんだよ?! でもロボットの頭歩きはちょっと面白いかも……。なんていう感想がプレイヤーからあがってきそうな気配。

『コロコロポストニン』というゲームがある。これは『キャメルトライ』の主人公を女の子にしたというシロモノで、これの活用を『ロードランナー』でやってみた。そんなゲームなのだろう。
画面を傾けてランナーを走らせる。穴掘り? パズル? そんなものは忘れるように。これは『ロードランナー』の“ランナー”部分を最大限に強調したゲームなのだ。ステージも坑道ではなく砂漠。そう、掘るのは砂なのだ。傾ければ砂が流れてくる「砂時計」のようなステージで、坑道穴掘り人は何を掘るのだろうか。

『ブリーダー』はかなり好きなゲームなんですよ。ロボットの攻撃パターンや知恵、攻撃力や防御力、ライフなどをステータスで割り振り、ロボット同士を対戦させるわけですね。つまり、このゲームの主人公は“ロボット”。金塊を盗みまくる犯罪者に対し、自警ロボのAIを高めて対抗するゲームだったりする。意外と面白そうなんだけど、ランナーの思考ルーチンを作るのが難しそう。

その昔から、漫画を小説にしてしまうという形式があるじゃないですか。近頃だと両さんあたりをコンビニの書籍コーナーで見かけるんですけど、あのノリでテキストアドベンチャーにしてしまおうという作戦。完全なる企画ものですよ。デジタルコミックのほうがまだ作りやすそうですもんね。しかし、『428』を作ったチュンソフトあたりならきっとやってくれるはず。

『テトリス』との合体……というか出来の悪い『ぐっすんおよよ』になりそうな匂いがぷんぷんします。一応、金塊の上にブロックが振ってくるので、ランナーが穴を掘って取っていく感じで。

『ローグ』ですよ『ローグ』。シレンとかトルネコとかアスカとか不思議のダンジョンとかって言い換えたほうがわかりやすいか。この合体のキモは自動生成されるブロック群と多彩な敵。『ロードランナー』のゲーム性が完全になくなったと言われかねませんが、「面が無限にエディットされるんだ」と考えれば、その点ではかなりすごい『ロードランナー』だと思いませんか?

最初は金塊が少ししかもてず、穴も少しずつしか掘れなかった。しかし、経験を積むことで、ランナーは大量の金塊を同時に持ち、瞬間的に大量の穴を掘ることができるようになったのだ! 魔法のランプを使えば、画面全てのブロックを一瞬にして掘りつくすぞ!!
……パズル性崩壊は避けられないけども、ストレス発散的バカゲー風味としては楽しめるかも。

キャラクターソフトといえば、救済措置のある『バルーンファイト』とか爆風に当たっても死なない『ボンバーマン』とか、難易度を劇的に下げるので有名。なので、穴に埋まっても連打でよじ登り可能! ロボットを頭の上に乗せて移動可能! もはや別ゲーなんだけども、それはそれで面白いという『ロードランナー』になりそうな気がします。

20091015のゲームニュース

レトロゲームオンリーイベント「ゲームレジェンド」が11/1(日)開催です。
http://www.geocities.jp/zed_gamelegend/

掲題のとおり、ファミプロの助手であるファ美が立体化したそうで。
かわいいのう。
1311376932_146s.jpg
こちらのペーパークラフト立体ファ美は、はちめろさんのCG集を買うとついてくるそうですよ。

「cafetera」さんブログ
http://cafetera.blog114.fc2.com/
「はちめろ」さんブログ
http://8mero.blog46.fc2.com/

今回のゲームレジェンドはコスプレが解禁ですから、きっとファ美かツインの実物が来てくれるはず!

---------
げむげむまにあ~ゲームニュースにツッコミを~
http://ameblo.jp/gemgemmania/

ひっそりと東京タワーで「セガコンシューマヒストリー展」が開かれているそうです。
今月いっぱいはやっている(らしい)。

セガコンシューマヒストリー展レポートその1
セガコンシューマヒストリー展レポートその2

---------
「夜のゲーム大学3」明日、10月16日(金)です! 場所は阿佐ヶ谷ロフトA!
10月16日(金)
Open 18:30 / Start 19:30
前売¥1,000/当日¥1,300(共に飲食代別)
http://blog.lv99.com/?eid=984739

昨日の時点であと5人ぐらいで、ソールドアウト。なので、当日ぶらっと行こうと思ってた人は
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=221
で予約してたほうが安心とのこと。

---------
ファミコンのみ利用オッケーな病院
http://www.orh.go.jp/nyuin/s_service.html

俺、ファミコンしながらこの病院で亡くなるのが夢なんだ……。

ファミプロが勉強すべきこと

・ゲームなんかしてる暇があったら勉強しろ。しかしコンピューターの勉強は時間の無駄だ。

ブログにコメントがつくと、携帯にメールがくるようになってるんですね。で、このようなコメントが来ていて、「正直、スマンカッタ」と謝りたくなりました。
もちろん、エントリに沿ったコメントだったわけなんですけど、ファミプロに必要な勉強って何だろう? と振り返る気になりました。

○ゲームの腕前をあげること。
ファミプロは「ゲームに対する変わり種の切り口」が重要なのであって、必ずしもゲームがうまい必要はないんですよ!
と言い切ってきたんですね。しかし、某ゲームライターさんいわく、「腕前が足りなくてゲームの仕事をお断りした」そうなので、私もゲームテクニックを向上させる必要があるんじゃね? と思った次第。

○マネジメントと営業活動
ファミコンのプロなんですから、ファミコン関係の仕事を総取りするくらいのことをしなきゃいかんですわなあ。そう思って、最近はブログ更新を続けている次第。
それとは別に、いろいろなところに営業をかけないといけないんですが、ファミプロな「売り」が少ないんですよねー。単行本が出ていれば、いろいろと動きやすいんですけど。

○文章力の向上
最近、「これが俺の文章だ」というものがつかめはじめたんですよ。マニアックな視点を生かす文章ですね。ただ、いかんせんモノホンの勉強をまるっきりしてなかったので、頭の中に知識の蓄積がないんですよ。ま、これは仕方ないので、平易なことばでわかりやすく、物事を突き詰めた文章を書こう! という具合に心掛けてます。
ただ、その結果として出来上がった文章が、どこかで見たことのあるような構成になってしまってるんですよ。
他人と違うことをすることが信条のファミプロとして、これは非常によろしくない。文章力の向上と差別化は必須ですな。

○イベント開催
いろいろとイベントに参加したりする中で、人を集める難しさを実感してます。ゲームサイド読者さんやいわゆるレゲーマニア以外には、恋パラ支部長の知名度なんて0ですからねえ。ゲームニュース系サイトからの紹介もされますが、やはり一過性のものですからね。
どう話題を作っていくのか、それをイベントにつなげるには…。勉強することはいっぱいありますよ。

---
ちなみに、11月3日のゲームボーイイベントは、「全ファミ。」イベントとは違います。道玄坂カフェさんのイベントですからね。「全ファミ。」イベントは、オフ会という形で来月末あたりにやる予定ですよ。

ファミコンで遊べる新作タイトル『Mrバス(仮)』の制作状況について

ワンナップゲームズさんの作っている「ファミコンでも遊べる新作ゲーム」のタイトルが決まり、キャラデザも決まりつつあるようです。先日は、そのキャラデザ案の中から一点を選んで、ワンナップゲームズの関社長に送った次第。
『Mr.バス(仮)』は、キャラクターのコンセプトが決まってるんですね。なので、そのコンセプトにあわせたキャラデザが送られてきて、(いい意味で)気持ち悪かったですw

ちなみに、この『Mr.バス(仮)』は、11/1のゲームレジェンド11にてプレイアブルな状態で出展されます。ファミコンで動く新作ゲームはそうそう遊べませんからね、みなさんもぜひ遊びにきてくださいね。

---------
で、ワンナップゲームズさんが出た“レッドブルボックスカートレース”の動画URLがあるそうなので、そちらもさくっとリンク。ファミコンを必要以上に愛する会社だけに、ちゃんとカートもファミコンらしさが出てます。
http://www.youtube.com/watch?v=ONU8sUD5_4w

ゲームボーイの壁

仮に全てのゲームボーイカセットを集める場合、何が入手しづらいんですかね。
ファミコンなら『くにおのストリートバスケット』とか『アイアム』シリーズとかってすぐに思い浮かぶんですが、GBはピンときませんねー。

あ、でもファミコンの青や赤に該当するゲームはすぐにわかりますよ。






集めないから後押しするなよ! 絶対押すなよ!


参考:青の壁
20091013184009

ファミプロの心得

次回の「全ファミ。」はハタノさん描きおろしなので、ファミプロの心得は必要ないと思ってたんですよ。
ところが、するっとメールが飛んできまして、心得が二本ほしいと。
なので、ファミトレでは避けて通れないネタと、99(※伏せ字)ネタを速攻で返信した次第。
心得ネタは誰が読んでいるのか不明ですが、欠かさずに入れてきたいですなー。
あ、単行本には書き下ろし心得をいれなあかんのか。まだ2009年の春は続いてるし、ぼちぼち考えはじめますかね。

ゲームボーイコラム終了

2ページ分を完了。意外性のあるタイトルが書けたように思う。

んじゃ、エイリアン3をお供に出かけるとしますかね。

ゲームのすりこみが現実に影響を与えているなあと思われる事象

文字盤が青い時計をずっとほしいと思っていて、実はその色が『ファイナルファンタジーV』のステータス画面の色であることに昨日初めて気がついた。

打ち合わせいろいろ(トマトつき)

20091011173206
9日、道玄坂カフェを見に行きました。店の大きさは、文字通り小さな喫茶店くらい。この時はみなさんモンハン中だったらしく、40人近いお客さんがみんなPSPに熱くなってましたよ。
そんな中、道玄坂カフェのオーナーさんと、イベントの話をそこそこに、ゲームボーイの話をいろいろ熱く語ってきました。いやー、楽しかったですよ、GBの『ウルトラマン』であんなに盛り上がるとは。あんなゲームが出てしまうGBってやつぁ、ホントにゴキゲンなハードだよ。
で、10日はゲームボーイ特集の初校を受け取りに編集部へ。何で呼び出されたんやろー? と思ってましたが、初校を渡されて納得。文字数が全然あってねえ。こりゃ直接に口頭で修正依頼を出さなきゃいかんわけだわ。
このひどさ、寝ながら書いたとしか思えない(ある意味で正しい。睡眠時間を削ってゲームボーイやってたし)。ただ、紙に印刷されると、ぐっと来るものがありますわなー。自分の特集が手に取れるわけですからね。
その後、関戸さんとトマトラーメンを食べつつ、例の千葉探索動画話。動画出演の一名が眉目麗しい女性ライターであり、ネットにアップできんだろーって話してたんですね。その本人からもメールでアップしないように懇願されましてー、ならば『ゼルダ』のトライフォースで隠すのはどうだとか、いっそのこと全編を手書きアニメで作り直したらどうだとか(これはウソ)、二人して善後策を練るフリして盛り上がってました。
ただ、千葉探索自体は楽しかったのと、動画もよくできてたので、また探索しましょうっていう話で締め。関戸さんはまた編集部に戻っていきましたとさ。

ゲームボーイイベントについていろいろ。

道玄坂カフェは、たとえば友人同士が携帯ゲーム機を持ち寄ったりして、みんな好きにゲームするようなスペースなんですね。
んで、カフェのオーナーさんからゲームボーイイベントをやらないか? というメールがありまして、ウホッ、いい話、てな具合に飛びついたという流れなんです。
なので基本的に、非常に緩い集まりになると思います。適当に対戦したりとかね。わたしゃテトリス対戦を久しぶりにやりたいんじゃよー。
ただ、GBマニアな方々もイベントのアップを始めてくれているようです。そのようなみなさんには、ぜひ秘蔵品を持ってきて支部長に見せつけてください。草の根分けても私はそれらを探し出し、ゲームボーイ同人誌に掲載することでしょう。

通報されました。

ここで通報されてました。ガクブルです。

通報はされましたけど、さらなる展開で再通報を狙ってます。

カエルの為に鐘は鳴りません。

ゲームカフェ渋谷道玄坂カフェで行われるトークイベントですが、スタッフ様ブログで書かれているように、比較的wマニアックなソフトの紹介になります。
なので、秘宝の伝説とかヒゲ親父とか岩男とか、ムチ男とか巨大核とか電撃ネズミとか、緑帽子とかキセル男とか吸い吸いピンクとか、一切出てきません。あしからず、ご了承ください。
あ、海外ソフトも持っていくので、それは紹介できると思いますー。

ゲームボーイイベントありますー。支部長トークイベントやりますー!

11/3(火・祝)、渋谷の道玄坂カフェでゲームボーイイベントが開催されます。
で、ファミプロこと支部長が、何故かゲームボーイソフトを語ってしまいますー!

というわけで詳細ー。

---------
★開催日:11/3(火・祝)

★開催時間:12時~23時! (いつ来ていつ帰ってもオーケー!)

★開催場所:渋谷 道玄坂カフェ
 http://shibuyag.onmitsu.jp/
 渋谷区道玄坂2-13-5
 TEL 03-6427-8689

 お店への行きかたはこちら
 
★イベント詳細:
ゲーム大会がよく開かれる道玄坂カフェで、ゲームボーイイベントをやります。
各種ゲームボーイと対戦ケーブル、遊びたいゲーム、自慢したいゲーム、対戦したいゲーム、
そんなのをばりばり持ってきてくださいな。適当にドリンクなんかを飲みつつ、
和気藹々とみんなしてゲームボーイをしようっていう具合です。
今日、カフェを見てきましたが、みなさん思い思いにモンハンやってましたよ。

★17時くらいから支部長のトークイベントをやります。
だいたい2~3時間くらいですが、ノリで伸びたり縮んだりします。
イベント前日の11/2に発売になるゲームサイド最新号、ここでゲームボーイ特集マニアック編を私が執筆してるんですね。トークイベントでは、そこで紹介したゲームをプロジェクターやモニターに映し、実演しつつ解説をしてしまいます。

★当日は、ゲームサイド(主にゲームボーイ特集号)も販売しちまいます。
 ゲームサイド編集部の歩くテープレコーダー(古っ)、関戸さんが売り子さんで頑張ってくれるハズ。

★★イベント参加時のお約束とか
参加費用は1000円ですー。いったんカフェに入ってお金を払えば、後は出入り自由! 外でメシを食ってくるとかドリンク飲んでくるとか、ドラクエ9ですれ違い通信してくるとか、好き勝手絶頂にオッケー。もちろん、お店でも飲み食べはできますよ。

カフェは40人でいっぱいになってしまうくらいの大きさです。なので、トークイベントだけ聞きにくると、いっぱいになっちゃってて入れないなんてこともあるかも。

トークイベント以外の時間は、私もゲームボーイをだらだらと遊んだり、対戦したりしてますよ。

---------
んでは、みなさん、お気軽に参加したり、告知したりしてくださいませー。
道玄坂カフェでファミプロと対戦しましょー。

レトロゲームとか、好きだから!

なんて日記を見つけると、つい頬が緩みますよねー。

元後輩がさっそくアッチのゲームショップに行ったようです。NESの海外オンリーソフトは何とかなるとして、ゲームボーイの海外オリジナルソフトは調べるの大変ですよねー。うまいこと一覧が見られるところ、ないかしらん。

------
例のモザイクが即バレしたので、せっかくだから逆手に取るぜ!

バンゲリングベイの正統進化を考える

リベンジオブバンゲリング(バンゲリング帝国の逆襲)、DSリメイクまだー?


以前ここで書いたように、バンゲリングベイの正常進化はLRボタンの使用にある。操作性の大幅アップにより、バンゲリングベイに烙印を押した相手にリベンジを!
正常な進化としてはそれでよいのだが、バンゲリングベイには忘れてはならない要素がもうひとつある。マップの自動生成、すなわち『シムシティ』要素だ。『リベンジオブバンゲリング』は正常進化としてのゲームを望むけれども、『シムシティ』要素こそが正統! 『シムバンゲ』も作るべき! 『シムシティ』と言えば街の発展。よって、『シムバンゲ』にも街の発展を入れたい。何をきっかけに街を発展させるか。それはもちろん、『敵基地の破壊』だ! バカバカ壊せばバカスカ建つ! 建つのはもちろん味方の基地や工場。それによってヘリの燃料を増やせたり、新型兵器を開発してくれるのだ。
ここまでは正常進化の範囲だろう。だが、最新の『シムシティ』では、自分の作った街を3D視点で歩くことができる。ゆえに、『シムバンゲ』も街中を歩きたい! 頭上をヘリが飛び、迫撃砲の飛び交う船上を闊歩したい! 敵戦艦に乗り込み、ヘリコプターに轟沈させられる様子を見たい! あくまでも「街の中を歩く」スタンスで、ヘリ(=プレイヤー)の活躍を見せてほしい。ここまでやってこそ、真の正統進化だと思うからだ。
ただ、実際にやってしまうと、今度はバカゲーと呼ばれることになるかもしれないけど。

ドラゴンクエストSLG ~竜王、ついに立つ~

これまで、国盗りシミュレーションっぽいドラゴンクエストはどうだろうという話を書いてきました。主人公だけが動き、敵勢力は動かないRPGではなく、敵勢力も活動するシミュレーションゲームですね。
元々、竜王が勇者に勝つにはどうしたらいいんだろう? というところから、国盗りシミュレーションのアイデアが出てきたんですね。そのシステムにすることにより、「主人公=プレイヤーが勝つ話」にならざるをえなかったドラゴンクエストから、「竜王が勇者に勝って、アレフガルドを統一する」ドラゴンクエストができるというところに到ったわけです。
前置きはここまでにして、ちょっと前のエントリで、「ラスボスが寿命で死ぬと斬新だ」という内容を書いたんですよ。このエントリの「寿命で死ぬ」から思い出したのが、光栄の『三国志II』。他のシミュレーションではなく、猿ハマリしていたのがこれだったですよ。んで、『三国志II』は、年代ごとにいくつかのシナリオがついてます。劉備や孫堅が片田舎にいる頃、董卓が洛陽(だっけ)で圧政を敷く勢力の時代だったり、時代が進んだシナリオでは、文字通り、魏・呉・蜀の三国が鼎立していたりするわけです。
このシナリオを『ドラゴンクエストSLG』にあてはめてみたらどうだろう、と考えたんですよ。
すると、こんな具合になりました。

・シナリオ1 さざ波の時代
・シナリオ2 竜王、ついに立つ
・シナリオ3 ドムドーラの攻防
・シナリオ4 ラダトーム王、苦悩する
・シナリオ5 ロトの子孫あらわる

『ドラゴンクエスト』ではすでに滅んでいたドムドーラですが、シナリオによってはまだ存在しているわけですよ。もちろん、シナリオによって竜王軍の勢力が異なるわけです。時代ごとに竜王の勢力を明確にすることで、竜王がどのようにアレフガルドを侵略していったかもわかりそうです。
こうしてみると、勇者の登場は、アレフガルドの歴史ではかなり後のことだというのがわかりますね。これで竜王に勝つのだから、勇者はよっぽどすごいんだとは思うんです。
が、もう一つの可能性も考えられるんですよ。実は竜王の勢力は全然たいしたことなくて、アレフガルド全土にいるモンスターは、単にその地域に住み着いてる(もしくは、どこからともなく現れた)だけなんではないか、と。
こっちの話は、また別の機会に考えようと思います。

ゲームを夢見るというエンターテイメント

一年に何度か、文章を書きたいという欲が唐突に湧いて出てくることがあります。
ちょうど一年前くらい、ニュース系サイトからリンクされまくっていた時期ですね。
この湧き出るモードになると、何かをちょっと考えただけで様々なアイデアを連鎖的に思いつくんですよ。なので、ブログの更新にはありがたいんですよねー。
で、今まさに書きたいモードになりました。きっかけは、過去に書いた、無題のエントリ。そこに拍手がついてましてね。何を書いたかなーとエントリを読み返してみたところ、一気にアイデアが連鎖しまくったわけです。
で、連鎖した内容はこれからほとばしるとして、やっぱり私はゲームを考えるのが好きみたいですわ。もちろん、考えはマニアックな方向に、ですが。


幡ヶ谷のしじみラーメン

携帯のメモに残ってました。友人いわく絶品なのだとか。
ラーメンでファミプロといやあ茅場町のトマトラーメンですが、粉杏仁こと、あの粉っぽい杏仁豆腐が随分前になくなっていました。つねにセットで食べてたんで切なくてねえ。
あと、たくわん。二年前に比べて確実にしょっぱくなったんですよ。これは多分に私のせいもあるんですわー。一瓶を一人で空けちまいましたからね。
取り留めのない話になってしまいました。ま、ゲームボーイ特集で、何らかの影響を与えられたらいいすねえ。

ゲームに囲い込まれるのとそこから脱出するのと

MMORPGとSNSの無料ゲームね。ゲーム業界だとこれが囲い込みの二大勢力かしらん。
私? もちろんどちらもやりません。どちらも一切否定しませんよ。でも、みんなが楽しい楽しい言うとさー、他の楽しみ見つけたる! と思うじゃないですか。私もプレイヤーでありつつも表現する側の人間ですから、まんまと囲い込まれるわけにはいかないっすよね。
囲い込みは商売として実に正しいんですよ。けれども、ゲームはそうであってほしくないし、私はそうしたくない。これは元作り手としての意地でもあるかな。
ところで、脱出つうと無人島物語とかサバイバルキッズですよね。脱出ゲームなのに脱出せずにそこで安穏と暮らすの、私はけっこう好きなんです。でもなー、いつの間にか「建物のなかから脱出するコマンド選択タイプのアドベンチャーゲーム」が脱出ゲームというようになっちゃいましたね。最近、ゲームジャンルの呼び名が随分と変わったように思いますよ。
閑話休題。「囲い込み」の気配を感じたら、そこからとことん逃げるし、逃げるのがテーマならそこに残る。逆、裏ですよ。根っからのひねくれ者ですけど、そうでなかったらファミプロなんてやってませんからねえ。

マイナーメジャーっつうと

GAMESIDEメルマガによると、今月号の今回ゲームボーイ編の反応よかったみたいすねー。私も嬉しいっすよ。だってほら、マニアック編を書く人間としては、ライバルがバーニングしてくれたほうがやりがいが高まるじゃないですか。最終的にはマニアック編のほうで人気を上回って、ファミプロ兼ゲボプロになりたいっすねー。

というわけで、エントリのテーマはGAMESIDEメルマガからいただいた「マイナーメジャー」。
何を持ってマイナーメジャーって言うのか、関戸さんも書いてますが難しいですよね。世間一般の知名度はないけれど、ゲーム少年には有名なゲームとかメーカー。そんな感じなんでしょうね。
で、今回の特集で取り上げるゲーム自体はというと、そのあたりはヒミツです。でも、一見さんにもマニアさんにも「おっ」と言わせたいなー。「これをあげてくるか!」とか、そういう反応たまらんですからねー。
1つ言うなら、次号で取り上げるゲームを全部遊んでいる人がいたら、マニアというよりも「ゲームボーイが本当に好きな人」なのかなーと。いい意味で「節操なく遊んでる」、ナイスな人だと思います。

こんな風に騒ぎながら仕事してます。

こんな感じに大騒ぎしてます。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。