「全ファミ。」ブログ編

20年ぶりのキングオブキングス4人対戦

先日、久しぶりに『キングオブキングス』の3時間対戦をやりました。対人戦は実に20年ぶりです。
普通に遊ぶとなかなか決着がつかないゲームなので、勝利条件を「3時間プレイして、高レベル3ユニットの合計レベルが一番高い人の勝ち」としました。通常の戦略にくわえて、育てた高レベルユニットを守りきることも必要になってきます。

まず、対戦前にルールの説明をします。4人対戦で、経験者2人に未経験者2人でしたので、3すくみが基本になっているユニットの相性と、人間ユニットのランクアップ、地形効果を説明。さらに、経験者と未経験者に資金力の差をつけました。

んで、4人対戦可能なマップでもっともせまい「スモールパッケージ」を選び。対戦の開始です。距離が近いBlueとYellowは経験者が担当したので(私がYellow)、境目の街をめぐって熾烈な奪いあいが発生しました。
……が、そこは熟練者のBlue担当。初心者のRed担当を言葉巧みに誘導し、境目の街からわがBlue軍の戦力を初心者側に差し向けさせたのです。
さすがはボードゲーマー、心理戦もお手の物。まんまと境目の街をせしめることに成功します。

一方、誘導された側のRed担当は、経験者のアドバイスとも漁夫の利狙いともしれない言葉を受け入れながら、順調に勢力を拡大していきます。未経験者が担当するRedとGreenは、序盤はあまり他プレイヤーと交戦しないため、街が占領しやすいんですね。
そのバランスを利用したのがGreen担当。戦闘があまり発生せず、街も占領しやすいことから、最小限のユニットのみ雇い、お金をためる作戦に出たのです。目指すはもちろん、雇用可能な最強ユニットのドラゴン。
経験者とは言え、序盤からドラゴンに出てこられると勝ち目がありません。そこでBlue担当はすかさず心理戦を仕掛けます。
「ドラゴンきたらユニットで囲んでボコるよ!」
経験から来る自信たっぷりな発言です。しかし、Green担当は意に介さず、どんどんお金をため続けます。
わがYellow軍はGreen軍と直接やりあわない位置なので、「いやいや、ドラゴンはいまのメンバーには楽勝ですよ。どんどん進軍できるよ!」とGreen担当を煽ります。
プレイヤーの性格がゲームに反映されるのは、格別の面白さがありますよね。ウヒヒ。

さて、Blueと虚々実々の戦いを繰り広げながら、わがYellowはRedとも本格的に交戦を開始します。Red軍の主力はソーサラーにナイト! わがYellowとRedがぶつかりあう戦場のやや後方で、ソーサラーは召喚魔法のネクロを唱えまくり。ネクロではスケルトンを召喚できますが、うまく配置しないと戦力になりません。
それよりもナイトです。うまくランクアップすればナイトは実に強敵ですが、序盤はさほど強くありません。そこで、まずはわがYellowの安くて足の早いユニットたちでナイトやその援軍の進路をふさぎます。そして、Blue軍との戦いで鍛えあげたジャイアントでなぐる! ジャイアントとナイトは戦力がほぼ拮抗していますから、地形効果をいかしつつ、先制攻撃をくわえます。
そして、見事に撃破! Red軍のナイトは2ユニットいましたが、1ユニットはレベルを高めた後、戦場から遥か後方まで逃げてしまいました。今回の勝利条件は高レベルユニットのレベル合計ですから、よい判断だったと言えます。
ちなみに、Green担当にそのナイトを討ち取るようにささやきましたが、Greenのメリットをうまく提示できなかったため、乗ってきてくれませんでした。ちょっと悔しかった。でも、この悔しさが、対戦に活力を生み、次の対戦への燃料となるのです。

そんなこんなで、いよいよGreen軍からドラゴンが現れました。先に雇っていたグリフォンで露払いしつつ、Blue、Yellow、Redの3軍が争う戦場へまっすぐ進んできます。
…とおもいきや、キングまで居城を離れはじめるではないですか。
経験者にはご存知なとおり、今回選んだ「スモールパッケージ」は、マップの真ん中に空いている城があるのです。城はキングでしか占領できませんから、キングを派遣するしかないんですね。なおかつ、その空き城さえ占領してしまえば、すぐ目の前ではBlue、Yellow、Redが争っています。そこへドラゴンが乱入して3軍のユニットを排除しつつ、さらに自分の有利なユニットを差し向ければ、有利に戦いを進めることができるのです。
問題は、Blue対策を無視したことでしょうか。ドラゴンを雇おうとしたあまり、Green担当は他のユニットを一切雇わなかったのです。そのため、Blue担当はGreen軍の奥深い陣地まで攻め込み、街を占領してしまいました。
しかし、Green担当は涼しい顔です。
「だって3ユニットのレベルを高めれば勝ちでしょ。ドラゴン負けないよー」
その通り、ドラゴンはとてつもなく強かった。進路にいるユニットをあっという間に全滅させていきます。そのため、BlueもRedもドラゴンから逃げる逃げる。結局、ドラゴンと言えども、戦わなければレベルアップしないのです。
しかし、『キングオブキングス』対戦の提唱者である私は、もちろんドラゴンに立ち向かいます。ドラゴンに挑む…いや、ドラゴンを討ち取るのは、鍛えあげた3ユニットのジャイアントたち。不用意に防御効果のない平地でドラゴンが立ち止まったのを見逃さず、ジャイアントたちで殴りかかりました。
そして、4匹いるドラゴンのうち、1匹を撲殺! さらにジャイアントで仕掛けてもう1匹を倒したのです。全滅こそできませんでしたが、ドラゴンを倒したジャイアントのレベルが大幅にアップしたのはまさに狙いどおりでした。

かくして3時間の戦いはあっという間に終了しました。終盤にBlue軍の高レベルユニット(たしかゴブリンでした)を全滅させたのも大きく、3ユニットのレベル合計で1位を獲得することができたのです。

今回は快勝をおさめたので気持ちよく書けましたが、負けていたらもっとくやしさにあふれたものになっていたでしょう。

こんな楽しい戦いを毎週末にやってます。ぜひ遊びにきて、私をボコってくださいね。




次回ゲーム会:10月29日 9時~21時半
大塚北交流館(大塚駅、新大塚駅そば)

2勝3敗

『SPOT』。ゲームカフェNinety.店長の林さんにボコボコにされましたんですよ。3連敗ですよ3連敗。
店の常連さんと新手筋「お包み流」を研究したそうで、手筋に飲み込まれないようにするので精一杯。負けて悔しいことはなかったんですよ。ただ、『SPOT』に感じていた「楽しさを根底から打ち壊す」ような差し手に、ちょっと気持ち悪さを覚えました。

これは悪い意味でそう言っているわけでないんですよ。コマを大量に取って取られてというダイナミックな移り変わりに面白みを感じていたし、それを追及することが勝利に直結していたんですね。
しかし、それがくつがえされた。ダイナミックさを封印する戦いかたをされたわけですよ。まとわりつく感じの手回しとでもいうんでしょうか、それが「気持ち悪さ」につながっているんですね。

で、ここからどうするか? なんですよ。
・あくまでもダイナミックさを追求する(今のところ無理め)。
・「お包み流」を研究し、対策を練る(勝てるかもしれないが、快感は少ない)
・勝てる戦法を新たに編み出す(そんなものがあるかどうかも不明)

一人用ゲームでも対戦ゲームでも、「楽しむ(楽しませる)」のがメインで、勝利することに重きをおいてないんですよ。ただ、やるからには一応勝ちたいな、くらいなもんで。

まあ、やりたいことして勝てる時期はオワタつうことですから、自分にあった『SPOT』との付き合いかたを考えあかんでしょうなー。

で、明日は阿佐ヶ谷ロフトで『SPOT』トークイベントです(やや違う)。ただトークだけじゃない仕掛けを用意していきまっせー。

ファミコンオールタイトル掲示板、再起動しました。

http://jbbs.livedoor.jp/game/43601/

あと680タイトル分ほどありますが。今週中には完成する見込みです。
1行書きなぐりもよし、長文もよし、ご自由に存分に思いの丈を語ってくださいませ。

ツイッター・ウェブカメラを使ってのオンラインで対戦できるファミコンタイトル

ツイッターやウェブカメラなどを駆使すれば、かなりのタイトルで対戦・協力プレイが可能ですな。
誰かがホスト役になって画像を準備し、その他のプレイヤーはその画像や状況をホストに見せてもらって(教えてもらって)プレイをすることになります。

◎向いているゲーム
※ホスト役が代理で操作しても影響がないもの

・百の世界の物語
→対戦型RPGの傑作。プレミアもののためなかなか手出しできないので、オンラインプレイをする価値はかなり高い。

・キングオブキングス
→ナムコ黄金期の初心者にもやさしいファンタジーシミュレーションの傑作。
 リメイク版やモバイル版もありますが、まだオンライン対応されていないため、
 バランスが素晴らしいファミコン版で対戦する価値がありますぜ。

・SPOT
→機会があるたびに私はその名前を出す、史上最高のテーブルゲーム。もちろん今回のエントリでも当然出す罠。
 ウェブカメラなどで映像を出しながらプレイすることで、将棋のテレビ観戦のような面白みが出てくるかもしれないなあ。

△向かないゲーム
※ホスト役が代理で操作すると影響が出てくるもの

・いただきストリート
→昨今のタイトルではwifi対戦できるのですが、やっぱり「逆転の目が少なく、強いやつが勝ち、勝ったやつが強い」ファミコン版で対戦したいじゃないですか。
 でもサイコロを振るゲームなので、ホスト役はゲームに参加しないほうがいいのかもしれない。

・鉄道王
→「全財産交換」という恐ろしいルーレットの出目があるのだけれども、だからこそ「全交換しても勝てるくらいの財産を保つ」繊細なプレイが求められるのです。その繊細なプレイが最高にたまらんのですが、出目操作が少しできてしまうので、ホスト役は画面を見ないでプレイするか、本当にホストとしてしかしないかのどちらかでしょう。

・レーサーミニ四駆
→ゲームサイド最後の編集である山本さんが一押しのボードゲーム。
 これ、目押しできないといい具合のゲームにならないんですよ。
 しかしそれを逆手にとって目押しのできるホストが目押し担当になれば、4駆のチューンナップのみに特化できるというわけです。

ドラクエIIIのメンバー分配からその人を考察する

勇者1 武道家3 
→敵よりも早く攻撃したい人、お金に価値を見出さない人。
 ほしふるうでわを誰につけるかで迷いませんでした?
 
勇者1 戦士3
→攻撃を受けたとしても大ダメージを与えたい人。
 こんなに(ちりょくが低くて)苦しいのならば、呪文なぞいらぬ! 
 とかいうラオウサウザーのような人。

勇者1 僧侶3
→ドラクエIVで「いのちだいじに」を使う人(根拠なく断言)。
 今の時代にはジャストフィットしますね。

勇者1 魔法使い3
→MPさえ切れなければ最強! 計画的な人生を送れる人によいかもしれない。
 通常の極まった人は勇者も魔法のみで攻撃するようですが、
 最高に強まると魔法使い「が」直接攻撃するそうです。

勇者1 遊び人3
→序盤だけは意外といける。実は最も勇者の人なので、誇っていいです。

勇者1 商人3
→どう見てもマイノリティ。街において行った女の子が恰幅良くなって泣きませんでした?

勇者 戦士 魔法使い 僧侶
→不況の時代にはお金を使わない人。使わないと経済がまわらないですよ!

勇者 武道家 魔法使い 僧侶
→直接ダメージを与えるのが戦士か武道家か、というのは大きな分かれ道だと思うわけで。
 戦士は遅いけれどもバイキルトをかけておけば順番的にぴったりだし、
 一方で武道家は攻撃のみならず行動全般が早いわけで、各種アイテムも早く使ってくれるという。
 武道家を選択するということは、「弾力的な運用をしたい」という人であり、
 不況の時代であっても創意工夫で楽しく過ごそうという人に違いないですな!

番外編(ランシール以降)
武道家4
→デフラグとかクロックアップとかが好きなタイプ。あるいは筆者。

戦士1 
→賢者から転職。勇者も外し、増殖アイテムでドーピングしまくり。
 ウィズでも全部呪文を覚えた後にニンジャに転職したクチでしょ? 

戦士4
→イロ イッカイズツな人。

遊び人4
→人生こそ最高の遊びじゃないのか? という主張が見える人。かぶいてますね。

GBC版
盗賊4
→金髪ショートキャラがいいなあと潜在意識下で思っていたところ、人造人間18号でついに目覚めてしまった人。
 4人の名前は18ごう、キング、ミレーユ、アニーですかね。

----------------------------
ファイナルファンタジーのメンバー分配からその人を考察する

王の中の王とポケットの王

土日、何も考えずに延々とプレイしてました。やはり面白いねえ。
モバイル版のをやってたんですが、ファミコン版と一緒なんですよ。
違うのは「COMの手順のとき、ユニットの移動が超早い」ってところ。
でも早いだけで思考ルーチンの馬鹿さ加減はほとんど変わってないという……。愛いやつめ。

で、GBで出たポケットキングはキングオブキングスの続編ですが、
システムがまったく違うゲームになっちゃってるんですよ。
ただ、「なぜ変えた」のはわからなくても、「どうしてそのシステムを採用したのか」は
この土日のプレイでちょっとわかったかもしれない。
そのシステムについては、正直言ってあまりいい評判を聞かないんですよ、
でも、制作者の人達が、キングオブキングスを遊びこんだその先にあるもの
ちゃんと理解して作ったんじゃないかなーと勝手に思ってたりします。
このあたりは記事に書きたいところ。

でも、一作目のプレイで続編を知るのって、ちょっと面白い感覚ですね。
もちろん続編は一作目の続きだから当たり前といえば当たり前なんだけどもね。

ファミコンキャラを思い浮かべるとけっこう当たる!

http://jp.akinator.com/

アキネイターという人物当てブラウザゲームがありまして、私こと恋パラ支部長が登録されてました。
場合によってはコナミの小島監督の代わりに出たりするので、ちょっと出世した気分ですぜ。

ところで、ファミコンキャラもかなり登録されてます。

・レイラ
・竜王
・ローラ姫
・ピーチ姫
・スペランカー
・ヤス
・西園寺エリカ
・神宮司三郎
・ファ美

ちゃっくんは俺が登録したぜ! みんなもファミコンキャラを登録しまくるんだ!

ファミコンキャラ&メカ満載!「ファミダス」が発売されますよー!

ファミコンキャラ&メカ満載!「ファミダス」が発売になりますよー。コンビニでも買えるらしいです。
もちろん立ち読みPDFもダウンロード出来ます!
私もメカ編に寄稿していますので、ファミっ子はぜひ購入してくださいませ~。
http://famidas.jp/

ただいま原稿修正中

今ものすごい勢いで過去の原稿を加筆修正中です。
さすがに10年前の文章はきついので、いろいろと手を加えてます。
当時の俺はこんなのだったのか……。読者のみなさんすみません。単行本はできる限りのみやすいさを追求しますよ。

あとは、ハタノ先生がいきなり胆石や結石や他山の石で入院しないように祈りましょう。

新作ファミコンソフトが発売とな!

http://www.oshiete-kun.net/archives/2010/01/27.html

買わないとファミコンプリーターを名乗れなくなってしまう…!
次のページ