「全ファミ。」ブログ編

仕事が息抜きにならない人のためのゲーム

最近、やるゲームやるゲームが全て仕事がらみなんですよ。あまりの高難度にムカッ腹を立てながらも、相当に楽しんではいるんです。
けども、仕事なので息抜きにはちっともなっていない。本来、ゲームってのは余暇でするものですからね。ま、「趣味を仕事にするとそういうもんだ」なんて話は聞きますし、気が抜けないのは当たり前なんですよ。
そこで考えたんですが、「ゲームが息抜きにならない人向けのゲーム」はどうだろうか、と。それならば気軽に遊べるんじゃないですか?
しかし、そのゲームがおもしろいと「今度、誌面で紹介したいなー」などと考えだすので息抜きにならない。さらにマイナーゲーム好きで、みんながやっているゲームには興味を持てず、誰かしらが誌面などでで絶賛したゲームも「先に紹介したかった!」と悔しくなるのでプレイできず。
こんな厳しい条件を満たすゲーム、ありますかねえ。

あまりにもゲーム制作から離れていたので

せっかくゲーム制作者の人と知り合っているのに、「ゲームをやる、やったゲーム」の話しかしてないことに気がついた。なんつーか、自分でやりたいゲーム企画を話して、形にしてもらえればいいじゃないか! もちろん形にならないほうが圧倒的に多いわけなんだけども、単にブログで書いて終わりよりは建設的だよね。あと、自分のアイデア力不足やしょぼさも浮き彫りになるしさー。

---------
携帯アプリのゲームシナリオライターさんと話していて、面白い話を聞きましてね。今の携帯アプリゲームの状況は、一世を風靡したノベルゲームの黎明期とよく似ているそうなんですよ。プレイヤーは「ゲームの主人公と同化したい」。そこで、同化しやすくなるように「主人公のセリフをなくす」。すると、果てしなく主人公が無個性になってきて、ストーリーが薄っぺらくなってきた、と。だからこれから、ものすごく個性的でよくしゃべる主人公のゲームが出てくるのではないか……とかね。

ところで「無言の主人公」ってののシナリオを書いているうちに、「ようはこれってドラクエの主人公じゃん」と気がついたそうな。確かにロトの子孫はしゃべらないしね。

---------
話は全く変わるけども、「クソゲー」と呼んでいいゲームってのはたった一つしかなくて、PCエンジンの『トイレキッズ』だけなんだそうな。敵がトイレグッズとか●●とかだしね。

ラスボスのバリエーションについて考える

昨日の名刺交歓会で、「ラスボスが武器屋の親父だったゲームが思い出せない」という話があって、かなり盛り上がりました。
ただ、ラスボスのバリエーションってのはどのくらいあるんでしょうね。
ありそうなもの、実際にあったもの、あったらすげーものを書き連ねてみます。

・正体がわかっている⇔わかっていない

・元仲間、現仲間がラスボス

・かつての主人公がラスボス

・かつての勇者がラスボス

・最初から出ずっぱりのラスボス

・序盤からラストバトルの強さのままで主人公を攻撃してくるラスボス

・ラスボスだがスルー出来る

・ラスボスを仲間に出来る

・ラスボスだと気がつかれない

・ラスボスしか敵がいない

・ラスボス以外の敵と戦わなくてもよい

・ラスボスが寿命で死ぬ

・ラスボスが主人公達以外の手で倒されてしまう

・ラスボスに恋愛フラグが立てられる

・ラスボスと結婚出来る

・ラスボスが最後の敵じゃない

・主人公に仕事を依頼する王様がラスボス

・元雑魚がラスボス

・店の人がラスボス

・ラスボスを倒してからがゲームの本番

・ストーリーによってラスボスが変わる

・ストーリーはあるのにラスボスがいない

・ラスボスがもっとも弱い

・主人公の強さにあわせてラスボスも強くなる

・プレイ時間が長ければ長いほどラスボスが強くなる

・敵全員がラスボス

・プレイヤー自身がラスボス

・主人公自身がラスボス

・ゲームシステム自体がラスボス

・ゲーム制作者がラスボス

・ラスボスとの戦いがムービー

・ラスボスとの戦いのみゲームジャンルが変わる

・ラスボスを自分で設定できる

・ゲームに登場する敵味方や人物すべてがラスボスになりうる設定で、全員に専用のエンディングが用意されている

・ラスボスを自分で育成できる

・オープニングでラスボスが倒される

・ラスボスはどこかにいるらしいのだが、誰も会うことができない

・ラスボスなのにストーリーにまったく絡んでおらず、最後の最後にお情けで登場させてもらったラスボス

・ラスボスを倒した直後にバグる

───
ラスボス100人並べてみました。
アニメやマンガの主人公/前作の主人公が敵側になるゲーム

ファミプロのおしゃれな横向き名刺

『舛添要一 朝までファミコン』に、いまや総裁候補かといわれている舛添氏の「横向きのおしゃれな名刺」つうのが出てくるんので、それにあこがれて作りました。

nh_meisi_koipara-a.jpg

ゲーム業界名刺交換会のその後

ファミコンで留まり続けていると、ゲーム業界の方からはウケが取れていいですねえ。
しかも、「新しいハードにいかなきゃいけないと思いまして、初代の白黒ゲームボーイを始めました」なんてあいさつをして、実際に持ち歩いているゲームボーイやカセットを見せたりするとですね、大変に喜んでもらえてありがたい限り。新しい仕事にもつながりそうな話もできましたし、今回も満足度の高い会になりました。

さて、交換会の結果、サイトも仕事で更新する必要が出てきました。『ザ・シンプソンズ バートのサバイバルキャンプ』をやって喜んでる場合じゃないな。

※『サバイバルキャンプ』はアクレイムが作ったゲームボーイ(もちろん白黒)のゲームですが、敵キャラが殺意あふれてすぎてていいですな。ぶっちゃけ、人間には反応できないよ! 死んでも覚えなくて、何度もやっているうちに否応なく体に叩き込まれる感じのアクションゲームですな。

今日はゲーム業界人名刺交換会

という名の飲み会ざんす。約60人参加なので、規模はけっこう大きいなり。
前回の参加ではゲームデバッガー座談会の実施につながったので、今回も面白い話をしたいなー。

名刺も新調したので、さくさくっと配らねば。

http://zenfami.com/

http://zenfami.com/

「今どき、こんなデザインはないだろ」っていうデザインで完成しました。
BBSとかブログとかへのリンクが一番下にあるのは仕様です。

サテンにて。

公式サイト向けに、かつての「全ファミ。」サイトのデータを見直してます。しかし、文章がヘタすぎて読みづらいわー。だらだらだらだらと「……ので」や「……が」で文章をつなぎまくるんじゃない! 文章が長すぎて何を言いたいのかわからないじゃないか! 「させていただく」とかいうインチキ敬語もどきもやめろ! 単に「いたします」でいいんだよ、元RGF東京支部支部長めが! 

さておき、過去の資産には、ファミコン112タイトルのレビュー(そのゲームの狙いが何で、それが成功しているか否か)とか、マニアックプレイネタが大量にあるんですよ。とにかくテキストサイトなので画像の類は一切なし! その姿勢で書き続けたことで、「画像がない状態でゲームの内容やプレイを伝える力」が磨かれたってのはあるかもしれんね。

まあそれはともかく、「全ファミ。」サイトは、独自ドメインでCGIもばりばり使える有料サーバーを使っているにも関わらず、べったべたで古臭くてJavaとかFlashとかまるで使っていないテキストサイトにします。10年近く放置されていたように見えて、更新日だけ新しいという感じの。

---------
ゆったりゲームボーイでもやろうと思って喫茶店に入ったところ、PSPでモンハン合宿とおぼしき二人連れに遭遇。別にモンハンをやるのはいいんだけども、見た目のオリジナリティがないってのがマイナスポイントだな(余計なお世話すぎる)。入ったのがチェーン店の珈琲館だからいかんかったのだな。飯田橋駅前にある、昭和の香り漂う老舗喫茶店「白ゆり」で、LSIゲームの『パックモンスター』をやっている人がいたらさ、その場でインタビューのひとつもしたくなるじゃないですか。
場所とゲーム機の合致が、今後は重視されてくると見たね。路面電車でゲーム&ウォッチなんて人がいたらたまらんよねえ。

ファ美っ子大集合の謎(by里見の謎)

34753070_1076068359.jpg

GAMESIDE読者さんからのいただきもの。
モチーフは奇ゲー『里見の謎』がだそうですが、この絵は普通の人たちに見えますよねー。
ファミプロ標準装備のパワーグローブもちゃんとつけてるし。

---------
せっかくだから、「全ファミ。」の公式HPを作りました。
ドメインは、ずばりhttp://zenfami.com。まだ何もおいてありませんけどね。
トップページにはファミプロの心得をばばーんと置く予定。

GB,ambitious!

 かつて私がゲーム業界の末席を汚していた頃(比喩にあらず)、プログラマーのTさんが言いました。
「何でも3Dアクションにしてよくないよね。2Dアクションが極まってもいないのに」
 当時、私はファミプロでもなく、ライティングの仕事もしていませんでしたが、Tさんの発言には大いにうなずいたものです。とはいえ、PSやSSが伸びていく時期で、2Dなんて時代遅れなんて雰囲気が作り手にも遊び手にも少なからずありました。そういう中で2Dのゲームを作るのは難しかったことでしょう。
 しかし、その時期でも2Dのゲームが数多く作られたハードがあります。それはゲームボーイ(カラー含む)。3Dに特化したハードが力をつけていく中で、ゲームボーイは、ファミコンを感じさせるゲームや、熟練制作者達の練りまくったアイデアがつまったゲームが発売されていったのです。しかし、2Dから3Dへと移り変わっていく時代の中で、それらのゲームの多くは注目されることなく埋もれていきました。
 てなわけで、今まさに私はゲームボーイを遊んでいます。先月はほとんどゲームを遊ぶ時間が取れませんでしたからね。今回の狙いは発掘。埋もれたおもしろいゲームをたくさん遊びたいってなわけです。特に2Dアクションがものすごくおもしろいんですよ。白黒の小さな画面に込められた、大きな大志が伝わってくるんですよねえ。

ドット打てる人ちょっと来るです。

boshuu8bit.jpg


ゲームサイドで「ファミコンでも動くゲームソフト」のキャラデザを募集してますー。

キャラデザ最優秀賞には特製の手作りカセット(名前データ入り)が贈られますよ。
募集数は少ないって話でしたので、採用されるチャンスがあるかも?!
私はファミコンの絵描衛門でデザインしましたが、方眼紙やPCで描いてもらってもオーケー。
締切は7/31、応募よろしくですよー。

送り先はこちら。
gs@gameside.jp
件名に「GS19キャラデザ応募」と記入しておいてくださいね。

---------
※ちなみに、ゲームの制作はちゃくちゃくと進んでます。私も打ち合わせに参加してまして、隠れキャラには誰を出そうとか、パッケージデザインは誰に頼むとか、かなりつめられてきてますよん。

今日はファミコンの誕生日。

ロードランナー一面クリアに12時間かかるとは思わなかったよ。

コンゴトモヨロシク。

ゲームを持って都議選投票に行きましょう。

ドラクエ9やりながらでも行きましょう。

私はゲームボーイアドバンスSPでインディージョーンズ最後の聖戦でしたが。

ちなみに投票状況。今回は高い!

東京都議会議員選挙-投票結果
http://219.109.13.251/togisen/h21gik_tou_1200.html

ハドソンマニアックキャラバン Vol.2

第一弾は『ナッツ&ミルク』と『高橋名人の冒険島』でしたが、第二弾は『ロードランナー』! 想像の斜め上、行きますよ。

しかし、一面なのに全くクリアできなさそうな状況は、かの魔飼村こと『魔界村』以来ですな。

最近購入したゲームボーイカセット(白黒)

みんな! タイトルだけでついてきて!

エスパークス
グレムリン2
ザードの伝説2
カルトマスター ウルトラマンに魅せられて
タンプルポップ
ソルダム
ラブルセイバー
ラブルセイバーII
突撃ポンコツタンク
スノーブラザーズJr.
バトルユニット ゼオス
それゆけ! スピーディー・ゴンザレス
ドラゴンズレア
突撃ばれいしょんず
おとぎ話大戦
アフターバースト
主役戦隊アイレムファイター
ポコニャン夢の大冒険
バートのサバイバルキャンプ

アースワースジム
リーサルウェポン
スケートオアダイ BADN RAD
WAVERACE
WORMS
F-15 STRIKE EAGLE
KILLER INSTINCT

ライサンダー
ベリウス
ベリウスII
レッドオクトーバーを追え!
ダフィー・ダック
インディージョーンズ最後の聖戦
ナイトクエスト
ヒーロー集合!! ピンボールパーティー
フィジェッツ
アストロラビー
バトルブル
チャルボ55
メガブラスト ゼノン2
ピータン
Pマン
フリスキー・トム
ヴァトルギウス

(諸事情により以下略)

ゲームサイド発売中~

20090704181022
2Dアクションヒーローと言えばやっぱりクローヴィスだよね!

というわけでゲームサイド最新号発売中であります。
夏らしくナッツ&ミルクでナッツをレスキューしてみたり、新作ファミコンソフトっぽいののキャラデザを絵描衛門で作ってみたりといろいろやってますよー。

そして謎の写真。鑑定団、バンザイ!

FC2Ad